« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

思うこと

 イージス艦あたごが漁船と接触した事故で、一番の受益者は、中国のようだ。

 殺虫剤入り餃子に対して、日本の警察が高度な科学的手法をも駆使した操作により、日本国内での混入の可能性を殆ど排除し、中国国内での混入しか考えられないというところまで追い込んでいた。

 ことは「食の安全」という基本中の基本に関ることであり、安易な妥協があってはならない分野である。

 ところが、イージス艦の事故により、ややかすれた感は否めない。まさか、中国が演出した事故ではあるまいが。

 共同通信の記者が、殺虫剤所持により拘束されたというニュースが入った。

 そのニュースにならべて、中国国内での混入の可能性はないという中国当局の発表のニュースと並べている。

 よく見れば別々のニュースだが、並べて見れば、日本の記者が混入したでっち上げ事件だった、という連想が働くようになっている。これ見よがしの情報操作だと思う。

 大体、大紀元に依るまでもなく、中国国内において既に大量の死者を出している汚染食品問題と、今回の問題が同じ一線上の問題であることは明らかである。

 中国当局が躍起になって自国の恥部を糊塗し、責任を全て他に擦り付けるのは、今に始まったことではないとはいえ、中国という文明が抱える宿阿でもあるのだ。

 ちなみに、中国という国も民族も実は存在していない、という説がある。戦前においても「中国無国論」は存在したが、あるいはそちらの方が正しいのかもしれない。中国にあるのは、様々な民族と、それを強大な権力を持って搾取する権力機構のみが存在しているのであり、この強大な権力機構は、その維持こそが存立理由であり、自己目的であるのだ。

 加工品だけでなく、中国産あるいは中国経由の食物の危うさは今に始まったことではない。また、これまではここまで危機感を実感させられたこともない。しかし、今回の騒動によって、中国の輸入品に対する信用は著しく下落したといえよう。これは中国の「国益」を害するものである。

 「国益」を守るのが国家であるなら、白を黒という位は朝飯前というのが中国という国の体質であるのである。

 どんなに明白な証拠が突きつけられても、平然と嘘をつき続けるのが中国という国の体質なのだ。こんな国とまともな付き合いが本当に出来るのだろうか。

 こんな噂もある。

 日本の農地を、中国系の会社が買い漁っているというのだ。

 ここからこんな想像が生まれる。日本の農地を中国が押さえ、中国に向けては高級ブランドの食品を送り巨利を得る。そして、中国からは汚染まみれの食料を日本に送りつける。日本人は自国の農地を奪われてしまっているため、悪いと思っても、汚染まみれの中国食品を食べざるを得なくなる。そのうち汚染されていない日本人はいなくなり、長期的に日本民族の健康は損なわれ、日本民族の亡滅をもたらす、というものだ。

 日本国内に、「草」ともいえるエージェントを多く抱えていれば、様々なことが可能となるだろう。汚染にまみれているのは食品のみではない。汚染度の最も高いものが「情報」であり、「教育」である、とも言えるかもしれないのだ。

 恐るべき嘘で塗り固められた「中国」に屈したら最後、情報の汚染によってまともな感覚が破壊されるに到るだろう。にわかに激増している家庭悲劇、親が子を殺し、子が親を殺すという無残な事件や、破廉恥な事件など、「偽」の国中国からの汚染が日本国内に拡大している証拠のようにも思われてくる。

 日本民族は、神州清潔の民と自称した。浄明正直がその根底にある。

 中国は、詐の国、偽の国である。

 日本を守るとは、日本人の文化を守ることであり、日本人の生き方を守ることである。文化は文化自体では守れない。武を否定した日本が、文化を衰滅させつつあることは正に象徴的である。

 イージス艦が、事故とはいえ、汚辱にまみれさせられている現実は、日本衰滅の象徴のように思われてならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

がんばれ、韓国!

 韓国の国宝、南大門が全焼したニュースを見ました。

 日本で言えば、金閣寺か法隆寺が全焼したのと同じだと思うと、韓国の人々のショックがどれほどか、忖度されます。

 一つの国難、といえるかも知れないが、それを乗り越えていって欲しいものと思います。

 日本でも金閣寺が精神異常者の放火によって全焼したことがありました。しかし、その後再建されています。

 危機の時こそ、その国民の底力が試されます。がんばれ、韓国!とエールを送りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

