« 全体主義の淵に沈む広島の「閉ざされた言語空間」 | トップページ | 自民党VS民主党  基本政策で比較するとどうなる? »

2009年7月25日 (土)

民主党の卑劣  「現実路線」と「非現実路線」  または独立失墜

 「現実路線」などという言い方を、マスコミはする。

 確かに、インド洋への自衛艦派遣と給油活動の継続は、我が国の国益にかなう国際協力であり、シーレーンの安全保障、また世界各国と伍して我が国の威信を保つための不可欠の要素であり、それを政権交代を目指そうという公の党が「容認」する考えを示したことは、まあ、安心材料の一つではある。


 しかし、待てよ。


 政権を放り出したといわれ非難の的となった安部首相を追い込んだのは、まさにこのインド洋の特別措置法に反対した民主党ではなかったか。


 志半ばに倒れた安部首相の後を継いだ福田首相が、衆議院の三分の二の勢力で、参議院の否決を覆してかろうじて国際的な孤立を免れたことを、忘れることはできない。


 今になって「現実路線」に転じる、ということは、これまで民主党が打ち出してきた「政策」は、「非現実路線」だったということになる。


 それは、国益を人質にした、悪質を極めた政争のための、ためにする論議だった、ということを、自ら認めたということなのである。


 民主党が、「現実」路線に舵を切りそうだと、無邪気に喜んでいる無邪気な保守層がいるのかもしれない。自民党には愛想が尽きた。民主党には不安はあるが、ちょっとは改心してくれたか、と。


 お人よしは、日本人の土性骨に染みついた根性だから、そうそう改まるものではないが、悪い男にもてあそばれる女のような(その逆もあるが)、情けない、みっともない姿勢で、この国の命運を左右されてたまるか、という気がする。


 民主党は、「したたか」なのか。


 その「したたか」さは、一体何のためなのか。

 「政権交代」を実現したら、また、さらに次なる「現実路線」を打ち出して、全く別の「政策」を、いけしゃあしゃあと国民に押し付けてくるのではないか。


 それは、「外国人参政権」や、「人権弾圧法」や、一千万人移民促進策や、北朝鮮への宥和政策や、家族解体を促進する「別姓」や「ジェンダーフリー」の徹底、教育の日教組支配などなど、危険な要素は枚挙にいとまがない。

 忘れてならないのは、民主党の国会議員の背後にあって、民主党の組織内にうごめく、旧社会党出身の専従職員たちである。彼らは選挙の洗礼を受けることはない。国会議員秘書は、自民党にあっては国会議員の手足であるが、旧社会党にあっては、その逆であるケースが多々あった。国会議員は、組合の意向を体して送りこまれた秘書の手足であると言っていた民主党の国会議員秘書の話を直接聞いたことがある。

 自民党はまだ分かりやすい。しかし、民主党は正体不明だ。少なくとも影に隠れているものが危険過ぎるのだ。

 国内勢力だけでないことは明白である。つまり、民主党政権の誕生は、その実、政権交代ではなく、外国への主権委譲になりかねない、ということだ。それは、日本の国家としての独立を損なうことを意味する。


 少なくともその疑念が払しょくされない限り、どんなに情けなかろうが、自民党にしっかりせよというしかない。
 

|

« 全体主義の淵に沈む広島の「閉ざされた言語空間」 | トップページ | 自民党VS民主党  基本政策で比較するとどうなる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/45732044

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の卑劣  「現実路線」と「非現実路線」  または独立失墜:

« 全体主義の淵に沈む広島の「閉ざされた言語空間」 | トップページ | 自民党VS民主党  基本政策で比較するとどうなる? »