« がんばれ、韓国! | トップページ | バイオこそ国の基幹産業たるべき! »

2008年2月29日 (金)

思うこと

 イージス艦あたごが漁船と接触した事故で、一番の受益者は、中国のようだ。

 殺虫剤入り餃子に対して、日本の警察が高度な科学的手法をも駆使した操作により、日本国内での混入の可能性を殆ど排除し、中国国内での混入しか考えられないというところまで追い込んでいた。

 ことは「食の安全」という基本中の基本に関ることであり、安易な妥協があってはならない分野である。

 ところが、イージス艦の事故により、ややかすれた感は否めない。まさか、中国が演出した事故ではあるまいが。

 共同通信の記者が、殺虫剤所持により拘束されたというニュースが入った。

 そのニュースにならべて、中国国内での混入の可能性はないという中国当局の発表のニュースと並べている。

 よく見れば別々のニュースだが、並べて見れば、日本の記者が混入したでっち上げ事件だった、という連想が働くようになっている。これ見よがしの情報操作だと思う。

 大体、大紀元に依るまでもなく、中国国内において既に大量の死者を出している汚染食品問題と、今回の問題が同じ一線上の問題であることは明らかである。

 中国当局が躍起になって自国の恥部を糊塗し、責任を全て他に擦り付けるのは、今に始まったことではないとはいえ、中国という文明が抱える宿阿でもあるのだ。

 ちなみに、中国という国も民族も実は存在していない、という説がある。戦前においても「中国無国論」は存在したが、あるいはそちらの方が正しいのかもしれない。中国にあるのは、様々な民族と、それを強大な権力を持って搾取する権力機構のみが存在しているのであり、この強大な権力機構は、その維持こそが存立理由であり、自己目的であるのだ。

 加工品だけでなく、中国産あるいは中国経由の食物の危うさは今に始まったことではない。また、これまではここまで危機感を実感させられたこともない。しかし、今回の騒動によって、中国の輸入品に対する信用は著しく下落したといえよう。これは中国の「国益」を害するものである。

 「国益」を守るのが国家であるなら、白を黒という位は朝飯前というのが中国という国の体質であるのである。

 どんなに明白な証拠が突きつけられても、平然と嘘をつき続けるのが中国という国の体質なのだ。こんな国とまともな付き合いが本当に出来るのだろうか。

 こんな噂もある。

 日本の農地を、中国系の会社が買い漁っているというのだ。

 ここからこんな想像が生まれる。日本の農地を中国が押さえ、中国に向けては高級ブランドの食品を送り巨利を得る。そして、中国からは汚染まみれの食料を日本に送りつける。日本人は自国の農地を奪われてしまっているため、悪いと思っても、汚染まみれの中国食品を食べざるを得なくなる。そのうち汚染されていない日本人はいなくなり、長期的に日本民族の健康は損なわれ、日本民族の亡滅をもたらす、というものだ。

 日本国内に、「草」ともいえるエージェントを多く抱えていれば、様々なことが可能となるだろう。汚染にまみれているのは食品のみではない。汚染度の最も高いものが「情報」であり、「教育」である、とも言えるかもしれないのだ。

 恐るべき嘘で塗り固められた「中国」に屈したら最後、情報の汚染によってまともな感覚が破壊されるに到るだろう。にわかに激増している家庭悲劇、親が子を殺し、子が親を殺すという無残な事件や、破廉恥な事件など、「偽」の国中国からの汚染が日本国内に拡大している証拠のようにも思われてくる。

 日本民族は、神州清潔の民と自称した。浄明正直がその根底にある。

 中国は、詐の国、偽の国である。

 日本を守るとは、日本人の文化を守ることであり、日本人の生き方を守ることである。文化は文化自体では守れない。武を否定した日本が、文化を衰滅させつつあることは正に象徴的である。

 イージス艦が、事故とはいえ、汚辱にまみれさせられている現実は、日本衰滅の象徴のように思われてならない。

|

« がんばれ、韓国! | トップページ | バイオこそ国の基幹産業たるべき! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/40307846

この記事へのトラックバック一覧です: 思うこと:

« がんばれ、韓国! | トップページ | バイオこそ国の基幹産業たるべき! »