« アフガンで拉致された韓国人が解放というニュースを聞いて | トップページ | 安倍首相退陣! »

2007年9月10日 (月)

安倍首相を袋叩きにするマスコミ・与野党の愚かさ

 参議院選挙において、大きく後退した与党であるが、安倍首相は続投を宣言し、「戦後レジーム脱却」への覚悟を改めて表明した。

 マスコミによる、異様な安倍たたき。

 とにもかくにもあらを見つけ出して、安倍政権を瓦解させようとするその姿は、ストーカーまがいの執拗さである。

 安倍政権を叩き潰そうとする、強烈な意志が感じられる。

 安倍政権が無能であり、仕事が出来ない内閣であったなら、このようなことにはなっていなかったであろう。

 「戦後レジームからの脱却」を、是が非でも潰したい勢力。「戦後レジーム」をバックボーンとする勢力が、マスコミにも、政官界にも巣食っているのである。それが、一気に野合して安倍潰しにかかった。

 小沢民主党は、安倍つぶしのためならば、白を黒といい、政争の具にしてはならない年金や安全保障までを利用している。「国益」なり「公」という理念が彼にあるならば決してやらないことばかりである。

 安倍政権がやってきたことを、マスコミは一切評価しない。

 「教育基本法」の改正

 防衛庁の省昇格

 憲法改正の手続法たる「国民投票法」の成立

 教育再生3法の成立

 公務員改革法の成立

 価値観外交の推進

 拉致被害者救出のための経済制裁の発動

 これだけ仕事をした内閣はそうそうない。

 それを一切論評もせずに、ただ「政治とカネ」の問題だ、「大臣の事務所費」だと、重箱の隅を突くような情けないことばかりを報道して、安倍政権を貶めることだけに汲々としているのである。

 こんなバカなことがまかり通っているのだ。

 私は、最後まで、安倍首相の「戦後レジームからの脱却」「美しい国づくり」の路線を支持する。

 国の指導者は「生活が第一」と言っていれば済むようなものではない。

 国の存立なくして、民生の安定など有り得ないではないか。そして、安倍政権は、この国の存立のために多くの布石を打ち、懸命に取り組んできた政権である。

 安倍首相を、腹の底から応援する。安倍政権が一日生き延びることは、日本の国家としての基盤整備が一日進むことに他ならない。

 坂本竜馬の如く、たとえ溝に倒れて死ぬとしても、前のめりになって死ぬ。それが、後に続くものを奮起させるのだ。満身創痍の安倍政権だが、しかし、安倍路線を確実に受け止めている国民も決して少なくないということもまた、選挙結果では示されているのである。 

|

« アフガンで拉致された韓国人が解放というニュースを聞いて | トップページ | 安倍首相退陣! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/16408330

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相を袋叩きにするマスコミ・与野党の愚かさ:

« アフガンで拉致された韓国人が解放というニュースを聞いて | トップページ | 安倍首相退陣! »