« なぜ謝る!? 麻生首相! 子供二人、義務果たした、と言って何が悪い!! | トップページ | 古風な、と言われても »

2009年5月12日 (火)

小沢辞任!

 昨日午後、民主党代表だった小沢一郎氏が代表を辞任した。

 「政権交代」のため、というが、ならもっと早く辞任すべきであったろう。

 自民党内の左派の問題も深刻であり、国益を損なうという意味では最も危険な因子は、自民党内左派にあるといってよいのだが、民主党政権が実現したとなれば、同様の構図が更に深刻な形で露骨に出てくることは明白だ。

 外国人参政権を実現するために、「涙を呑んで」帰化し、元在日の民主党議員がいる。合法とはいえ、これは有る意味脱法的な存在といえるだろう。そのような例がゴマンとあるのが民主党であり、恐ろしくてとても政権交代など実現してもらっては困る。

 確かに自民党内に、腐敗堕落はあるだろう。しかし、同じ体質を民主党が持っていることを露呈したのが小沢代表の今回の事件である。考えてみれば自民党の金満体質をつくりあげた田中ー金丸のラインの上に政治家として歩んできた小沢氏なら、気付かないほうがどうかしているのだが。

 現代日本の不幸は、真に日本の国益を中枢に据えて行動する真の保守政党が不在であることだ。自民党内と民主党内の一部、そして無所属の議員の中にそれぞればらばらに存在しており、真の保守政治の大きな流れを作り出せていないところに深刻な問題がある。

 政党は「政治理念」よりも、「票」と「金」で動く、と見られても仕方がない。現にそのような構図になっている。

 皮肉なことに、「政治理念」を明確に掲げるのは、たとえそれが欺瞞の塊であろうとも共産党くらいなものなのだ。社民党はとっくの昔に責任政党として破綻しているので敢えて無視する。自国に向けられたミサイルを擁護するのでは最早日本の政党ではない。北朝鮮労働党日本支部と看板を架け替えるのがよいだろう。もとより共産党は「日本」の政党ではない。革命を旨とする政党である。

 自民党が官僚の骨がらみになってしまっており、「官僚内閣制」といわれるような状況の下にあることは事実だろう。しかし、それを打破しようとした安倍内閣を徹底して叩き潰したのはマスコミであり、それに乗せられた一般国民であった。

 年金問題においては、泥棒が、泥棒を捕まえられなかった警察を糾弾するというようなおかしな構図になったことは記憶に新しい。事ほど作用に、政治の汚らしい側面というには余りにも没義道なことを平気でするのだから何をかいわんや。恐るべき人間性の退廃というべきだろう。

 民主党がいかなる「顔」を選ぶのかについては、真剣に見定めなければならないが、この民主党の亡国没義道体質を変革する意志を個々の民主党議員が持つかどうか。そのためには裏方に忍び込んでいる、隠れ共産党員や、過激派を一掃することからはじめてはどうかと思われる。そんな時代錯誤な、と思う向きもあるかもしれない。しかし、政治の裏面など、人間性の醜い一面など、そう変わるものではないと同時に、現代は、その醜い一面を極限まで推し進めてしまった時代という一面が確かにあることは肝に銘じておくべきなのだ。

|

« なぜ謝る!? 麻生首相! 子供二人、義務果たした、と言って何が悪い!! | トップページ | 古風な、と言われても »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/44987850

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢辞任!:

« なぜ謝る!? 麻生首相! 子供二人、義務果たした、と言って何が悪い!! | トップページ | 古風な、と言われても »