« ミャンマーサイクロン、四川省大地震 | トップページ | 生命の誕生を巡る混迷~ 300日規定/産科の受難/モンスター・ハズバンド »

2008年5月14日 (水)

ミャンマーサイクロン、四川省大地震

 自然のおそろしさをまざまざと思い知らされる災害が立て続けに発生した。

 ミャンマーのサイクロンによる被害、そして中国四川省で起きた大地震である。

 共通するのは、他国の支援を受け容れない、頑なな独裁政府の存在であり、それが自然災害の被害を拡大している。

 阪神淡路大震災の時も、時の首相が自衛隊アレルギーの社会主義者であったために、救援の初動が遅れ被害を拡大したが、かの国の災害も、国民の生命・財産は二の次というお国柄が災いしている。

 救援物資が届くのか届かないのか。

 具体的な被害の現状はどうなのか。救援は本当にいらないのか。

 チベット人はじめ少数民族の被害状況はどうなのか、新華社通信の情報しか伝わってこない歯がゆい現状である。

 今、そこで本当はどうなっているのか、こんなときでさえ分からないのはなぜなのか。

 本来であれば、先ずは避難場所になるはずの学校や病院が真っ先に全壊して、子供たちや病人が犠牲になる。耐震基準は設けられても、守られないお国柄、日本でも耐震偽装問題があったが、それが常態化していたのではないか。

 今は、ひとりでも多くの助かるべき人命を救うべきときだ。

 中国共産党政府は宣伝にかまけている場合ではない。

|

« ミャンマーサイクロン、四川省大地震 | トップページ | 生命の誕生を巡る混迷~ 300日規定/産科の受難/モンスター・ハズバンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/41210071

この記事へのトラックバック一覧です: ミャンマーサイクロン、四川省大地震:

« ミャンマーサイクロン、四川省大地震 | トップページ | 生命の誕生を巡る混迷~ 300日規定/産科の受難/モンスター・ハズバンド »