« 辞意表明から3ヶ月。このあり得ない政治空白 | トップページ | 「じえいたいさんががんばってくれているので、わたしもがんばります」 »

2011年8月30日 (火)

今ある中でのベターな選択

野田佳彦氏が民主党代表に当選した。

海江田万里がなっていたら、菅以上の悪夢になると思ってたから、本当に胸をなでおろした。


実は、演説を聴いていて、一番首相になってほしいと思ったのは鹿野氏だった。


現在、我が国が置かれてる状況を切々と語られているところに大いに共感が持てた。もちろん、自分の人となりを滔々と語った野田氏が悪いというのではない、が、他の候補も含めて、自分自分という印象を感じたので、国家の事を真剣に考えているという印象を、鹿野氏から得たのである。


決戦投票で、野田氏が逆転勝利をした。民主党内の最大勢力である小沢グループが海江田支持を明確に打ち出す中、まさかの逆転勝利だった。


そのまさかの立役者として、鹿野氏の判断があったと、報道されている。3番手の前原氏が野田氏に付くのは、反小沢の仙谷がいることから分かりやすかった。もちろん、前原本人も松下政経塾の同志である野田を支持するのにやぶさかではなかったと思う。

しかし、それでもまだ過半数には足らないわけである。

鹿野氏を支持した52票が加わって初めて過半数勝利ということになったわけだ。


国家のために、今の選択肢の中で最善を選ばねばならない。


野田氏を選択した民主党は、あるいはその選択を誤らなかった、と言えるかもしれない。


いずれにせよ、民主党は、せめて綱領を作成し、政党として明確な指針を出さねばならない。その過程において、離合集散がなされなばならないし、それは必ず政界再編を引き起こすことになるだろう。


今はまだ、再編の中途過程である。もし民主党が、本当の意味で政権担当能力を示してしまった場合、自民党は今の体たらくで本当に政権奪還など出来るのか。政界再編の軸がどこに立つのかが、これから2年間で決まってくるものと思われる。


極左の菅が破壊した政府中枢を修復し、極左の工作員を叩き出し、政府中枢を再建することから手がけねばならない。しかし、民主党という十字架を背負いながら、野田氏が何を展開していくのか、注視せねばならないし、「朝鮮学校」無償化問題や、人権侵害救済法案など、イタチの最後っ屁のような菅の悪の遺産を葬り去ることは喫緊の課題である。


当然、民主党の背後にいる左翼勢力は、既得権益を伸張するために徹底した工作をしかけてくるだろう。それをどうかわし、あるべき政府を創り上げていくのか、その手腕が問われる。松下政経塾が初めて世に送り出す首相である。やはり注目せねばなるまい。

|

« 辞意表明から3ヶ月。このあり得ない政治空白 | トップページ | 「じえいたいさんががんばってくれているので、わたしもがんばります」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/52605453

この記事へのトラックバック一覧です: 今ある中でのベターな選択:

« 辞意表明から3ヶ月。このあり得ない政治空白 | トップページ | 「じえいたいさんががんばってくれているので、わたしもがんばります」 »