« パンデミック 口蹄疫 ~これは人災、というか民主党政権災害だ~ | トップページ | 有権者の品格   »

2010年5月13日 (木)

命を大切にする友愛政治が引き起こした「命の大虐殺」

命を大切にする友愛政治が引き起こした「命の大虐殺」

ということが出来るのではないか。

 口蹄疫の拡大の最大の責任は、政治の無策にある。

 刑法に「未必の故意」という用語があるが、今回の赤松農相の所業はそれに当るだろう。

 いや、まさかこんなに拡大するとは思わなかった、というなら、そもそも大臣の資格はないのだから、さっさと辞めて議員も辞職して(これほどの税金の無駄遣いはない)、家畜たちの菩提でも弔ったらどうか。

 どういう角度から見ても、言い訳不能な体たらくだ。そして、これが、「いのち」が大切だとノタマッタ、鳩山「友愛」政治の正体なのである。民主党「パフォーマンス」至上政治の必然的な結果なのである。

 政治家としての自覚が、すずめの脳みそ程度に残っているなら、その最後の自覚が消えないうちに、政界から消えるのが、最後の「政治」だ。

 もはや誰も期待しない、鳩山政権には、さよならを突きつけよう。

|

« パンデミック 口蹄疫 ~これは人災、というか民主党政権災害だ~ | トップページ | 有権者の品格   »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/48350990

この記事へのトラックバック一覧です: 命を大切にする友愛政治が引き起こした「命の大虐殺」 :

« パンデミック 口蹄疫 ~これは人災、というか民主党政権災害だ~ | トップページ | 有権者の品格   »