離れから縁側を眺める。

扉の向こうの不思議な遠近感。