« 海上保安庁職員が殉職・説 ~映像の全面公開はいつか~ | トップページ | APEC閉幕 日本の存在感は・・・ »

2010年11月11日 (木)

胸迫る、止むに已まれぬ思い ~海上保安庁第5管区の保安官~

かくすれば かくなるものと 知りながら 止むにやまれぬ 大和魂

 尖閣海域における中国漁船による領海侵犯・体当たり事件についての記録ビデオが、政府がひた隠しにしようとする中、真相を国民に知らせるために敢えて公開した人物が明らかになった。

 その人物は、海上保安庁第5管区保安官であった。その思いつめた行動、その胸中が思われ、表記の歌が浮かんできた。吉田松陰先生が、下田からペリーの黒船に乗り込もうとして失敗し、幕府に捕えられた時に詠んだ歌である。

 海上保安庁に「止むに已まれぬ大和魂」が生きていて、海の守りについておられることが判り、感動した。

 責任逃れに終始し、本来厳正に法に基づいて処分すべき中国漁船船長は保釈し、自らの不始末を覆い隠すため真実を証明するビデオの公開を渋り、ごまかしと糊塗の思惑が破られると怒りに駆られて事の本質をすり替えようとする、どぶねずみのような顔をした官房長官の醜悪極まりない面貌を思うと、この一保安官の存在の潔さが余計に印象深く感じられるのである。


 本来国民が共有し、国際社会に対して訴えるべき証拠である、日本の正当性を映した記録ビデオを政治権力によって隠蔽しようとした菅・仙石政権の情報操作・隠蔽工作こそが問題なのである。余りにもお粗末極まりなく、かつまた誠意のかけらも感じさせない国会答弁が、「権力を握れば独裁政権と同じである」という、誤った認識に基づく政権運営の本質を垣間見せたものである。その雰囲気は、中国共産党や北朝鮮といった独裁国家に瓜二つであり、情報統制をして国民を分断し、国家をほしいままにする、許されざる存在である。

 国家公務員法の守秘義務違反だという。

 だとするならば、自治労が年金問題の内部資料をリークして、民主党の国会議員に質問させたことは守秘義務違反ではなかったのか。あの内部情報のリークの「犯人」を追及して「真相究明」を、民主党はしたのか。してはいまい。

 自治労は、自ら犯した犯罪的な年金事務の不祥事を逆手に取って、政権を追及する道具とした。

 そして、それによって自治労は民主党に政権を取らせる道筋の少なくとも一つの柱は提供したのである。


 内容は全く違うが、内部情報を漏らしたという点では同じである。最も違うのは、志である。


 自治労の情報リークは、民主党の政権奪取のために利用するという「私心」のためであり、その内容は自分たちが犯してきた恥部なのである。最低最悪のやり方だと思われる。


 方や、海上保安庁保安官一個人の、記録ビデオの公開は、「公心」であり「義」のためであった。真相がうやむやになれば、国民の生命・財産の安全を守るための活動に著しい支障がきたす可能性が高い。何より、領海侵犯・違法操業を繰り返す中国漁船の存在と、海上保安庁の巡視船に体当たりという明白な攻撃行為を行ってきたことは、広く国民が知らなければならない情報であったということ。正に「義を見てせざれば勇なきなり」を地で行く行為であった。


 幕末維新の歴史において、幕府の法に触れて捕えられた志士たちは数多く存在した。

 しかし、幕府の非道に対して抗議し、日本が進むべき道を指し示して、行動していった志士たちが存在したからこそ、日本は欧米列強に蚕食されずに独立を守り抜くことが出来たのである。

 現政権は、幕府よりも粗悪なもののように感じられる。井伊大老は桜田門外で切られたが、井伊自身は国学を収めた人物でもあり、国を思う心を持っていたことは間違いない。今の菅・仙石は、国を思う心自体が感じられない。

 止むぬやまれぬ行動に出た、海上保安庁第5管区の保安官の方は、軽微とはいえ国法に触れる行為をした以上、処分はやむを得ないかもしれない。しかしながら、その処分のありようは、先の自治労の連中が自らの私利私益の為に情報漏洩をしたことに対するものとの整合性がなければならない。

 そしてまた、厳格に法の手続きを執行するのであれば、一方において、処分保留のまま保釈した中国漁船の船長の処分を明確にし、厳正に法に則って処断するプロセスに入ることを明確にした上ですべきことは当然のことである。

 それが出来ないなら、さっさと辞めてしまえ。

|

« 海上保安庁職員が殉職・説 ~映像の全面公開はいつか~ | トップページ | APEC閉幕 日本の存在感は・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/49998081

この記事へのトラックバック一覧です: 胸迫る、止むに已まれぬ思い ~海上保安庁第5管区の保安官~:

« 海上保安庁職員が殉職・説 ~映像の全面公開はいつか~ | トップページ | APEC閉幕 日本の存在感は・・・ »