« 対話路線が破綻したことを故意にか忘れているとしか思えない福田氏 | トップページ | 福田新政権の誕生の意味するもの »

2007年9月18日 (火)

北朝鮮がどういう国かまるで理解していない、官僚のばかさ加減

拉致対策本部職員宅に空き巣=被害者家族の個人情報も被害-千葉(時事通信)

 内閣官房拉致問題対策本部の男性職員の自宅が空き巣の被害に遭い、拉致被害者家族の個人情報などが入ったパソコンを盗まれていたことが18日、分かった。男性職員は内規に違反して、職場から自宅のパソコンにメールで情報を転送していた。
 同本部事務局によると、千葉県松戸市内の男性職員の自宅に先月29日、空き巣が入り、私用パソコンなどを盗まれた。パソコンには事務局員のほか、家族会や「救う会」関係者の電話番号などが入っていたといい、職員は県警松戸署に被害届を出した。 

************************************
何考えてるんだ。
平和ボケもいい加減にしろ。
拉致対策本部の職員には緊張感の欠片もないのか。

単なる空き巣被害であるものか。北朝鮮の工作員にとって、この程度のことは朝飯前だろうが。

この緩み、末期症状としか言いようがない。

これは「戦争」なんだ。中途半端なことをやっていれば、必ずやられるぞ。

|

« 対話路線が破綻したことを故意にか忘れているとしか思えない福田氏 | トップページ | 福田新政権の誕生の意味するもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/16489507

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮がどういう国かまるで理解していない、官僚のばかさ加減:

« 対話路線が破綻したことを故意にか忘れているとしか思えない福田氏 | トップページ | 福田新政権の誕生の意味するもの »