沖縄戦 ~人種差別との戦い~

 「人種差別」

 この忌まわしい言葉は、完全に過去のものとなっているわけではない。

 それが、大手を振って「文明国」の間でまかり通っていた時代は、1945年、つまり20世紀前半の第二次世界大戦終了時にまでさかのぼることが出来るだろう。

 間違いなく、「文明国」の旗手を標榜するアメリカにも其れがあった。

 有名なリンドバークは、第二次世界大戦の日記の中で、アメリカやイギリス、オーストラリア軍兵士が行った日本兵に対する残虐行為、それは、マンハンティングにも近い行為であったが、の詳細を語っている。

 アメリカが、対日戦の中でしばしば用いた言葉、「イエロー・モンキー」という言葉は、かれらの歴史の中にあるインディアン絶滅への戦いに近似している。

 戦場は人間を狂気にするというが、対日戦におけるアメリカもその例外ではないのだ。

 文芸評論家の加瀬英明氏がメールマガジンで紹介していた、次の記事は、沖縄戦の語られざる真実を伝えてくれるだろう。

http://www.kase-hideaki.co.jp/magbbs/magbbs.cgi

、『ネメシス 日本との戦い 一九四四―四五年』(マックス・ヘイスティングス著、ハーパース・プレス社、ロンドン

(アメリカ軍兵士の)クリス・ドナーは、こう記録している。

『地面に十五歳か、十六歳と思われる、少女の美しい死体が横たわっていた。全裸でうつ伏せになって、両腕を大きく拡げていたが、やはり両脚を開いて、膝から曲げてあがっていた。仰向けると、少女の左乳房に銃弾が貫いていたが、何回にもわたって強姦されていた。日本兵の仕業であるはずがなかった』

しばらく後に、ドナーの分隊の何人かが、丘の上から敵によって狙撃されて、倒れた。

その直後だった。赤児を抱きしめている日本女性に、遭遇した。

兵たちが口々に、『あのビッチ(女)を撃て! ジャップ・ウーマン(女)を殺せ!』と、叫んだ。
兵がいっせいに射撃した。女は倒れたが、渾身の力を振りしぼって立ち上がると、手離した赤児のほうへ、よろめきながら進んだ。

兵たちは、さらに銃弾を浴びせた。女が動かなくなった」

アメリカ軍は戦闘中に、しばしばこのような残虐行為を働いた。こうした戦慄すべき事実は、目撃した住民によって、わが軍戦線の背後にいた住民に伝わったはずである。


 集団自決、この悲劇がなぜおきたのか。

 アメリカ軍の残虐さは、正確に知られていたのである。

 後に、アメリカ軍は、「戦術」として博愛主義者のように振舞うが、其れはまさに「文明」の名におけるジキルとハイドの一側面に過ぎないのだ。

 忘れさせられたことの中にある真実は、またも封印されようとしている。しかし頬かむりすることは問題を解決しはしないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

中国毒ギョウザ事件に思う ~これは日中文化摩擦だ~

中国共産党の支配は中国人に取っても世界にとっても未曾有の災厄であることを訴え続けてきた「大紀元」というメディアがある。

この「大紀元」が出した「九評共産党」は、そのあまりの生々しい中国共産党支配の恐怖を世界に伝えたもので、何百万人もの中国共産党員が党から逃げ出したと言われるものである。

今回の中国毒ギョウザ事件についても、詳しく報じている。

日本のマスコミが、やれ袋に穴が開いていただの、日本で混入された可能性もあるだの、中国共産党政府の代弁につとめているのとは対照的である。その日本のメディアでさえ、中国の農村で農薬の空箱がごろごろしている実態などを映し出していた。映像と解説がちぐはぐに過ぎていることも国民の不安感を誘った一因だろう。中国の肩を持つつもりが、逆に不安を煽った形になったわけだ。そこまで言いたくなる日本のマスコミだが、それでもあまりのひどさに頬かむりは出来ないでいる。少しほとぼりが醒めれば、またぞろ糊塗に走るのだろう。

しかし、今回の問題は一過性の問題でも、突発的な問題でもないのだと思われる。

中国の食品が問題になったのは、これが始めてではないのだ。世界では何百という単位で死者まで出ているケースがある。今回、日本で未だ死者が出ていないことは、中国にとっては不幸中の幸いなのだろう。しかし、本当に死者は出ていないのだろうか。

