屏風に張られたものは、寄付の記録らしい。

 江戸期の宮様、公家の逼迫が偲ばれる。

 日々これを眺められながら、どのような思いでいらっしゃったのだろう。