« 福島原発事故での犠牲者は出ているのか? | トップページ | 両陛下、避難所訪問…膝つきながら被災者励ます »

2011年3月26日 (土)

統一地方選・・・広島市・・・AKB市政からの脱却を!

 今期で引退し不出馬を表明している広島市長AKB。

 しかし、その市政の路線継承には余念がない。事実上の後継候補である東京都出身で総務省官僚の豊田氏が現在優勢に戦いを進めている。

 豊田氏は、男女共同参画を推進する女性グループに要請されて出馬したことになっている。持って回ったいいかたでしかマスコミでは報道されないが、要するにAKBを担いできた連中である。

 表看板には、川瀬啓子さんという女性を立てているが、彼女いわく、AKB市政を変えるには、一番近くに居た豊田さんだからこそ出来るのよ、だそうである。本気で信じていそうなところがコワイが、人の良い方なのでとりまきにコロっと騙されたのだろうというのが大方の観測である。

 AKB路線で、広島がどうなってきたのか。3期12年、無為無策による経済をはじめとする市政全般の停滞。市議会との尖鋭的な対立。独善的独裁的な政治手法。イデオロギーに基づく「平和」行政は異論を排除するファシズムとも指摘された。頻繁な公費による海外出張。広島市長なのに広島市に居ないことが余りにも多かった。オバマジョリティ音頭に象徴されるアメリカ追随の姿勢。それでいて何の実効性もない「核廃絶キャンペーン」の為に市民の血税をどれだけ注ぎ込んだことか。目標としたノーベル平和賞は獲得できず、フィリピンのジャーナリストの名を冠したマグサイサイ賞を何とか獲れたことは個人として良かったのであろう。市民の誇りである市民球場を多くの反対のある中解体を進めた。1000億円を募金で集め、広島市は50憶円だけ出すというあなた任せの広島オリンピック構想。何とも無残なことである。それでいて、引退して広島市で隠居するのかと思えばそうでもなさそうだ。結局、広島市はAKBにいいように振り回され、そして弊履のごとくに履き捨てられたのに等しい。

 だから後継候補の方も、東京都出身の単身赴任者である。選挙に負けたとしても次に出るために4年間臥薪嘗胆することなど初めから頭にないのではなかろうか。

 しかも、ただでさえジェンダーフリー色の濃厚な広島市の男女共同参画を推進する人々に推されるだけのことはあって、夫婦別姓を実践中である。東京にいる旦那さんは古澤姓。通称使用は広く認められるべきだとは思うが、豊田さんは夫婦別姓推進の実践者であることだけは紛う方なき事実である。

 こうしたことを知ってか知らずか、保守を自任する人々が豊田がいいと言っている。普段どれだけ何も考えていないかが知られる。どれだけ頼りない存在かが分かるというものだ。

一皮剥けば、AKBよりもより尖鋭的な政策を打って出てくることが考えられる。
今掲げている政策は、殆ど首長であれば誰しもが取り組む問題であって別に豊田さんでなければならないことは殆どない。

明確にAKB路線継承を打ち出しているのは「平和行政」についてである。公費の無駄遣いが更に続けられるということだ。

長崎の二番煎じに過ぎないし平和宣言の公募は果たして広島の取るべきやり方なのか。独創性の無さと大衆迎合姿勢には憮然とせざるを得ない。

 パフォーマンスが派手なのはAKB譲りなのかもしれないが、自分の名前を書いたのぼりを立てて自分の名前を連呼して街頭活動をしたのはやりすぎである。地元紙にすっぱ抜かれていたが、こうした選挙違反行為を堂々とするというのは、市政の副責任者を現役でやってきた人物とすれば俄かには信じ難いところである。

 東北・関東大震災で本当に大変な状況にある中、パフォーマンス先行のトップがどのような弊害をもたらすのか、嫌というほど思い知らされている現在、広島市民がよもや騙されることのないように、祈るばかりである。

|

« 福島原発事故での犠牲者は出ているのか? | トップページ | 両陛下、避難所訪問…膝つきながら被災者励ます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/51220769

この記事へのトラックバック一覧です: 統一地方選・・・広島市・・・AKB市政からの脱却を!:

« 福島原発事故での犠牲者は出ているのか? | トップページ | 両陛下、避難所訪問…膝つきながら被災者励ます »