大紀元の記事を見ていただきたい。

http://jp.epochtimes.com/jp/2008/02/html/d84299.html

毒ソーセージ

毒ハム

毒串焼き

毒肉デンプ

毒犬肉

毒鶏もも

毒鴨焼

毒小麦粉

毒饅頭

毒インスタント麺

毒麺類

毒ビーフン

毒弁当

毒鍋

毒粉ミルク

毒野菜

毒もやし

毒ザーサーイ

毒食塩

毒醤油

毒酢

毒茶葉

毒白砂糖

容器入り飲用水

毒臭豆腐

毒豆腐

毒豆腐皮

毒トウガラシ

毒食用油

毒ラード

毒水産物

毒エビ

毒貝類

毒蟹

毒海藻

毒タウナギ

毒魚

毒ナマコ

有毒果物

毒桃

毒マンゴー

毒梨

毒バナナ

毒スイカ

毒ブドウ

毒柿

毒棗

毒竜眼

毒ライチ

毒蜜柑

毒リンゴ

有毒豚肉

有毒羊肉

有毒米

有毒雑穀

有毒揚げパン

有毒きくらげ

有毒酒

転記していて嫌になるが、写真と解説入りのあまりにも具体的な実例にはただ唖然とするばかりだ。

また、それらの毒食物を食べ続けた場合にどうなるかについての解説では、しびれ、吐き気、めまいにはじまり、体をぼろぼろにして最悪死に至ることが明記される。

安物買いばかりしている自分だが、ということは必ずどこかでこれらの中国食品を食べているのだと思われる。

毒ギョウザばかりが問題なのではない。


昨年夏の土用の鰻の季節にも、中国産の鰻には問題があることが発覚して、誰も買わなくなったことがあった。更にさかのぼれば、大量の残留農薬が検出された農産物が問題になったこともある。

これらは、中国に同情的な目で見れば、中国としては中国の国民に対して行っているのと同じものを輸出しているに過ぎない、という言い訳になるのかもしれない。中国ではインスタントラーメンを食べた子供が死亡した事件も最近起きている。それでも、飢え死にするよりまし、ということなのかもしれないが、それにしても製造過程を見るだけでもあまりにも食べる人の事を考えているとは考えられない。

これが、「医食同源」という言葉を創出した文明の末裔なのかと思うと、唖然とするが、中国の古きよき伝統を支えてきた郷紳を壊滅させた文化大革命の後の中国は、最早5,000年の歴史どころか、人類の文明の破壊者以外のなにものでもないのである。

日本人は、恐らく、世界でも有数の感性の鋭い国民である。

戦後の長い摩滅を経てなおそうなのだから、その潜在的ポテンシャルは計り知れない、と思う。

賞味期限の偽装だけでもあれだけの騒ぎになった。

少し前の話になるが、狂牛病の問題では、アメリカの牛肉の輸入を止めた。

アメリカも相当に不誠実だったが、中国の比ではない。

しかし、中国産の食料品は、例えば冷凍食品では2割以上に登るという現状である。このまま言えば、餓えるか、毒を喰らうか、という究極の二者択一になってしまう。

しかも、食料自給率が38%という現実は、問題が中国ばかりでなく、我が国の食料政策にあることに気付くことになる。先進諸国の中で、食料自給率100%を切っているのは、日本だけだというではないか。それも極端に。

本当に抜本的な食料安全保障に取り組まなければ、究極の二者択一は近未来の現実になるだろう。

食は生命と直結している。これをおろそかにして、一体何の政治だろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

外国人参政権問題  不法在留中国人の処遇は?

 外国人参政権問題では、当面、在日韓国・朝鮮人の問題がクローズアップされるし、またそれが問題の焦点でもある。

 しかしながら、ここ数十年で激増している不法在留中国人の存在が不気味に浮かび上がってくる。

 一説には百万を下らないというその人口圧力は、かつて周辺国を侵略したやり方そのものではないか、という気がするのである。

 何れは消えていく在日韓国・朝鮮人と違い、不法在留中国人は、決して日本に同化することはないだろう。余りにも文化が違いすぎるからである。世界中どこに行こうがチャイナタウンを形成してきた中国人の文化的閉鎖性が、その可能性を一層予感させるのである。

 不法在留中国人を強制退去させるための費用がどれほどになるのか。また、人が有り余っている中国が受入れを拒否するという話もある。本当なら、彼らをどうすればよいのか。

 人権弾圧超大国の中国では、人命などなにほどのものでもない。歴史上一貫してそうなのだから仕方がない。そして、共産党独裁によってその悪弊は極限に達しているのである。法輪功への無残な弾圧など、極端すぎて何をか言わんや。

 不法在留外国人が、世界一といわれた日本の治安を不安に陥れるようになっている。外国人犯罪で最も多いのは中国人だといわれている。また、その手口はとても普通の日本人が想像も出来ない残虐で極端なものであり、異文化間の犯罪捜査が難航を極めるのも無理はない。中国に帰れば公開処刑にされる事件を起こしても、日本では仮令つかまっても、優雅な留置所で、人権配慮がなされるのだから。舐めきられているのである。

