« 2011年8月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年9月

2011年9月19日 (月)

放射能アレルギー・クレーマー・モンスター

福島の花火使用取りやめ 日進の大会、市民の抗議で


 東日本大震災の被災地の復興を応援しようということで福島県で製作された花火の打ち上げを予定していた愛知県日進町での花火大会。

 そこに20件のクレームの連絡が入ったのだという。


 「放射能で汚染された花火を持ち込むな」「花火でまき散らすのか」


 市役所に入ったのはこんなクレームなんだそうだ。


 何にでもクレームをつけたがる人たちが増えている世の中だから、どうということはないが、せっかくの日進市の大多数の市民の思いであろう「東日本大震災の被災地を応援したい」という思いは、結果として踏みにじられたことになる。


 あまりにも料簡の狭い、独りよがりな、思い込みの激しい、つまりバランスを欠いた、心ないごく一部の「市民」の横暴による被災地いじめといって良いだろう。


 問題は、この極少数(としか思えないが)の独善的クレーマー市民による、いじめの構造である。


 無知の所産といって間違いないが、それを煽り続けている人々が入る限り、この手のモンスターの徘徊がなくなることはない。


 理不尽なクレーマーが跋扈する社会はいやなものだ。もちろん、正当なクレームに答えようともしない厚顔無恥な人々が居直る社会は論外であるのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

「じえいたいさんががんばってくれているので、わたしもがんばります」

 宮城県石巻市で74人の犠牲者が出た大川小学校。


 その付近で懸命に捜索に当たっていたのは第14戦車中隊(岡山)だった。


 それを見ていたある少女が、隊員に渡した手紙というのが次のものだ。


「じえいたいさんへ。

げんきですか。

つなみのせいで、大川小学校のわたしの、

おともだちみんな、しんでしまいました。

でも、じえいたいさんががんばってくれているので、

わたしもがんばります。

 日本を助けてください。

 いつもおうえんしています。

 じえいたいさんありがとう。

 うみより」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年12月 »