« 韓国・欝稜島視察のため韓国入りした国会議員3名を、「入国拒否」テロリスト扱い! | トップページ | カエサルの箴言 »

2011年8月 2日 (火)

行動することで見えてくるものがあるということ

 新藤義孝議員、佐藤正久議員、稲田朋美議員

 この3名の自民党国会議員は、本物のSTATESMANだということが出来る。

 ある行動を起こしてさまざまに起こるリアクションに正しく身を処していくこと。その行動そのものが言葉であり、これは目方を持った言葉だ。政治家としての身の処し方として大変立派だと思った。

 これに対して、POLITICIANであることを晒したのが、自民党の石原伸晃幹事長と、途中で逃げた平沢勝英議員である。また、自民党執行部であろう。「われわれは菅直人首相と戦っている。そのときに外国訪問とは気が緩んでいると思われる」というのが石原幹事長の言である。馬鹿も休み休み言えと言いたい。

 欝稜島にある「独島博物館」を視察すること。

 これは、韓国が「竹島」を占拠していることをどのように主張しているのかを調査することであり、日本の国会議員として、国政調査権として当然あってしかるべき行為だと思う。

 それを、「日本人は殺してやる」というような凶暴な自国民を抑えることもできず、国際儀礼にも最悪の「国旗や当人の写真に放火」してみたり、国旗を引きちぎってみたりと、あまりにもやりたい放題の韓国人の姿はもはや異常だ。

 共通のテーブルにつくこともしなければ解決手段はもはや武力しかない、という事を表明しているようなもので、明らかな日本への挑発行為だ。

 
韓国の議員入国拒否に枝野氏「受け入れられない」
2011.8.1 11:53

 枝野幸男官房長官は1日午前の記者会見で、鬱陵島を視察する新藤義孝衆院議員ら自民党議員3人の韓国入国を同国政府が拒否する方針を示していることについて、「一般論として合法的に入国する国会議員にこのような対応がされることは受け入れられない」と批判した。その上で「そうしたことがないことを期待している」と述べた。


 枝野官房長官が、まともなことを言った。


 しかし、「韓国政府は3議員から訪問目的も聞かずに入国不許可を伝えた。出入国管理法の「公共の安全を害する行動を起こす恐れがある」との入国禁止規定を適用したとみられる。」(産経記事)


 もしこれが事実なら「公共の安全を害する行動を起こす恐れがある」=何の根拠もなく、日本の国会議員をテロリストとして扱ったことになる。


 これは、極めて深刻な外交問題である。


 こんなことが許されるなら、韓国とまともな国交は出来ないということになる。


下條正男・拓大教授 韓国の本質さらした「国外追放」
2011.8.2 00:04 (1/2ページ)


 既に竹島問題を超えて、韓国の対日外交姿勢そのものが問われる問題である。


 韓国の「保守派」というが、彼らは北朝鮮の走狗ではないのか。
 

|

« 韓国・欝稜島視察のため韓国入りした国会議員3名を、「入国拒否」テロリスト扱い! | トップページ | カエサルの箴言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/52369345

この記事へのトラックバック一覧です: 行動することで見えてくるものがあるということ:

« 韓国・欝稜島視察のため韓国入りした国会議員3名を、「入国拒否」テロリスト扱い! | トップページ | カエサルの箴言 »