 この連中に、参政権が与えられるということになったら、どうなるだろうか。日本の独立自体が危うくなる。

 中国は仮令一億人を国外流出させても痛くもかゆくもないお国柄だ。玄界灘の荒波が守ってくれた時代は過ぎているのである。中国海軍の軍備増強により、東シナ海もいつ大時化になるか分からない。

 外国人参政権問題は、既に安全保障の問題なのである。国の独立を危うくする。独立を失うということは、独自の生き方が許されなくなるということである。あの中国の民衆の悲惨が、日本の現実にならないとも限らないのである。また、彼らの桁外れの大虐殺の歴史に、新たな1ページを付け加えることになりかねない。

 中国人による、日本人への虐殺行為は、近代史の中で枚挙に暇がない。そのむごたらしさは、形容に耐えない。その虐殺の文化を投影したのが、かの南京「虐殺」だが、かれらの空想は、かれらの文化の中にあるものに過ぎない。中国人の、中国人による、中国人への残虐行為の歴史を、これ以上周辺に撒き散らされないようにしなければならない。

 普通なら、隣国の経済発展は歓迎すべきことだろう。しかし、中国の場合は、周辺への飽くなき併呑慾を感じさせるものである。

 毒入り餃子など、かの国では別に珍しいことでもないのだろう。ダンボール饅頭事件なども記憶に新しいところだ。食糧安保上も、日本は中国産と決別すべきなのだ。

 別に敵対せよというのではない。しかし、異常な隣人とは適度な距離を保ちつつ、必要最小限の付き合いにとどめる必要があるのではないか。

 余りに無邪気な日本の中国礼賛は、文字通りの餌食にされるだけだというのは、中国の歴史が物語っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国家の器を破壊する外国人参政権の問題

 外国人参政権付与問題、言い換えれば、在日韓国・朝鮮人への参政権の付与を認めるか認めないか、という問題だが、以下の数字を見ながら考えてみたい。

         帰化申請者数   うち韓国・朝鮮籍の者  不許可者数
 平成14年 1万3344人         9188人        107人
    15年 1万5666人      1万1778人        150人
    16年 1万6790人      1万1031人        148人
    17年 1万4666人         9689人        166人
    18年 1万5340人         8531人        255人

 毎年、1万数千人の「日本人」が誕生しているわけだが、そのほとんどが在日韓国・朝鮮人であることが分かる。しかも、申請者の中で不可となる割合は1~2%程度であり、事実上、帰化を望めば帰化できるということである。

 それでも、43万人もいるという在日韓国・朝鮮人が帰化せずに世代を重ねてきている。既にハングルも話ない、日本人と全く変わらない若い世代が増えているという。

 帰化しなくても、日本人とほとんど変わらない権利を享受できるのだから、民族のアイデンティティを守るという高度な理念的な理由をもたなくても、問題はないのだ。以下の項目を見れば、わざわざ帰化する必要のないことが分かる。

 〈日本国籍を有する者との差異無き取扱い例〉(20頁)
・国民健康保険
・国民年金制度
・義務教育に関する児童就学通知
・義務教育の無償
・各種公務員としての就業の道(鄭大均氏は東京都の公務員)
・医師、歯科医師、弁護士、税理士資格の取得
 
 〈唯一の差異〉
・選挙権
・被選挙権
 政治的権利を除くと、在日韓国人は日本人とほぼ同様の社会権を享受している。制
度的差別はほとんどない。(鄭大均著 「在日韓国人の終焉」  文藝春秋)

 つまり、「参政権」(選挙権、被選挙権)は、唯一残された日本国籍所有者との違いを解消するものだということである。これを認めれば、事実上、帰化する必要は無くなる。在日韓国・朝鮮人は、地理上の概念で韓国と朝鮮に分かれているわけではない。どちらに所属するかは、各人の選択による。そして、国籍が韓国あるいは北朝鮮にあるということは、かの地での参政権も保持しているということでもある。これは、当然のことながら、日本国籍取得者には存在しない権利であり、在日韓国・朝鮮人にのみ保持する(日本人から見れば)特権である。

