« 統一地方選・・・広島市・・・AKB市政からの脱却を! | トップページ | 原発と原爆は全く違うということについて ~風評被害による犠牲者は出ているが~ »

2011年3月31日 (木)

両陛下、避難所訪問…膝つきながら被災者励ます

両陛下、避難所訪問…膝つきながら被災者励ます
巨大地震


被災者を励まされる天皇、皇后両陛下(30日、東京・足立区で)=代表撮影 天皇、皇后両陛下は30日午後、東日本巨大地震の被災者約290人が避難している東京武道館(東京・足立区)を訪問された。

 震災後、両陛下が被災者を直接見舞われるのは初めて。

 福島第一原発の事故を受けて開設された避難所で、約270人が福島県から身を寄せている。両陛下は、畳が敷かれた道場を約40分間かけて回り、膝をつきながら「元気出して下さいね」などと励まされた。

 同県いわき市の古川裕子さん(32)の自宅は原発から30キロ圏外だが、8歳と2歳の子供の健康を案じ夫と共に避難した。皇后さまに「子供が遊ぶ環境はありますか」「よく眠れますか」と気遣われ、「目を見て話してくださり、優しい方だと感じた」と笑顔を浮かべた。

(2011年3月30日20時30分 読売新聞)


今上陛下は、後奈良天皇の般若心経奥書、「朕民の父母として徳覆ふことあたわず、甚だ自ら傷む」の言葉そのままに、国民と苦楽を共にし、「民の父母」としていたわり、ねぎらい、はげまされている。


陛下のビデオメッセージは、本当に心打たれるものだった。

実感として、終戦の詔書以来ではないか、と感じた。


それだけ国家非常の時なのだ。

|

« 統一地方選・・・広島市・・・AKB市政からの脱却を! | トップページ | 原発と原爆は全く違うということについて ~風評被害による犠牲者は出ているが~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 両陛下、避難所訪問…膝つきながら被災者励ます:

« 統一地方選・・・広島市・・・AKB市政からの脱却を! | トップページ | 原発と原爆は全く違うということについて ~風評被害による犠牲者は出ているが~ »