« 朝鮮半島での有事の際、日本はどうすべきか? | トップページ | 小林秀雄氏のおすすめ本「学生との対話」と講演CD、田母神俊雄氏 »

2014年8月15日 (金)

終戦69年、8月15日、英霊に心からなる追悼の誠を捧げよう

 平成26年、終戦から69年目の8月15日。

 正午の時報に合せて、すべての戦没者に対し、心からなる追悼の誠を捧げ、黙祷を致しましょう。

 日本の歴史の最も苦しい坂を上り切ってくださった皆さん。

 みなさんのおかげで今の日本があります。

 みなさんの思いを受け継いで、日日の生活を営んで参りたいと存じます。

 自分・家族・地域・国家、そして世界へ。

 平和への祈りと、一旦緩急あれば義勇公に奉ずる覚悟を、捧げます。

 安倍総理は玉串料を捧げ、自らの参拝は控えられました。

 誠に残念なことではありますが、その心中は察して余りあります。

 新藤総務大臣、古屋国家公安委員長、拉致問題担当大臣が参拝されました。

 また、民主党からは松原仁国対委員長が参拝されています。

 みなさんの志を継承して、美しい日本を守り伝えてゆきます。

 美しい日本とは、そこにすむ人々の心の美しさが元です。だから、みなさんの美しい心に学び、恥じないような生き方をしてゆくことを心がけたいと思います。

 心からなる感謝と追悼の心で、今日一日を過ごして参ります。

 

|

« 朝鮮半島での有事の際、日本はどうすべきか? | トップページ | 小林秀雄氏のおすすめ本「学生との対話」と講演CD、田母神俊雄氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/60153888

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦69年、8月15日、英霊に心からなる追悼の誠を捧げよう:

« 朝鮮半島での有事の際、日本はどうすべきか? | トップページ | 小林秀雄氏のおすすめ本「学生との対話」と講演CD、田母神俊雄氏 »