« 党員・サポーターの「国籍条項」のない民主党/外国人が首相を決めるキャスティングボードを握る民主党/違法政党ではないのか? | トップページ | 政治屋小沢の最終戦争 »

2010年9月 7日 (火)

菅か小沢か~不毛の選択~しかし…「独裁」宣言をする小沢は極めて危険~  「小沢が勝ったら日本の破滅、菅が勝ったら小沢の破滅」が本質

 民主党の代表選。

 その制度のずさんさが浮き彫りになっている。

 今日の産経の主張にコンパクトにまとめられている

 その1、在日外国人の関与

 その2、党員・サポーターの白票収集問題

 いずれも、制度設計に問題がある。しかも、憲法違反、政治資金規正法違反と、違法の疑いが濃厚である。


 無責任な野党時代なら、国民も軽蔑の笑いで済ませられてかもしれない。勿論、野党時代であってもこんな杜撰な制度でやっている「公党」など信用出来ようもないのではあったが。


 小沢は、首相の強大な権限に言及。(産経22.9.6)

 「小沢氏は6日、高知市で街頭演説し、「首相になったら政治生命どころか、私の命を懸けてみなさんとの約束を守ることをお誓いする」と語り、先の衆院選マニフェスト(政権公約)実現に向け、不退転の決意を示した。「首相の権限は強大だ。首相がこの方針でいきたいといえば不可能はない」とも述べた。

 高知県香南市では「日本の首相はどこの国の大統領より強大な権限を持っている。最高裁の判事も内閣が任命できる。やろうと思えばすべてできる権限を持つ。要は政治家に『間違っていたら責任を取る』という腹構えがない」と強調。」


 これは、橋本首相の際の省庁再編の際になされたもので、小泉首相がフルにその権限を活用したことで威力が実証されたことを指す。

 「首相支配」(中公新書)参照


 菅は、「期限付きの独裁」と明言したが、彼は口ばかりという感じがしないでもない。


 しかし、小沢は、既に政権交代後、鳩山の背後にあって、民主党の他の議員を封じ込め独裁的権力行使を行ってきた。それを「剛腕」というか。「力」に魅せられるのは危険である。「人民解放軍の野戦司令官」を自任する小沢の「独裁的権力行使」の方向性は、共産主義中国への諂いであり、日米同盟の解消であるからである。


 どぶ板選挙を代表選で行う小沢。実際に面と向かって会い、声を聴き、握手をすれば、情は動く。当然それが狙いであり、そういう選挙を指導してきたのであり、小沢にとって演説の内容も含めて、すべては選挙戦を勝ち抜ければそれでよいのである。その恐ろしさ。


 小沢の方が「マシ」だ、というのは危険だ。小沢は「マシ」で済ませる程甘い政治家ではない。

 その本質は、ルサンティマンの暗い情念の中で、日本を解体しないでは止まないアンチ日本の政治家なのだ。


 菅がいいとは言わないが、この代表選は、小沢が勝ったら日本の破滅、菅が勝ったら小沢の破滅、という構図にあることを、改めて肝に銘じる必要がある。


 とはいえ、一般国民としては、小沢がどんなに汚い手を使おうが、菅がどんなに拙劣な選挙戦をしようが、全く傍観するしかない位置にあるのだ。そして、キャスティングボードを、在日外国人を含む、匿名の、不正し放題かつそれを防ぐ手立てのない極めて杜撰な代表選システムに委ねるしかないのである。


|

« 党員・サポーターの「国籍条項」のない民主党/外国人が首相を決めるキャスティングボードを握る民主党/違法政党ではないのか? | トップページ | 政治屋小沢の最終戦争 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/49378165

この記事へのトラックバック一覧です: 菅か小沢か~不毛の選択~しかし…「独裁」宣言をする小沢は極めて危険~  「小沢が勝ったら日本の破滅、菅が勝ったら小沢の破滅」が本質:

« 党員・サポーターの「国籍条項」のない民主党/外国人が首相を決めるキャスティングボードを握る民主党/違法政党ではないのか? | トップページ | 政治屋小沢の最終戦争 »