« 日本の余命はあと10年…? | トップページ | 現代の神話…日本人の勤勉性? »

2011年2月18日 (金)

日本の余命はあと10年…?

 今日、ある技術職の年配の方とお話しする機会があった。

 今、日本の伝統的な技術職の人々がどんどん高齢化し、後継者がいなくなっているという。

 この方の携わっている業界も、もう60代の方々が中心で、これを継ぐべき次の世代は不在なのだという。


 今の日本は、「豊か」になったので、そんな技術職などについて苦労するよりも、もっと他に収入の高い職業がある、と思われている。だから、募集をしても集まらない。仮に来てもすぐやめる。


 今、日本は密かに死につつある、のかもしれない。


 藤原正彦さんが、日本は人材しか資源がない。だから、学力の国際比較では、圧倒的な一位でなければならないのに、今や学力の凋落は目を覆わんばかりだ、ということを言われていた。


 そんなにトップを目指さなくても、そこそこ暮らしていければいいじゃないか、という昔の言葉で言えばプチブル的な退嬰的な精神は、蔓延しているのだろうか。


 就職内定率が史上最低と言っているが、そうなる原因を作ってきたのはマスコミやしたり顔の有識者たちだろう。


 派遣はだめだとされ、内定取り消しをしたら訴訟を起こされたら、どんな企業でも及び腰になる。企業をこれ以上いじめてどうする。日本で企業をいじめて、外国に追いやるようなことをやっているのだ。


 それで、日本にしかない、日本人にしかできない技術が中国などに流出して、日本が空っぽになっていく。


 したり顔をしていた連中はその時またどんなしたり顔をした評論をして、糊口を濡らすのだろうか。


 広島県の観光は、三〇位以下なのだそうだ。四七都道府県中三〇位以下、中の下である。世界遺産を二つまで持っているにもかかわらず、だ。


 これは、県政もそうだが、それ以上に、市政の失敗に間違いあるまい。10年以上、平和の使徒となって世界中をファーストクラスで飛び回りスイートルームに泊まってはパフォーマンスのみに憂き身をやつしてきたトップがしたことといえば、1000億円を寄付で賄うという、他人の懐をアテにした夢物語のみ。

 詐欺師といおうか、ペテン師といおうか。

 広島には原爆ドームがあり、平和公園があり、修学旅行生が日本中から集まっているから、観光的にはそれなりになっているのだろう、という漫然としたムードがないことはない。


 しかし、広島の平和公園、また原爆資料館は、一生に一度来てみればよい、というだけだ。リピーターは殆ど生じないのである。唯一の例外が、8月6日に全国から結集する左翼過激派や職業的平和運動家たちのみである。


 その人はこうも言っていた。広島には「おもてなし」の心がない。客を迎える心構えが行政にも市民にも欠落しているのだ。それを助長してきたのが、「平和」と「人権」の上に胡坐をかいてきた為政者の怠慢なのだ。


 広島に落とされている巨大な「平和」利権。それはごく一握りの特権階級に流れる仕組みになっている。


 このシステムは極めて強固なものではあるが、所詮は他人の懐に手を突っ込んで強奪していることに変わりはない。オリンピック招致詐欺とどこも変わらない仕組みである。


 こんなことが未来永劫続くわけはないのだが、どこの時点で無理が昂じてシステムが崩落するか。


 この路線を継承することは(口ではなんといおうが)確実な3人目のナンバー2が権力の座につくような事態になったなら、アラブ諸国で起こっているインティファーダを行うか、江戸時代の農民にならって跳散するかしかない。あるいは座して死をまつか。


 政治の体たらくは凄まじいが、あれは国民精神の反映にすぎないことに気付いた方がよい。


 広島は原爆の惨禍からも立ちあがることが出来た。そのパワーの源泉こそが世界から注目されているのである。

 果たしてその源泉は枯渇していはしないか。

 広島の命運を分ける統一地方選挙は、また日本の命運をも左右する。

|

« 日本の余命はあと10年…? | トップページ | 現代の神話…日本人の勤勉性? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/50907536

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の余命はあと10年…?:

« 日本の余命はあと10年…? | トップページ | 現代の神話…日本人の勤勉性? »