« 日本人の慰霊の心を蹂躙する「原爆慰霊碑」の破壊を許すな! | トップページ | 野口選手の番組を見て »

2008年7月31日 (木)

竹島不法占拠を追認するうアメリカに断固抗議する!

押し込み・居直り強盗=韓国を追認するとは、アメリカはテロ支援国家か!ブッシュ大統領は、北朝鮮の核だけ
に心を奪われているのか、北朝鮮のテロ支援国家指定を解除しようとし、中国五輪へいち早く出席を決めるなど、もはや自由と民主主義の旗手の仮面をかなぐり捨てているといわざるを得ない。竹島を韓国領と追認することは、日韓の国境紛争への介入を意味する。世界のあちこちで国境線変更に介入するアメリカだから、その一環ということか。それが同盟国への仕打ちなのか、と恨み節を言っても始まらない。アメリカが、日本の領土である竹島を、韓国に売り渡したという事実だけが残るのだ。もはや、日本に残された道は、核武装しかないのか、という思いに駆られる。

盗人猛々しいという言葉が日本にはある。韓国は国を挙げてそれをやっている。北朝鮮は国民を拉致し、韓国は国土を侵した。半島との悪因縁は当分解消しそうにない。

自国を守るのは最終的には自国しかないのだ。その自分の国を強くあらしめんとする気概がなくなれば、もはや隷属の道しかなくなるのだ。

国を挙げて、竹島の強奪を既得権益化しようと躍起の韓国。方や、及び腰の日本。力のみが支配するのが国際社会の冷厳な事実であることを、今度こそ認識すべきだ。そして、力の行使を辞さない、自衛の論理を明確に打ち立てなければならない。今のように、いいようにもてあそばれる状況は一刻も早く終わりにしなければならぬ。


米委員会、帰属先「韓国」に戻す=ブッシュ大統領、竹島問題に介入7月31日8時33分配信 時事通信


 【ワシントン30日時事】米政府機関の地名委員会が竹島(韓国名・独島)の帰属先を「韓国」から「主権未定」に変更した問題で、米国家安全保障会議(NSC)のワイルダー・アジア担当上級部長は30日、「現時点では、変更には正当な根拠がない」として、帰属先を「韓国」に戻す決定が下されたことを明らかにした。
 同部長によると、地名委員会による帰属先変更に関して韓国政府が「極めて高いレベル」で米政府に接触し、見直しを要求。これを受けてブッシュ大統領がライス国務長官に再検討を指示し、帰属変更が覆された。
 地名委員会による帰属先変更は韓国で大きな問題となっており、韓国政府は8月6日にソウルで行われる米韓首脳会談で取り上げることも検討していた。ブッシュ大統領は訪韓を前にこの問題に介入、韓国に配慮を示した形だ。 

|

« 日本人の慰霊の心を蹂躙する「原爆慰霊碑」の破壊を許すな! | トップページ | 野口選手の番組を見て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/42019786

この記事へのトラックバック一覧です: 竹島不法占拠を追認するうアメリカに断固抗議する!:

« 日本人の慰霊の心を蹂躙する「原爆慰霊碑」の破壊を許すな! | トップページ | 野口選手の番組を見て »