« 民主党分党論 ~政策も背景も支持する代表も違う二つの拮抗した集団が蠢く民主党はこの際すっぱり2つに分かれるべきだ~ | トップページ | 「尖閣諸島」を守る具体策を! »

2010年9月25日 (土)

卑怯者たちの”政治”が国を滅ぼす ~民主党政権の狂気~

 卑怯者

 仙谷官房長官。

 中国人船長の釈放は、那覇地検の判断だ?!それを了としただ?!

 負うべき責任を負わず、国家主権にかかわる問題に対して、一行政機関の末端に押し付ける。

 これが、我が国の官房長官か。

 これが、法治国家か?


 全共闘内閣、極左内閣の本質が正にここに露呈した。


 国家を否定してきた彼らに、国家を担う意思も能力も、責任意識もない。ただあるのは、醜い個人的権勢欲と、他国に媚び諂う奴隷的根性である。


 一刻も早く掃討しなければ、日本の国自体が危ない!


 何故自民党は、解散に追い込む有効な手を打たないのか。


 前原外務大臣は比較的まともだ。国家意識は民主党政権では例外的に持った大臣である。しかし、それもトリックスターの役割しか果たしていない。


 馬脚を現した反日亡国政権である民主党政権を一刻も早く打倒することが、国の為である。

 9月24日の中国人船長を釈放した時、余りの怒りにまとめることが出来なかったが、今の時点でアップします。


 既に国民の心は民主党政権を離れている、というよりも国民自身が現在置かれている我が国の状況をもう一度見直し、どのような政府をつくるのか、頭を冷やして考えるべきなのだ。

 経済成長路線だけでない、国家存立の戦略の構築こそが求められている。

 そして、その過程で一番問われるのは、国民自身の覚悟である。

 今の状況に責任を負うのは、無自覚な国民全てである。

|

« 民主党分党論 ~政策も背景も支持する代表も違う二つの拮抗した集団が蠢く民主党はこの際すっぱり2つに分かれるべきだ~ | トップページ | 「尖閣諸島」を守る具体策を! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/49553606

この記事へのトラックバック一覧です: 卑怯者たちの”政治”が国を滅ぼす ~民主党政権の狂気~:

« 民主党分党論 ~政策も背景も支持する代表も違う二つの拮抗した集団が蠢く民主党はこの際すっぱり2つに分かれるべきだ~ | トップページ | 「尖閣諸島」を守る具体策を! »