« 「愚かなる智者」 | トップページ | 東トルキスタンの「解放」とは、中国の植民地化の意味だった。では、「日本解放」とは何なのか。 »

2010年2月28日 (日)

お伊勢参りに行ってきて

この間、お伊勢参りにいってきました。

伊勢市駅から、外宮に歩いていく途中に、いかにも古い観光地らしい食堂があって、朝ごはんを食べた。焼き魚定食600円。美味しかった。そこは伊勢うどんがテレビで紹介されたこともあるんだと、たまたま一緒になった大先輩の方が言っていた。

外宮を御参りし、風宮、土宮、多賀宮という別宮を順次御参りした。

土曜日ということもあったとは思うが、参拝者が多く、しかも若い人達も沢山歩いて参拝していた。


我が国の もとの鎮めの 大宮に 人さはにあり 詣づ嬉しさ


内宮の参拝では、不思議な体験をした。


いつも感じることではあるのだが、伊勢の神様の神々しさといったらないのである。


天照らす 神のみ光 ありてこそ わが日の本の 国は安けれ


いまふと思い出した御製だが、どの天皇さまの御製であったか。


若い人ばかりの団体が幾つも御参りしていた。


伊勢の大神に祈るのは、個人の栄達や幸せではない。国家の安泰であり、国のために尽くす決意と覚悟である。


私幣禁断の伝統は、長かったのである。


今年は、お蔭参りの年なのだそうだ。60年に一度。江戸期には、全人口の三分の一もの人々が伊勢参りに詣でたという。


「参宮と いへば盗みも 許しけり」

芭蕉の句であるが、何と言う大らかな、何と言う優しげな、民族の信仰であろうか。


その伊勢の大神さまの、末裔が、天皇陛下であり、この天皇陛下を仰ぐ国が日本なのである。


もうまもなく、ご遷宮の年がやってくる。

|

« 「愚かなる智者」 | トップページ | 東トルキスタンの「解放」とは、中国の植民地化の意味だった。では、「日本解放」とは何なのか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/47683345

この記事へのトラックバック一覧です: お伊勢参りに行ってきて:

« 「愚かなる智者」 | トップページ | 東トルキスタンの「解放」とは、中国の植民地化の意味だった。では、「日本解放」とは何なのか。 »