« 自由を愛する全ての日本国民の皆さんへ!人権擁護法案阻止へ声を上げよう! | トップページ | 尖閣ビデオ流出! ~救国の一石となるのか~ »

2010年11月 3日 (水)

地方版「人権擁護(弾圧)法」=「広島市子ども条例」の制定を阻止しよう!

 昨日、「広島市子ども条例」制定を推進しようと叫ぶ弁護士らの市民団体が広島市議会に早期制定の請願書を提出した。「この条例で一人でも子どもを救えればそれでいい」とうそぶく弁護士のしたり顔がテレビに映っていた。いじめをする側の一人の子供が「人権」の名のもとに守られ、いじめられる百人の子供が犠牲になる、という事態が有り得るという全体像を語らない手法はフェアではない。

 この条例制定に向けて血道を開ける「広島市こども未来局」は、10月広島市各所で「説明会」を開催。市側のサクラと思しき動員された人々が各会場多数を占め、「こんな条例を二十年待っていた」などという礼賛の意見を挙げていた。礼賛論は抽象的であるが、反対論はきわめて具体的で、学校の生徒指導を受け持っている教師が、学校現場の実情を切々と訴え、こんな条例が出来たら、今でさえ厳しい生徒指導が不可能になる、と悲鳴を上げた。それに対して、「子どもの権利を教えれば大丈夫」などと、未来局は回答をしたが、こんなふざけた回答しか出せないのである。教育現場のことなど知らぬ顔だ。この担当者は、この4月に就任してばら色のことしか聞かされていないのであろう。

 抽象論と奇麗事で塗りつぶされた「広島市子ども条例」素案は、奇麗事が好きな人々に歓迎されるかもしれない。しかし、そのウラでどれほどの犠牲が出るのか、計り知れないものがある。


 広島市こども未来局の説明の中で、この条例制定の狙いは子供観を変革する次の3点だと明言した。

1、子供を「保護の客体」とする従来の子供観を転換して、子供を「権利行使の主体」とする。

2、大人と子供は、対等な権利行使の主体である、とする。

3、子供の意見を、行政に反映させるシステムを構築する。


正に唖然とさせられる内容である。

「児童の権利条約」の理念にも真っ向から対立するものである。市は条例の条文のつまみ食いをして特定のイデオロギーによって再構築しようとしているとしか思えない。

子供は保護されるべき存在であるとする考えを、市は真っ向から否定した。これは家族の解体を急速に促進する考え方である。子供は社会全体で育てる、という考え方を正面から打ち出したが、家庭と地域社会の衰退の代替措置を名目として、社会主義・共産主義的な、或いはナチズムにも繋がる考え方であり施策なのだ。


大人と対等な権利行使の主体。自己決定権という言葉。これにより、家庭・学校を問わず教育は全く不可能となる。


そして、子供の意見を行政に反映させるシステム化に至っては、子供を出しにた革命思想である。

強調しておかなければならないのは、こども未来局は「健全育成」という考え方を否定していることである。

「健全育成」という言葉は、大人の価値観を押し付けるものである、と否定的である。大人の価値観を押し付けることのどこがいけないのか。「大人の価値観」を、思い込みのエゴイスティックな、つまり、大人になりきれていない人々の独り善がりなものと位置づけ(そのような印象操作をしていた)、それを否定する。

しかし、「大人の価値観」とは、社会的に普遍的な公徳心や、価値観念であって、個々人の得て勝手なものを指す言葉ではない。リベラルな価値相対主義のイデオロギーに毒されていると全ての価値に中立でなければならないという脅迫観念が働くのかもしれないが、そのようなもので社会が成り立つはずがないのである。

一つの価値体系を押し付けることは必要なのである。それを受け入れるにせよ、反発するにせよ、それなくして子供は寄る辺を失うほかはない。そしてその価値体系は決して共通の価値観念、共同体に普遍的に通用する価値観念であるべきであろう。

広島市こども未来局の課員の方々には、サンデル博士の「これから「正義」の話をしよう」でも読んでみられたらいかがか、と思う。


この条例に致命的に欠けているのは、教育哲学である。

教育とは本来、歴史的・伝統的に受け継いできた祖先伝来の価値観を次世代に受け伝える機能が極めて重要であり、それを柱として徳性を喚起し、社会性を身につけさせるべきところである。知識の伝達はその次である。

礼儀作法など、永く伝えられてきたものには理に適った事が多い。しかし、それは子供には理解できない様々な配慮などが積み重ねられているものである。その場合には、理解できなくとも先ずはそれを身につけさせるということが必要な場合は間々ある。それを一々説明して納得させなければならないとしたら世の大多数の大人は途方にくれるしかない。いらぬストレスが増えれば虐待も増える可能性がある。また、説明できないからとて教えないとなればネグレクトも増えるであろう。


子供にとっても親にとっても有害無益なのが「広島市子ども条例」なのである。


担当者自らが、自分を変革しようと日々苦闘していると言っていた。


全ての大人の頭の中を変革しようというのが狙いなのだ。こんな全体主義的な、ビックブラザー的なことを行政が理想主義的な情熱を持って推し進めようとしている。こんな恐ろしいことはない。


数学者の藤原正彦氏が、「祖国とは国語」の中で、大人と子供は対等でない、頭ごなしの押し付けが教育には必要であり、それが自分を作った、親に感謝している、と述べている。


子供をダメにする条例は絶対につくらせてはならない。


こども未来企画課  庶務係 (082-504-2812)  企画係 (082-504-2813)

|

« 自由を愛する全ての日本国民の皆さんへ!人権擁護法案阻止へ声を上げよう! | トップページ | 尖閣ビデオ流出! ~救国の一石となるのか~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/49926675

この記事へのトラックバック一覧です: 地方版「人権擁護(弾圧)法」=「広島市子ども条例」の制定を阻止しよう!:

« 自由を愛する全ての日本国民の皆さんへ!人権擁護法案阻止へ声を上げよう! | トップページ | 尖閣ビデオ流出! ~救国の一石となるのか~ »