« 紹介 中国の核実験と周辺住民の被爆 論文 | トップページ | 名前に特許はない。 »

2011年7月16日 (土)

再び問う。 福島原発事故において、放射線による死者はいるのか!

やはり、という流れになっている。

日本人というのは、とても分かりやすい人々だ。


福島原発「事故」で、管首相が「脱原発」を今後の方向性として打ち出した。

初動での対応を妨害し、「事故」を深刻化させた張本人。


東電をスケープゴートにし、自らの無策にはほほかむりを決め込み、パフォーマンスで浜岡原発をとめた。

明らかな越権行為であっても、非難されないと踏んでのパフォーマンス。

これは、まさに「独裁者」のふるまいである。


各地で「反原発」の運動が頭をもたげている。


一般市民が加わっているが、その中核となっていると思しき人々の姿は、YOUTUBEなどで見るにあまりにも異様な人々だ。カルトという言葉が一番よく似合う。この機会に、そういう連中が、これまで中々巻き込めなかった一般人を取り込もうという戦略なのだと、誰かが言っていた。さもありなん。哀れなのは、善良なる人々か。

福島原発「事故」の犠牲者、確かに命を落とされた方々のことが報道され、本当に痛ましいと思う。


しかし、そのいずれもが、強制退去命令に絡んでの事である。つまり、政府の、いや管首相の未必の故意による殺人と言えるのではなかろうか。

繰り返して言う。福島原発「事故」において放射線による死者はいるのか!

影響は10年後、20年後に出てくる。そういう答えが必ず帰ってくる。

だから、今どうなんだ。

答えはない。そう、いないからだ。

放射性物質をそのままにしておいていいとは言わない。

しかし、東京オリンピックの当時、現在の一万倍の放射線を浴びていた人々は、今どうしているのか?

核実験が繰り返されていた時代(今も完全に終わったわけではもちろんない)は、今と比べ物にならない放射性物質を浴びていた。それと比較して、今、どうなの?

影響がない、とは言わない。というかそんなことは分からない。


しかし、今、生き延びなければ、10年後も20年後もないことだけは事実だ。


10年後、20年後の確率的な健康維持のために、今の全てを犠牲にする。


史上空前の、政治的害悪。管。絶後にしなければならない。

原発を止める。いいだろう。代替エネルギーの研究開発、当然だ。


しかし、火力発電の100%稼働と、水力発電の50%の稼働で、原発がなくても賄えるという、おおざっぱな計算をを聞いたが、火力発電はメンテナンス、必要ないんですか?火力発電は、トラブル、ないんですか?

エネルギー、そんなに簡単に入手できるもんなの?


絵空事がまことしやかに見えてくる。

電力は国家の柱だと、戦後、故郷を水没させ、ダムをつくってきた。


故郷を返せ。


それで、火力発電。CO2削減しなくてどうする。


じゃあ、原電(こういうのが正しい!)。いいじゃないか。

としてきたわけだ。

絶対の安全などこの世界に存在しない。

絶対の危険もどうようだ。


いかにしてリスクを抑えるのか、許容範囲をどう設定するのか。

リスクを取らないで生きることなど、出来はしない。生きること自体がリスクである。

絶対安全、絶対平和。

まことにカルティックな響きがする。


原電を止めても、節電すればいい。そして、産業は海外に拠点を移せばいい。失業者が出ても関係ない。


この小さな国土で、一億の国民が生きていくために必要な経済力。そんなものは必要ない。江戸時代に戻って3000万人程度にまで縮小して、あとの8000万人は生きていく道を断たれようが、四散しようが、構うこっちゃない。


そのあとに、中国人がぞろぞろ入ってきて、この美しい国土を蹂躙しようが、そんなことは知らない。


原発ラッシュの中国に、技術者がみな流れていく。日本は技術も失って、立ち枯れていく。

そんな未来予想図を、管は描きながら、今、着実な一手を打っているのだ。稀代のペテン師、革命家。

彼は墓も残らない末路を辿ることになるだろう。との未来予想図を、自分などは描いて見るのだが。

|

« 紹介 中国の核実験と周辺住民の被爆 論文 | トップページ | 名前に特許はない。 »

コメント

>しかし、東京オリンピックの当時、現在の一万倍の放射線を浴びていた人々は、今どうしているのか?

日本人の癌が増えている原因の一つでしょうね。

>それで、火力発電。CO2削減しなくてどうする。

馬鹿馬鹿しい。二酸化炭素温暖化説は詐欺ですよ。
あんなもののために被曝させるんですか?

>10年後、20年後の確率的な健康維持のために、今の全てを犠牲にする。

何も犠牲になりませんよ。
タバコを吸わないのと同じで確率的被害を避けるのは当たり前じゃないですか。

投稿: ゆーたん | 2011年7月29日 (金) 午前 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/52217665

この記事へのトラックバック一覧です: 再び問う。 福島原発事故において、放射線による死者はいるのか!:

« 紹介 中国の核実験と周辺住民の被爆 論文 | トップページ | 名前に特許はない。 »