« チベットの悲劇・日本の喜劇  (その1) | トップページ | 皇太子殿下万歳! »

2008年7月14日 (月)

断固奪還を! 竹島は日本固有の領土だ!

 福田首相は、もはや首相の資格はない。

 「立場を乗り越えてお互いの理解を」だと、馬鹿も休み休み言え。

 韓国は、国を挙げて「独島」を奪い取ることを国是とし、国民を洗脳しているのである。いわばカルトだ。

 そのカルトに対して、相互理解など、できるはずがない。

 冷静に、客観的事実を積み上げ、論争をして決着をつけるなど、日本側がいくら望んでもできるはずがない。力づくで国際舞台に引きずり出し、竹島が日本固有の領土であることを認めさせ、軍事力・警察力を引き上げさせ、無条件即時返還させるしかないのだ。

 この問題に、「中立」の立場などないし、「お互いの立場を尊重」などできるはずもない。

 拉致問題と同じである。断固奪還以外にはないのである。

 「日本固有の領土」という文言を削るなど、言語道断である。

 漁師の全国一斉ストライキが打たれるというが、海の国日本にあって、漁師を余りにもおろそかにしてきたのではないか。竹島、北方領土どちらにおいても、国民が殺され、生活を脅かされているのである。


竹島」中学校の解説書に明記、領土巡る表現は韓国に配慮

2008年7月14日(月)14時31分配信 読売新聞

 政府は14日、中学校社会科の新学習指導要領の解説書に、日本の領土である竹島の領有権を韓国が主張している問題を新たに記載することを決めた。

 当初検討していた、「我が国の固有の領土」という表現は避ける一方、「我が国と韓国の間に、竹島を巡って主張に相違があることなどにも触れ、北方領土と同じ様に、我が国の領土、領域について、理解を高めさせることも必要である」と記述することで決着した。文部科学省は同日午後、都内で開いている中央説明会で、都道府県教委の担当者に解説書を提示する。

 政府はこうした方針を、外交ルートを通じて韓国側に伝えた。記載自体の見送りを求めていた韓国政府は、抗議し、是正を求めると見られる。

 この問題では、韓国が解説書への記載に強く反対し、北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)の際の日韓首脳会談でも、李明博(イミョンバク)大統領が福田首相に懸念を伝えていた。これを受け、日本政府は14日午前も町村官房長官と銭谷文部科学次官が首相官邸で協議するなど、中央説明会と並行して調整を続け、最終的には福田首相の判断で記述を決めた。

 解説書では北方領土については、「我が国の固有の領土で、現在、ロシア連邦に不法に占拠されている」などと記述する予定だ。これに比べると、竹島問題は韓国への配慮が強く反映された表現となった。ただ、政府は北方領土と並ぶ形で竹島に触れることで、領土問題として明確に取り上げたことになると見ている。


--------------------------------------------------------------------------------

|

« チベットの悲劇・日本の喜劇  (その1) | トップページ | 皇太子殿下万歳! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/41834807

この記事へのトラックバック一覧です: 断固奪還を! 竹島は日本固有の領土だ!:

» いい加減にしてくれ竹島問題 [名古屋人伝説。税理士バッキーの日記帳]
月曜の朝から政治の話しは書きたくないが、このニュースだけは書いておこう。 中学校の社会科新学習指導要領の解説書に、「竹島」を記述することを巡って韓国が反発していた問題。 日本政府は竹島の記述を盛り込む一方、韓国への配慮から、「固有の領土」との表現を避ける方向で決着を。 簡単な話し、韓国からまたブーブ... [続きを読む]

受信: 2008年7月14日 (月) 午後 08時41分

« チベットの悲劇・日本の喜劇  (その1) | トップページ | 皇太子殿下万歳! »