« 書評「国防の常識」 鍛冶俊樹氏著 | トップページ | 野田首相、解散表明!党首討論にて »

2012年9月22日 (土)

「国防の常識」書評 追記

 ひとつ気付きがあつたので、追加しておきます。

 「国防の常識」は、大変時宜を得た、貴重な著書でありますが、そこに指摘されてゐない点にひとつ気付きました。

 それは、戦歿者の取り扱いについてであります。

 大東亜戦争終結後、日本は幸いにして深刻な武力衝突を経験せずに済みました。もちろん多分に僥倖もあつたでありませう。しかし、そこにはやはり「英霊のご加護」といふほかはないものがあつたのではないかと思ひます。

 それはともあれ、終戦まで、「靖国神社」は陸海軍省の管轄下にありました。戦歿者の慰霊は、国防の一環だつたのであります。


 それは、敗戦までの我が国に特有の「国家神道」と「軍国主義」のなせる業であつたのか、と早とちりしそうですが、そうではありません。


 およそ軍隊を持つ国(といふことはすべての国家といふことになりますが)は、戦歿者の追悼を国家として行ふことは当然の事として実施されてゐます。その形式はその国の伝統や宗教によつて異なりますが、戦歿者の追悼事態をないがしろにしてゐる国はないのではないでせうか。

 考へてみれば当然の事で、それなくして軍隊そのものが成り立たないからであります。

「英霊にこたえる会だより」第50号の「日本はこれでいいのか(Ⅲ)-敗戦後の歩み「ドイツと日本」-」といふ一文があります。英霊にこたえる会副会長の國松善次氏の論文ですが、このことを正面から指摘されてをられました。といふよりも、この一文を拝読して、上記の事に改めて気付かされたといふことであります。


「軍隊を持つ国は、戦歿者遺族の援護や戦歿者の追悼など、戦争の犠牲者の諸課題を放置していては、軍隊の士気はあがらないだけでなく、軍隊そのものが成り立たないことになう。また、国家が国民に兵役の義務を課す以上、国家が本人のことや、その残された家族のことに責任を持つのは、当然のこととなる。それも、日本のように、厚生労働省が所管する福祉行政としてではなく、国防の一環として、いや国防行政そのものとして、対応していたと云うことである。」


 「国防の常識」の中で、「徴兵制」について触れてゐるところがあります。

 フランスで徴兵制が「廃止」と伝へられた報道があつた時に、それは「停止」であつて、いつでも必要な時に復活できるものであるとの指摘がなされてゐました。

 平時に於いて、国民すべてを対象とした「徴兵制」はある意味大変効率の悪いシステムとなる。だから、選択的徴兵制として「志願制」が取られるのだといふことでした。

 これは、普通の国であれば「国防の義務」といふものが当然国民に課せられてをり、それを制度として表現したものが「徴兵制」であるから、当たり前の事なのです。

 ところが、戦後の日本では、「徴兵制」は「廃止」され、「国防の義務」も憲法上明記されてをりません。

 戦歿者慰霊が蔑にされ、戦歿者遺族の援護が、福祉行政に分類されてゐる事の淵源にはこの問題があるのだといへるでありませう。

 
 国防を考へるならば、兵員一人ひとりが、時には生命の犠牲を払ふ事が前提となることは自明であります。


 しかしながら、「生命尊重」が至上の価値とされ、「国防の義務」もないところに、はたして兵士一人ひとりに「生命の犠牲」を強要する事が論理的に可能なのでせうか。

 そこには、「任務に当たつては身の危険を顧みず」との宣誓にその根拠が求められることになるのでありませう。自ら宣誓する事によつて生命の犠牲も強いられることの根拠とされる、またそれ以外に根拠を求めようがない、といふのが戦後日本の国家体制の根本的不備ではないかと思はれます。

 いかなる言葉を弄しても、自己の生命を犠牲にするといふ事を、合理化することは出来ないと思はれます。


 個人の生命尊重以上の価値を提示できなければ、国防も、軍隊も成り立ちようがない。


 「生命尊重のみで魂が死んでもいいのか」

 三島由紀夫氏が叫んだのは、正にこの根本的なごまかしへの糾弾でありました。


 戦後日本は、生命尊重以上の価値を提示せず、国家を防衛する根本的な理由を提示してこなかつたのであります。これは、根本的な不道徳であると言はねばならないと存じます。

 国防の根拠とは何であるか。


 もう一歩そこに突つ込んで頂きたかつた、と思つた次第です。


 顔を醜く引き攣らせて抗議してくる人の顔が目に浮かびます。「戦争はもうこりごり」それはそれでいいでせう。
 しかし、そういふあなたのために、他人が生命を投げ出して守つてゐるといふ厳粛たる事実の前に、如何なる態度を取るべきなのかの答へはそこにありません。あなたは、根本的に不道徳なのです。なるほど、道徳は軍国主義の手段だと、あなたは言ふかもしれない。しかし、あたなを守ることは、軍国主義なのでありませうか。

|

« 書評「国防の常識」 鍛冶俊樹氏著 | トップページ | 野田首相、解散表明!党首討論にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/55720148

この記事へのトラックバック一覧です: 「国防の常識」書評 追記:

« 書評「国防の常識」 鍛冶俊樹氏著 | トップページ | 野田首相、解散表明!党首討論にて »