« 安倍首相を袋叩きにするマスコミ・与野党の愚かさ | トップページ | 刈薦の乱れ行く世を如何にせむ »

2007年9月12日 (水)

安倍首相退陣!

 やおらニュースが入り、安倍首相退陣表明。

 先ほど、午後2時から総理の記者会見。

 所信表明演説を昨日されたばかりで、これからというときになぜ、という思いは正直拭えない。

 しかし、「国民の信頼」を形に出来なかったことが残念でならない。

 昨年、安倍内閣の誕生にいたる経過の中で、中国が自民党総裁選に干渉するということがあった。議員会館などを舞台にした徹底したロビー活動が席巻し、中国の意向を迎えるものを首相にすえようというもくろみであった。

 結果として、まだかろうじて良識の生きていた自民党においてそれは阻止され、中国が最も警戒し恐れた安倍首相が誕生した。

 そして、次々と打ち出す安倍首相の外交戦略は、確実に利いていたのである。

 私は、グラックス兄弟のことを思い出した。

 大国カルタゴとの3回に渡る戦いに勝利した共和制ローマが、本質的な行き詰まりに突き当たり、誰もそれに気付きさえしない段階から、果敢に構造改革に挑戦し、そして敗北した二人の指導者のことである。

 安倍総理が打ち出した「戦後レジームからの脱却」という改革は、それを為し遂げなければ国が滅びてしまいかねない重大な改革である。しかし、その意味、価値に気付く国民はまだまだ少数派であり、戦後体制の迷夢から醒めない、あるいはそこから甘い汁を吸い続けて、これからもすい続けようという人々が、安倍総理に逆襲したのである。

 グラックス兄弟は一敗地にまみれたが、その改革は継承されることになる。

 安倍総理の退陣も、同じようにその政治理念は、指導者が誰であっても継承せざるを得ないものであるのだ。

 しかし、日本を滅ぼしたい人々が内外に溢れかえっている現在、これからの日本の没落、凋落は、免れないようにも思える。

 民主党に期待できるものは何もない。

 安倍総理を支えることも出来なかった自民党にも期待できない。

 ではどうするのか。

|

« 安倍首相を袋叩きにするマスコミ・与野党の愚かさ | トップページ | 刈薦の乱れ行く世を如何にせむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/16424171

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相退陣!:

« 安倍首相を袋叩きにするマスコミ・与野党の愚かさ | トップページ | 刈薦の乱れ行く世を如何にせむ »