« 菅か小沢か~不毛の選択~しかし…「独裁」宣言をする小沢は極めて危険~  「小沢が勝ったら日本の破滅、菅が勝ったら小沢の破滅」が本質 | トップページ | 民主党分党論 ~政策も背景も支持する代表も違う二つの拮抗した集団が蠢く民主党はこの際すっぱり2つに分かれるべきだ~ »

2010年9月 7日 (火)

政治屋小沢の最終戦争

「日本人の精神が崩壊している」などとご心配の小沢一郎。

多くの国民が思ったことを一言でいうなら、「あんたに言われたくないよ」である。

目先のことしか見えない経営者や政治屋たちは、”剛腕”を待望してか、小沢に期待を寄せる手合いもある。この間その実物を見て笑えた。


どっちもダメなのは分かりきっている。


どちらが国にダメージを与えないか。現時点ではそれが大事だ。

小沢は、立法、行政、司法の三権分立という近代政治の根本原則を踏み躙ろうとしている。既に立法府は蹂躙した。衆議院で第一党になったとたんに何をやりだしたか。野党などまるで存在しないかのように振る舞い、こともあろうに与党である民主党自体も鳴かず飛ばずにしてしまった。これは政党政治では断じてない。

議員は単なる投票ロボットに位置づけられ、口を出すなという構造になったのである。

立法府は小沢に殺された。

そして、行政府であるが、”政治主導” の大義名分を掲げて、官僚を締め上げ、扼殺していったのである。「官僚政治」の弊害を言うが、官僚なくして行政が成り立たないことなど、いろはのいである。そこに胡坐をかいていたことは問題であり、その権力は強大であったかもしれないが、官僚制度自体を破壊するような攻撃を仕掛けてどうする。

行政府は、小沢に占拠されたわけだ。(現在は中断しているかもしれないが)


そして、今回、司法府に手をつけようというわけだ。確かに総理大臣が最高裁判所長官を任命するかもしれないが、総理大臣が司法に優越するわけではない。それに手をいれようということか。たしかに、細川内閣、村山内閣の時に最高裁判所長官に任命された人事の中に問題があったと言われる。総理大臣に良識が欠如するととんでもない人事がなされかねない。


すべての権力を掌握しようなどというアナクロニズムの権化のような、独裁志向者の小沢には、決して首相の座に座らせてはならないのだ。


この代表選は、小沢にとっての「最終戦争」にしなければならない。即ち、敗北に追い込んで政治的生命にとどめを刺すことだ。首相になったら命懸けだといったが、その言葉、鳩山が連発していたことを思い出す。

|

« 菅か小沢か~不毛の選択~しかし…「独裁」宣言をする小沢は極めて危険~  「小沢が勝ったら日本の破滅、菅が勝ったら小沢の破滅」が本質 | トップページ | 民主党分党論 ~政策も背景も支持する代表も違う二つの拮抗した集団が蠢く民主党はこの際すっぱり2つに分かれるべきだ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/49380290

この記事へのトラックバック一覧です: 政治屋小沢の最終戦争:

« 菅か小沢か~不毛の選択~しかし…「独裁」宣言をする小沢は極めて危険~  「小沢が勝ったら日本の破滅、菅が勝ったら小沢の破滅」が本質 | トップページ | 民主党分党論 ~政策も背景も支持する代表も違う二つの拮抗した集団が蠢く民主党はこの際すっぱり2つに分かれるべきだ~ »