« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月21日 (日)

古風な、と言われても

 「嫁を取りたい」といったら、スナックの女性に、鼻で笑われた。「何時の時代の話よ」とつぶやかれた。

 そんなにおかしなことを言った覚えはないのだが、この連中はすぐに別の席に移ったので、それ以上お互いに不愉快な思いはしなくて済んだ。

 「嫁」といっても、自分の場合は、本当に、来ていただくというかなり謙った感じなのだが、それでも、「嫁」という言葉自体を死語扱いする若い女性の存在にお目にかかったのには参った。

 「結婚」ということも、「死語」なのかもしれない。

 しかし、真剣に考えるようになって、改めて痛感したことといえば、当たり前のことかもしれないのだが、「結婚」とは、「覚悟」と「責任」以外の何者でもないということだ。

 いい加減に生きることが許されない。昔は、結婚していない人は男であれ女であれ、一人前と見做されなかったことの意味はここにあるのだろう。人間は、自分以外の人やものに責任を取るように覚悟を決めて初めて一人前と言えるのだ。

 これは独身でいるよりも相当に負担であると思われる。しかし、鼻をつまんで人生の傍観者になるのと、どんな困難でもぶち当たって、それにもがき苦しみながらも溺れそうになりながらも、必死で進んで行く人生と、一体どちらが死んで棺おけの蓋を閉めるときに、安心して死ねるだろうか。

 今は人生80年が普通なのかもしれないが、先日、恩義のある方が53歳でなくなられた。また、大恩ある方が87歳で往生された。続けてのことだったが、色々と考えさせられた。恩義ある先輩の年まで、自分の残された時間は余り多いとはいえない。

 結婚するなら早い方が良い、ということを、最近つくづく思うようになった。自分の場合は全く持って手遅れなのではあるが、できれば20代半ばまでには、伴侶を定めるのが良いのだと思われる。一つには、子供の問題がある。若くてエネルギーの溢れているうちに子供を育てた方が良いに決まっている。25歳で生まれた子供なら、45歳の時には成人しているのだ。働き盛りの45歳の時に成人した子供がいることがどれほど頼もしいか、計り知れない。今の自分からは、見果てぬ夢となってしまったことではあるが、それは自分の選んだ道であるから後悔するわけではない。ただ、気付くのが遅かったということと、自分の生き方がそちらに向いていなかったということに過ぎない。

 なぜ、「結婚」ということを考えだしたのか。実のところ、10年前に本当に思う人がいた。色々あってその人は別の人と結婚した。それ以来、心に大きな穴が空いてしまい、どこかこの世から一歩後退した場所に身を置いていた。今から思えば、ちょうどその頃、今思う人には出会っていた。実のところ、初めて会った時に、直感的に、「この人と結婚することになるのかな」などと思った。その直感は大変淡いもので、当時それ以上思うことはなかった。それから、6年になるが、この間色々な経緯があり、つかず離れずの関係を保っていた。
 そのバランスを崩したのが今年に入ってからで、自分の気持ちが少しづつ明確な形を取り始めたのである。それがどうしようもないところまで固まるのに3ヶ月はかかり、それが確固不動のものになるのに更に一ヶ月を要した。それで、気持ちをきちんと伝えないといけないと思った。

 こんなことを書いていながら、今結論が出ているわけではない、少なくともまだ数ヶ月の時間は必要だろうと思う。自分にとっては、ただ一人の人であり、誰かの代わりでもなければ、誰か代われるものでもない。自分にとっては世界一の人であり、この人を置いて他には考えられない。そういう思いを抱ける人に出会えたことだけでも、本当に感謝しなければと思っている。そして、自分の弱い心をたたき直していかなければと思っている。「自分の人生に真っ向から向き合う人が人生の成功者だ」と誰かが言っていたが、自分も、この思いから逃げることなく、しっかりと向き合って行きたい。真剣勝負である。その最大の敵はやはり自分自身であると、つくづく思わされる。

 その人は、今、修羅にいて、戦っている。そして、 その戦いに、自分は何の力にもなれない。

 一方、自分も戦いの巷にあって、自分の戦場があり、そこで多正面作戦を展開している。別の修羅場である。

 この人生において、自らに課せられた使命を実現するために、あらゆる意味で、自分の半身たる人を、今、心から得たいと思っている。

 

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »