« 外国人参政権に反対する1万人武道館大会に参加しました!!! | トップページ | 非嫡出子の戸籍続柄について /事実婚(法律婚を拒否したカップル)だけの問題ではない »

2010年4月24日 (土)

舛添新党には期待せず

私は、自分が、漠然とではあるが、「保守」だと思うので、ますぞえの『新党改革』には期待を寄せない。

大体、外国人参政権に賛成しているというのだから、益々である。

厚生労働大臣としては、頑張っていたという感じはしていた。しかし、厚生労働省というところは、ドMな省庁で、ドSな大臣を常に受け入れては、懐柔していくという感じがする。


民主党が割れずに、自民党が次々と割れていく。


これが小沢の戦略の結果なら、改めて凄いと思うが、そういうことでもあるいまい。


小党分立した場合の参議院選挙における比例議席配分がどうなるのかについて、誰かシュミレーションしてはくれまいか。

週刊現代のシュミレーションは面白かったが、あくまで昨年の衆議院選挙前後を前提としたものであって、この間の推移はどのように反映するのか、せめて、プラスなのか、マイナスなのか、知りたいところだ。


無党派層の民主、自民離れが著しいという各種の「世論調査」が公表されるが、それが果たしてどこまで信用出来るのか、さっぱりだ。


民主党政権が今のままではあまりにも危険であるということはいえるが、舛添の考え方だってどちらかといえば民主党のリベラル政権に近いように思える。


というか、自分の判断基準は、最低限のこととして、皇室のこと、靖国のことを踏まえていない時点でアウト。


安全保障・外交問題、教育問題、景気対策、社会保障問題がそれに続く。


民主党政権のやっていることは、あまりにもめちゃくちゃに過ぎて、唖然とせざるを得ない。

LOOPYなどと揶揄される首相を持ってしまったことは、あまりにも情けない。

普天間基地問題が紛糾している最中に、中国の艦隊が艦隊行動をして自衛隊を挑発した。ここでも抗議もしない首相。最高司令官がLOOPYだったら一体この国は守れるのか!


沖縄県民は、米軍を追い出して、中国を迎え入れるというのだろうか。


徳之島の島民は、米軍基地の移転反対を言うのはいいが、米軍基地さえ来なければ「平和」なんだと言うのは間違ってると思う。


国力は、政治力の乗数であらわされるとすると、いかに世界第二の経済大国だろうが、いかに自衛隊が世界有数の精強を誇ろうが、×0なら、国力はゼロになってしまうということになる。


恐るべきことだ。


たちあがれ日本!

創新日本!

と言いたい。

自民党もガンバれ!

看板だけでは分かりにくくて困るな。

|

« 外国人参政権に反対する1万人武道館大会に参加しました!!! | トップページ | 非嫡出子の戸籍続柄について /事実婚(法律婚を拒否したカップル)だけの問題ではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/48164694

この記事へのトラックバック一覧です: 舛添新党には期待せず:

« 外国人参政権に反対する1万人武道館大会に参加しました!!! | トップページ | 非嫡出子の戸籍続柄について /事実婚(法律婚を拒否したカップル)だけの問題ではない »