実は、日光にある田母澤御用邸記念講演にある、大正天皇縁の建物の一室なのです。

 ここは、明治初年、皇居として使われた建物で、この部屋は、明治天皇が執務されたお部屋に隣接しています。

 実は、三種の神器がこのお部屋に安置されていたのだそうです。

 そう知ってから見ると、ん~変わって見えますか?

 日光東照宮からすぐのところにありますので、日光に行かれたときにはぜひお立ち寄りを。

 皇居、京都御所と共通する、雰囲気を味わえます。一言で言えば「雅」ですが、威圧感のない高潔さとでも表現すれば良いのでしょうか。