« 天皇陛下のお言葉 | トップページ | 統一地方選・・・広島市・・・AKB市政からの脱却を! »

2011年3月25日 (金)

福島原発事故での犠牲者は出ているのか?

 福島原発が地震と津波で大損害を受けて、炉心融解も懸念される事故となっていることが連日報道されている。

 半径20キロ圏からは退避命令が出され、30キロ圏は屋内退避勧告がなされ、避難民が殺到し、地震で被災した人々との軋轢も生まれているという。

 農作物などへの風評被害は莫大なものになりつつあり、それは更にエリアを広げている。

 東京や埼玉など浄水場での放射線濃度が基準値を上回っているということで、ミネラルウオーターが飛ぶように売れているという。


 さて、この一連の騒動で腑に落ちないのは、大震災と津波では死者行方不明者が26,000名を超えており、インフラの破壊も根こそぎという状況であるのに対して、福島原発事故では、現在までただの一人も放射線による被曝での死者は出ていない。このことをどう考えるか。


 むしろ、避難の騒動の中で、病人や高齢者の方々がいのちを落とされているのである。被曝して命を長らえるのと、避難していのちを落とすのと、どちらがいいのか、といったら不謹慎だろうか。しかし、そう言いたくなるような騒動ではないか。30キロ圏内にタンクローリーが入るのを拒否したことでガソリン不足になり身動きが取れなくなったという話は象徴的である。


 原発のすぐ近くで作業をしている自衛隊や消防の方々こそ、被曝の危険にさらされているがそれこそ決死の働きをされている。しかし、放射能は距離に反比例して弱まっていくのであり、今計測されている数値が平常値よりも高いといながら、(数千倍などという言葉は脅すには都合がよい言葉だ)ではそれで結果どうなるといえば、死ぬことに直結するようなことは一つもないのである。


 また、原発は、原理的に核爆発を起こすことはあり得ないということを知っておかねばならない。燃料棒のウラン濃縮率は核爆発を起こすには余りにも低すぎて話にならない。だから、核爆発災害の危険性だけは考慮から外しておいてよいのだ。

 しかし、核の被害というと、原爆と直結してイメージすることになるから、恐怖心が増大するのだ。


 チェルノブイリの事故の時に使われたのと同じ消防車が使われた、という言い方がマスコミで流される。

 すると、視聴者は、同じ消防車が使われたのなら、危険性も同じなのだな、と思いこみやすくなる。

 これは、わざとしているのか。


 チェルノブイリのようになることは、有り得ないということ。精々最悪でも炉心融解であるが、それもシナリオとして対処されるようになっているのだ。核分裂反応が起こってもそれがすなわち核爆発になることはない。


 放射能汚染を過小評価するわけではない。しかし、騒ぎ過ぎによって、落とさなくてよい命を落とした人が出たのだ。

 それも、政府が無為無策のためであり、また政府自体がその混乱を助長し、煽っているような印象さえ受ける。


 それは、反原発運動に資するものである。今や政府を上げてそれを推進しようとしているのか。


|

« 天皇陛下のお言葉 | トップページ | 統一地方選・・・広島市・・・AKB市政からの脱却を! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/51209802

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発事故での犠牲者は出ているのか?:

« 天皇陛下のお言葉 | トップページ | 統一地方選・・・広島市・・・AKB市政からの脱却を! »