« 原発推進か廃止かはともかくとして | トップページ | Atomic Bomb Health Benefits  (原爆の健康効果) »

2011年4月22日 (金)

昨日の続きの今日でなく…

 東日本大震災は、日本人の精神の何かに確実にインパクトを与えた。

 昨日の続きの今日があることが、実は当たり前でなかった、ということ。

 今、平穏無事に生かされていることだけで、どれほどありがたいことであったのか、ということに気付いたのではなかろうか。


 民事訴訟が多く取り下げられているという話を聴いた。

 いちいち調べたわけではないが、恐らくこういう気持からではなかろうか。

 あの被災者の人々や、亡くなった方々の事を思えば、多少の事でガタガタ言うことはなかった。今、こうして五体満足で生きているだけでも、家があって、家族がいて、ご飯が食べられるだけでも、本当に幸せじゃなかったか。そりゃあ、自分の言い分が正しいとは思うし、あいつが私の権利を侵害したことは間違いないけれど、考えてみればそんなに大げさに騒ぎたてることでもなかった。和解して今ある時間を大切に生きることの方が大切なのじゃないか。出来れば仲良くして、いい気持で過ごした方が良いのではないか。

 そんな気持ちからなのではないかと、考えてみた。


 また、結婚が何割か増えているのだそうだ。


 これも、今日の続きの明日がある、とは限らないとすれば、今、この相手ときちんとしておかなければいけないのではないか。なんとなく明日がもっと良くなると思っては先延ばしにしていたけれど、今、出来ることを一つ一つきちんとしていくことが大切なのではないか。

 明日は、2度と会えなくなるようなことが起こるかもしれない。現に起こった。

 とすれば、今、二人の関係をきちんとしておこう。


 こんな風に思う人々が増えた、ということなのではなかろうか。


 こうした心理は、非常時の特徴かもしれない。しかし、人の本性に根差したものであるのではないかと思われる。


 今を精いっぱい生きること。いつでも、そのように生きられたら、きっと素晴らしい人生になる。


 感謝の思いで生きること。


 それが、この未曽有の大震災を迎えて感じた、自分自身の思いでもある。

|

« 原発推進か廃止かはともかくとして | トップページ | Atomic Bomb Health Benefits  (原爆の健康効果) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/51456242

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の続きの今日でなく…:

« 原発推進か廃止かはともかくとして | トップページ | Atomic Bomb Health Benefits  (原爆の健康効果) »