 更に、在日でいつづけることによって日常得られる「特権」が枚挙に暇が無いほど存在する。

  〈 在日特権〉
《 在日が帰国・帰化しない理由 「在日特権」 》
[地方税] 固定資産税の減免
[特別区] 民税・都民税の非課税
[特別区] 軽自動車税の減免
[年 金] 国民年金保険料の免除
      心身障害者扶養年金掛金の減免
[都営住宅] 共益費の免除住宅
      入居保証金の減免または徴収猶予
[水 道] 基本料金の免除
[下水道] 基本料金の免除
      水洗便所設備助成金の交付
[放 送] 放送受信料の免除
[交 通] 都営交通無料乗車券の交付 JR通勤定期券の割引
[清 掃] ごみ容器の無料貸与
      廃棄物処理手数料の免除
[衛 生] 保健所使用料・手数料の滅免
[教 育] 都立高等学校
      高等専門学校の授業料の免除
[通名]   なんと、公式書類にまで使える。( 会社登記、免許証、健康保険
証など )
     民族系の金融機関に偽名で口座設立→犯罪、脱税し放題。
     職業不定の在日タレントも無敵。
     凶悪犯罪者の1/3は在日なのに実名では報道されない。
[生活保護] 家族の人数 × 4万円 + 家賃5万円 在日コリアンは、ほ
ぼ無条件で貰えます。
     日本人は孤児だろうと病気だろうと、絶対に貰えない。
     予算枠の大半を、人口比率1%未満に過ぎない在日が独占。
        ニートは問題になっても、この特例は問題視されない。
[住民票]「外国人登録原票」は通常、一般人では閲覧できない。
      ( 日本人の場合、債権関係の係争で住民票を閲覧される )

「生活保護予算の大半は在日だけの特権保護費」


 これだけの「特権」を保持していれば、「在日」であることは、日本においては文字通りの「特権階級」ということになる。これだけの「特権」を放棄してまで、帰化することはない、と、欲得づくで考えれば考えられないことはない。

 しかし、それでも毎年1万人前後の在日韓国・朝鮮人が日本に帰化しているのである。

 人間、自分の足で立てる力があれば自分の足で立って歩くことが誇りでもある。在日特権に甘んぜず、韓民族系日本人として、日本人として生きる選択をした人々を、日本を支える同胞として迎えるにやぶさかではない。日本人であることを「選択」するということは、生来の日本人にはできない経験であり、日本及び日本人とは何かということについて自覚的に考える機会を恐らくはより多く持つ人々であると思われる。

 43万人の在日特権階級は、手厚い保護を続けても結局は歴史の中で解消していかざるを得ない存在である。

 北朝鮮系の狂信的な反日教育がまだ継続されているとすれば、日本のみならず彼らにとって不幸なことであるが、北朝鮮系は、外国人参政権付与に反対している。民族意識が希薄化する、という理由らしいが、帰化の流れを止めるためには、参政権さえあれば唯一残された不利が解消するのだから、帰化する理由が無くなるという風に考えられるのではないかと思われるが、そういう意味で在韓民団の運動は、自己保存本能といえなくもない。

 日本においては、選挙の投票率を見れば分かるように、参政権は余りありがたい権利であるとは思われていない。それは、日本が余りにも幸福な国だからである。

 投票率が100%という北朝鮮は、国民が幸福な国であるとは今は誰も思うまい。かつては「地上の楽園」と思った人々もいたかもしれないが。大体全体主義国家は100%が好きである。

 日本人は政治家だだめだだめだというが、それでも桁外れの途方もない行い、例えば何万人もの国民を虐殺するというような、を行う政治家が出てくるなど、想像だにしていない。だから、参政権行使がここまでいい加減になるのである。

 しかし、もう少し真面目に考える必要がある時代に突入しているのではなかろうか。

 在日参政権付与は国家の器を壊す愚挙である。これに加担する政治家は、国民を虐殺する政治家に匹敵する。それによって増加する票を当て込んでいるとすれば正に党利党略のために国と国民を売るもの、とするしかない。

 そうした政治家の存在を許しているのは不まじめな国民である。

 北朝鮮系の在日参政権が実現すれば、拉致問題に取り組む政治家への攻撃は一層熾烈さを増すだろう。北朝鮮の弾道ミサイル・核開発を礼賛する議員が当選する可能性だって、ないとはいえない。

 韓国系の在日参政権が実現すれば、竹島は韓国領であり、日本海は東海だ、と叫ぶ日本の議員が出現する可能性だってあるのである。友好に名を借りて、天文学的な税金を、賠償その他の名目でつぎ込む政治家が、今以上に出てくるだろう。(今でもあることが恐ろしいのではあるが)

 参政権とは、自分の国の進路を自分たちで決める権利である。本質的に外国人に付与されるべきものではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »