« 外国人参政権問題  不法在留中国人の処遇は? | トップページ | 沖縄戦 ~人種差別との戦い~ »

2008年2月 6日 (水)

中国毒ギョウザ事件に思う ~これは日中文化摩擦だ~

中国共産党の支配は中国人に取っても世界にとっても未曾有の災厄であることを訴え続けてきた「大紀元」というメディアがある。

この「大紀元」が出した「九評共産党」は、そのあまりの生々しい中国共産党支配の恐怖を世界に伝えたもので、何百万人もの中国共産党員が党から逃げ出したと言われるものである。

今回の中国毒ギョウザ事件についても、詳しく報じている。

日本のマスコミが、やれ袋に穴が開いていただの、日本で混入された可能性もあるだの、中国共産党政府の代弁につとめているのとは対照的である。その日本のメディアでさえ、中国の農村で農薬の空箱がごろごろしている実態などを映し出していた。映像と解説がちぐはぐに過ぎていることも国民の不安感を誘った一因だろう。中国の肩を持つつもりが、逆に不安を煽った形になったわけだ。そこまで言いたくなる日本のマスコミだが、それでもあまりのひどさに頬かむりは出来ないでいる。少しほとぼりが醒めれば、またぞろ糊塗に走るのだろう。

しかし、今回の問題は一過性の問題でも、突発的な問題でもないのだと思われる。

中国の食品が問題になったのは、これが始めてではないのだ。世界では何百という単位で死者まで出ているケースがある。今回、日本で未だ死者が出ていないことは、中国にとっては不幸中の幸いなのだろう。しかし、本当に死者は出ていないのだろうか。

大紀元の記事を見ていただきたい。

http://jp.epochtimes.com/jp/2008/02/html/d84299.html

毒ソーセージ

毒ハム

毒串焼き

毒肉デンプ

毒犬肉

毒鶏もも

毒鴨焼

毒小麦粉

毒饅頭

毒インスタント麺

毒麺類

毒ビーフン

毒弁当

毒鍋

毒粉ミルク

毒野菜

毒もやし

毒ザーサーイ

毒食塩

毒醤油

毒酢

毒茶葉

毒白砂糖

容器入り飲用水

毒臭豆腐

毒豆腐

毒豆腐皮

毒トウガラシ

毒食用油

毒ラード

毒水産物

毒エビ

毒貝類

毒蟹

毒海藻

毒タウナギ

毒魚

毒ナマコ

有毒果物

毒桃

毒マンゴー

毒梨

毒バナナ

毒スイカ

毒ブドウ

毒柿

毒棗

毒竜眼

毒ライチ

毒蜜柑

毒リンゴ

有毒豚肉

有毒羊肉

有毒米

有毒雑穀

有毒揚げパン

有毒きくらげ

有毒酒

転記していて嫌になるが、写真と解説入りのあまりにも具体的な実例にはただ唖然とするばかりだ。

また、それらの毒食物を食べ続けた場合にどうなるかについての解説では、しびれ、吐き気、めまいにはじまり、体をぼろぼろにして最悪死に至ることが明記される。

安物買いばかりしている自分だが、ということは必ずどこかでこれらの中国食品を食べているのだと思われる。

毒ギョウザばかりが問題なのではない。


昨年夏の土用の鰻の季節にも、中国産の鰻には問題があることが発覚して、誰も買わなくなったことがあった。更にさかのぼれば、大量の残留農薬が検出された農産物が問題になったこともある。

これらは、中国に同情的な目で見れば、中国としては中国の国民に対して行っているのと同じものを輸出しているに過ぎない、という言い訳になるのかもしれない。中国ではインスタントラーメンを食べた子供が死亡した事件も最近起きている。それでも、飢え死にするよりまし、ということなのかもしれないが、それにしても製造過程を見るだけでもあまりにも食べる人の事を考えているとは考えられない。

これが、「医食同源」という言葉を創出した文明の末裔なのかと思うと、唖然とするが、中国の古きよき伝統を支えてきた郷紳を壊滅させた文化大革命の後の中国は、最早5,000年の歴史どころか、人類の文明の破壊者以外のなにものでもないのである。

日本人は、恐らく、世界でも有数の感性の鋭い国民である。

戦後の長い摩滅を経てなおそうなのだから、その潜在的ポテンシャルは計り知れない、と思う。

賞味期限の偽装だけでもあれだけの騒ぎになった。

少し前の話になるが、狂牛病の問題では、アメリカの牛肉の輸入を止めた。

アメリカも相当に不誠実だったが、中国の比ではない。

しかし、中国産の食料品は、例えば冷凍食品では2割以上に登るという現状である。このまま言えば、餓えるか、毒を喰らうか、という究極の二者択一になってしまう。

しかも、食料自給率が38%という現実は、問題が中国ばかりでなく、我が国の食料政策にあることに気付くことになる。先進諸国の中で、食料自給率100%を切っているのは、日本だけだというではないか。それも極端に。

本当に抜本的な食料安全保障に取り組まなければ、究極の二者択一は近未来の現実になるだろう。

食は生命と直結している。これをおろそかにして、一体何の政治だろうか。

|

« 外国人参政権問題  不法在留中国人の処遇は? | トップページ | 沖縄戦 ~人種差別との戦い~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/40019689

この記事へのトラックバック一覧です: 中国毒ギョウザ事件に思う ~これは日中文化摩擦だ~:

« 外国人参政権問題  不法在留中国人の処遇は? | トップページ | 沖縄戦 ~人種差別との戦い~ »