« 堂々たる反論、慰安婦問題 | トップページ | 書評「国防の常識」 鍛冶俊樹氏著 »

2012年9月16日 (日)

暴虐の支那・中国は健在。 既に戦争状態にある日本と中国。その覚悟を。

リンク: 中国尖閣実効支配へのシナリオ 漁船使って海洋権益を拡大、そして… - 速報:@niftyニュース.


野田首相が、中国における邦人保護について外務省次官に指示を出したと報じられてゐます。

私は、野田首相の政策にすべて賛成するとかしないとかいふことは一切ありませんし、民主党政権は心底どうしようもないと思つてゐるものではありますが、首相として最低限のやるべき指示を出したことは良かつたと思ひます。


中国共産党政府内の権力闘争の煽りもあつて、反日がまたぞろ利用されてゐるといふ側面が大きいやうですが、それにしても「愛国無罪」のお国柄は相変はらずであります。


仮にこれが日本で反中国デモが起こり、中国製品(といつてもロクなものはありませんが)がボイコットされ略奪され、中華飯店が焼き討ちにでもあつたら、恐らくその損害賠償請求のやうなことがぐじぐじと言はれ続け、その民度の低さが後々までも指弾され続けることでせう。中国では、あまりにも判り切つたことなので、そのこと自体が問題にはならず、また賠償など誰もしないでせう。日本なら国家に請求するといふやうな訴訟が次々と起こるかもしれませんが、共産党政府を訴えることなど、中国国内で出来るはずもありません。そんなことをしたら、「国家反逆罪」で命まで取られかねないからです。


中国では、政府への不満は、「反日」といふ形で表現するのが一番手っ取り早いのです。

そのことも踏まえた上で、現象として日本人の生命・財産が脅かされてゐるのですから、何らかの対抗措置を取る必要があることは当然であり、日本国内で同じやうな暴動を起こされる拠点にされかねない、新潟の5千坪の総領事館が買い込んだ土地買収の凍結や、特別ビザの発行停止などを行ふ必要があるでせう。

最大級の台風が今日沖縄を通過してゐるといふのも象徴的ですが、中国の漁船団が尖閣沖にやつて来たら、台風がやつて来るまでおびき寄せて逃がさないやうにして、かつての元寇のときのやうに東シナ海の藻屑としてやればよいと思ひます。心やさしい日本側は恐らく救助に全力を尽くすことになるかも知れませんが、命を助けられても決して改心しないのが連中だといふことだけは踏まえてやらねばなりません。


さういへば、自衛隊反対を声高に叫ぶ連中が、自衛隊に守つて貰つたり、救助されたりすることが間々ありますが、連中、恥ずかしくないのでせうね。何でも利用すべきものは利用しろといふ連中を助けることのむなしさははかり知れませんが、それでも日本民族の崇高な民族性を棄損しない為には、さういふ悪魔のやうな連中でも苦境にあれば助けなければならないのかも知れません。しかし、圧倒的な実力を保持し、警戒を怠らないといふことが前提条件であると思ひます。


中国漁船団が尖閣に押し寄せるのはもう秒読み段階に入つてゐるといつて良いでせう。そのとき、我々はどうするのか。


中国本土では、日本企業とその職員はすべて人質になり、恐らく多くの商社マンらが拉致・監禁され、でっち上げの罪状で逮捕されることになるでせう。そして何人かは実際に死刑という虐殺される事態になるかも知れません。


さうした中で、魂を売り渡す企業も出てくるでせう。現に今回、あるユニ○○といふ企業は、「尖閣は中国の領土」といふ張り紙を出したさうです。もともと反日企業だと言はれてゐましたが、かうした企業の製品は不買運動を起こさねばなりません。


また、緊張状態がすぐに戦争になるといふ人がいますが、それは認識が不足してゐます。既に戦争状態なのです。中国は、戦時と平時の区別をおいていませんので、現に戦争を仕掛け、さまざまな形で日本を攻撃してゐるのです。戦争とは、宣戦布告があつて正規軍がせめてくるといふ古典的なイメージしか抱けない古い脳味噌ではもはや戦争になつてゐるといふ現実さへ判らない訳です。国家の総力をあげてこれを遂行しなければならない。なぜなら、敗北すなわち服従すなわち隷属すなわち亡国であるからです。そして、亡国の民の悲惨な結末といふものを、賢者であるならば世界の歴史から学ばねばなりません。生命も財産も人間の尊厳も何もかも奪はれて、歴史の闇の中にたたき落とされて消されてしまふといふことになりかねないのですから。

|

« 堂々たる反論、慰安婦問題 | トップページ | 書評「国防の常識」 鍛冶俊樹氏著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/55673648

この記事へのトラックバック一覧です: 暴虐の支那・中国は健在。 既に戦争状態にある日本と中国。その覚悟を。:

« 堂々たる反論、慰安婦問題 | トップページ | 書評「国防の常識」 鍛冶俊樹氏著 »