« 昨日の続きの今日でなく… | トップページ | 反原発カルトに乗っ取られたNHK »

2011年4月25日 (月)

Atomic Bomb Health Benefits  (原爆の健康効果)

低線量率放射線が健康にプラスになるという研究論文を発表し、臨床の場でも成果を上げている稲博士の講演内容が話題を呼んでいます。

福島原発事故の風評被害を抑制するためにも、是非多くの人々に見て頂きたいと思います。

福島原発事故の医学的科学的真実: 稲 恭宏博士 緊急特別講演 1

稲 恭宏(いな・やすひろ)博士
東京大学 大学院 医学系研究科
病因・病理学/免疫学 専攻 博士課程修了。博士(医学)。
東京大学医学博士で病因・病理学、免疫学者。
『低線量率放射線療法』の発見確立者で、
放射線の医学的科学的真実を証明した世界的権威の医学英文論文多数。

(YOU TUBE より)

さて、この低線量率放射線が健康に良いという事実は、ホルミック現象として研究者の間では常識に近いことなのだそうです。

下記の論文はアメリカのミズーリ大学のラッキー教授が発表したものです。



ATOMIC BOMB HEALTH BENEFITS


健康に良い放射線量は年間100ミリシーベルトまで、ということだそうです。


放射線に関する正しい知識を世界的に広めて頂きたいものですね。


|

« 昨日の続きの今日でなく… | トップページ | 反原発カルトに乗っ取られたNHK »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/51486921

この記事へのトラックバック一覧です: Atomic Bomb Health Benefits  (原爆の健康効果):

« 昨日の続きの今日でなく… | トップページ | 反原発カルトに乗っ取られたNHK »