« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

既に日中戦争に突入している! ~前原外相更迭を要求する中国系メディア~

「トラブルメーカー」「更迭を」 中国系メディア 前原攻撃激化2010.10.30 21:32

 【北京=矢板明夫】30日付の中国各紙は、日中首脳会談を中国が拒否したことについて、「日本側が会談に必要な雰囲気を壊した」と一斉に日本批判を展開した。中国系香港紙「文匯報」は同日付の社説で、対中強硬姿勢を示す前原誠司外相を「トラブルメーカー」と批判し、日本政府に対し外相の更迭を求めた。中国政府の影響下にある新聞が外国の閣僚人事に口を出すことは異例で、共産党指導部の意向を反映している可能性がある。
 北京の大衆紙「新京報」は、胡正躍外務次官補がハノイで発表した「日本は他の国と結託し、釣魚島(尖閣諸島)問題を再びあおった」とする談話を1面トップで掲載し、28日の日米外相会談で、尖閣諸島は日米安全保障条約の範囲内と強調した前原外相の最近の言動への不快感を示した。
 「文匯報」は、前原外相を名指しで批判。中国漁船衝突事件で船長の逮捕を主張したことや、中国の対抗措置を「ヒステリック」と批判したなど具体例を挙げ、「日本政府は外相を更迭しなければ、中日関係の回復は難しい」と主張した。「文匯報」と同じく中国政府の影響下にある「大公報」も前原外相を「中日関係改善の障害物」と決めつけた。
 中国メディアが展開する一連の対日批判は、菅直人首相や民主党には触れず、前原外相の個人に集中しているのが特徴だ。
 この背景には、前原外相の対中強硬姿勢がネットなどを通じて中国国内に広がれば、反日デモに再び火がつき、社会に対する不満層も吸収する形で反政府デモに発展することを警戒する指導部の懸念がある。日中問題の研究者は「彼の発言は国内の不安定につながる」と分析している。
 中国側には、前原外相を交代させるか、またはその対中強硬発言を封印させるかを求める、日本政府へのメッセージとしたい思惑があるようだ。

*************************

日米戦争直前の、松岡外務大臣更迭劇を思い出させる。

外国の言いなりになって、閣僚を更迭するなど論外だが、それを主張する中国系メディアの背後にある中国政府の思惑が透けて見える。日本を守る正論を(菅内閣の中では最もまともに)主張する主要閣僚の存在は煙たいのであろう。中国に対しては最大級の敬語を使って恥じない「赤い官房長官」は、この中国系メディアの口車に乗って前原大臣更迭に乗り出すのだろうか。そんなことをすれば、正に歴史に残る愚挙となるが、仙石ならやりかねない、という声が聞こえてくるようだ。

それにしても、ここまでナメられてしまっているのだ。

それで日中首脳会談もソデにされている。いいように弄られているのである。

日本国家の威信をどこまで地に落とせば気が済むのか菅総理。

前原外務大臣には、所信を貫いて頂きたい。今や、日本国家が屈服するか否かの、重大な瀬戸際に来ている。


ここで日本政府が威信を示せば、当面の局面は安定するだろう。しかし、ここで屈服するようなことがあったら中国の覇権主義を増長させ、尖閣はおろか沖縄まで危険にさらすことになる。そうなれば本土も無事では済まない。

絶対にそのようなことにさせてはならない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

中国の軍管区に入ったというが・・・

 境界もあいまいなところが多く、いつの間にか迷い込んで捕まるなどということもあるのだと思われる。


 つまり、いつでもひっかけて捉えることができるということだ。


 そしてまた、捕まった4人のうち3人が解放されたが、その条件が、犯した誤りを認める(つまり、軍管区内におけるスパイ活動をしていたというでっち上げを認めさせられた、ということだろう)ということだったらしい。


 つまり、「ユダ」にするのだ。


 これが中国のやり方である。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「氷雪の門」は是非一度ご覧下さい!


「氷雪の門」オフィシャルサイト

樺太は真岡の電話交換士の9人の乙女たちの物語です。

8月15日を過ぎて北緯50度の国境を踏み躙り南下してきたソ連軍による南樺太の侵略。
同胞を内地に逃がすために電話交換士として真岡の町に残った9人の乙女たちは、町にソ連兵がなだれ込んでくる中、「皆さん、これが最後です」との言葉を残して青酸カリで自決しました。この乙女たちのおかげで1万人を超える同胞が無事内地に逃れることが出来たと言われています。

その乙女たちの慰霊の碑が稚内の岬に立っています。それが氷雪の門です。

 昭和天皇の御製

  樺太に 命を捨てし たおやめの 心思えば胸 せまりくる

 香淳皇后の御歌  

   樺太に つゆと消えたる おとめらの みたまやすかれと ただいのりぬる

以下のブログをご参照ください。

ご参考

 ちなみに、私は子供の頃に、自主上映で回ってきた(のだと思います。)上映会で鑑賞して、涙ボロボロになりました。高校まで、樺太と満州をずっと勘違いしていました。満州に日本人が行っていたということがまったくリアリティがなかったのです。「赤い夕陽の満州」という引き揚げ手記を読んでようやく腹に落ちましたが、満州と樺太であったことは同じだと思います。

 本当はもっと悲惨だったというのですから、本当に、絶対に忘れてはならない、民族の歴史だと思います。

 これは国が負けるということ、国が滅びるということがどういうことなのか、教えてくれます。

 この教訓は絶対に忘れてはならない。

 このことを今の日本人が忘れているということ自体が、極めて不自然なことだと思います。

 尖閣の問題は、離島の問題ではありません。日本全体の問題です。

 寸土の領土を外国に奪われた国は、その全土を奪われる・・・・

 一ミリたりとも土足で国土を踏ませない、と言う覚悟がなければ国を奪われる、という事態が形を持ってあらわれたという意味で、今回の尖閣の問題は重いと思います。

 樺太は真岡の乙女たちに顔向けできないようでは本当に申し訳ないではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »