« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月26日 (水)

キリスト教・イスラム教に見る不寛容の構造の意味

 「回想 アーロン収容所」(会田雄次著)を再読した。

 この間、「アーロン収容所」を読了したことで、もう一度読み通してみたくなったのである。

 色々な感想が浮かび、はたまた「アーロン収容所」という映画を夢想してみたりもした。充分映画になる内容を備えている。ただし、相当の覚悟は必要だが。

 さて、この本の最後の方に、総括的な文章が書かれている。「ビルマ人というもの」という文章の中の一節である。

 「それにしてもビルマ人の感情と思想を支配しているのがキリスト教でも回教でもなく小乗仏教であったことも幸いした。」

 ここで言う「感情と思想を支配」という表現は面白い。宗教の力は、まさに「感情と思想」を「支配」するように働くのだろう。

 そして、続けて次のようにキリスト教やイスラム教の特質について分析を加えている。

 「キリスト教、回教、この二つの宗教の恐ろしさは、人間の即物的、本能的な生き方を否定し、完全に観念からのみ構築された一つの巨大な理念に従って生きるように、すべての人を強制するところにある。」

 この指摘は、同様な「強制」を行う「近代主義」にもそこから派生する「左翼的」なものにも通底するように思われる。

 「とりわけこの理念に従うものは絶対善、従わぬものは絶対悪とする思考を強制したところにある。それは必然的に人を憎むことを教える結果となった。」

 これは、「観念的」な生き方を強制する全てのイデオロギーに共通するもののように思われてくる。そしてこの生き方に慣れてしまうと、中身の観念は入れ替え自由で、その時々に流行する観念を次々と代入して世を渡るということにもなりそうである。共産主義の母国ソ連が崩壊した時に、それに殉じて命を捧げたものが殆どいなかったことにつながり、極めて不気味な現代人の魂の空白を表わしているようにも思われる。

 「より正確にいうと自己の憎悪を絶対善とする思考を教え、それを論理づける方法を教えた。もちろん人は相互に憎み合い、時には殺し合う。しかし、この教えに「毒されぬ」限り人は自分の憎悪を絶対善とは思えぬものだ。残虐行為はあるにしても、本能的恣意的なものだった。憎悪に徹することを正義とし救済とする宗教が人の心を変え、人間の憎悪は自然の歯止めを失い、その信者たる人間は憎悪に生きる正義の神となる。」

 一神教の歴史に著しい、行動パターンの説明として、実に簡潔かつ的確なものと思える。更に、

 「ルネサンス人がモーゼ、イエス、マホメットを世界の三悪人と呼んだ所以である。今日ならそれにマルクス、レーニンが加えられるだろう。」

 とする指摘には、共産主義が、世界の歴史の中でも異例なほど人を殺したこと、それも彼等の正義の名の下に、それをやりぬいたことへの言及がある。

 ちなみに、これほど日本の伝統思想と掛け離れたものはないのであり、共産主義に対して本能的な怖気を感じた昭和初期の日本人の感覚は正常だったといわなければならないと思われる。

 この脅威が、決して過去のものでないところに、恐ろしさがあるのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福田新政権の誕生の意味するもの

 自民党総裁選が、マスコミの圧倒的な世論誘導や、派閥の露骨な干渉にも拘らず、福田圧勝にならなかったことは一体何を意味するのであろうか。

 国会議員票   福田 254票  対  麻生 132票
 地方票      福田  76票  対  麻生  65票
 合計       福田 330票  対  麻生 197票

 また、党員選挙を行った県連の得票合計を見ると僅かに麻生氏が上回っていたという。

 安倍路線の継承をより前面に打ち出していたのは麻生氏である。特に地方において、安倍路線の継承が支持されていることを示したといえるだろう。

 また、麻生氏の善戦は、派閥主導のかつての自民党は最早過去のものになりつつあることを、証明したともいえる。

 衆参両院において別々の人物が首班指名されるということも、特に珍しいということではないようである。参議院における与野党逆転の現在、当然のことでもある。

 福田首相が、殆どの閣僚を継承したことは、政府のブレを最小限にするための最善の策だろうと思われる。ただ、文部科学大臣が、幹事長への起用のためとはいえ変わる数少ないポストになったことは、教育改革を念願として進めてきた安倍路線の変更を図るものなのか否か懸念されるところではある。

 改正教育基本法の浸透・徹底のために、教育再生3法に続いて更なる指導力が必要であることは言うまでもない。

 政権担当能力があるかないかの証明を、民主党は国民に見せなければならない。スローガンとしての「政権交代」をいくら叫んで見ても、国家の根本にかかわる基本政策においての基本的な合意もなされていない状態では、万年野党的な批判勢力としては存在を許されるとしても、政権を担当させることは出来ないだろう。政権選択選挙でない参議院選挙で「圧勝」の飴玉をなめさせられたからといって、このままいい気でいるならば、来るべき衆議院選挙を勝ち抜くことは出来ないであろう。

 マスコミは、無責任に政局を煽るようなことに血道を上げるべきでは、もとよりない。安倍潰しに成功した勝ちさびで、福田圧勝を演出しようとした仕掛けが、もくろんだような圧勝に終わらなかったことを思うべきであろう。マスコミの使命は、自己保身ではない。

 いわゆる保守派は、安倍潰しに加担したことをどう総括するのだろうか。安倍首相のみを孤軍奮闘させ、無責任な行き当たりばったりの印象批評のみを事とし、支えようともしなかった体たらくは、時の政権批判さえしていれば格好がつくと思っている万年野党の連中と全く変わらない。そのことを自覚しない限り、いわゆる保守派の明日はないだろう。

 福田政権は、安倍首相が切り拓いた戦後レジームからの脱却の流れを促進するのか、逆行させるのか。はたまた棚上げにするのか。注視していきたいところである。この極めて難しい政局の中での舵取りを迫られる福田首相が、国家の危機を如何に乗り越えようとするのか。注視していきたいところである。

 そして、真正保守の流れを更に推し進めるならば、それに対しては支援し、棹差すのならば徹底的な批判をしなければならないだろう。戦後レジームからの脱却は、必ず為し遂げられなければならない流れである。今後いかなる政権が誕生しようとも、その筋道を明確にすることによって是々非々で望むべきなのだと思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

北朝鮮がどういう国かまるで理解していない、官僚のばかさ加減

拉致対策本部職員宅に空き巣=被害者家族の個人情報も被害-千葉(時事通信)

 内閣官房拉致問題対策本部の男性職員の自宅が空き巣の被害に遭い、拉致被害者家族の個人情報などが入ったパソコンを盗まれていたことが18日、分かった。男性職員は内規に違反して、職場から自宅のパソコンにメールで情報を転送していた。
 同本部事務局によると、千葉県松戸市内の男性職員の自宅に先月29日、空き巣が入り、私用パソコンなどを盗まれた。パソコンには事務局員のほか、家族会や「救う会」関係者の電話番号などが入っていたといい、職員は県警松戸署に被害届を出した。 

************************************
何考えてるんだ。
平和ボケもいい加減にしろ。
拉致対策本部の職員には緊張感の欠片もないのか。

単なる空き巣被害であるものか。北朝鮮の工作員にとって、この程度のことは朝飯前だろうが。

この緩み、末期症状としか言いようがない。

これは「戦争」なんだ。中途半端なことをやっていれば、必ずやられるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

対話路線が破綻したことを故意にか忘れているとしか思えない福田氏

 拉致問題の解決は「私の手で」とぶったらしい、福田康夫氏(71)だが、あなたは今まで、拉致解決のために何かやったことがあるのですか?と問いたい。

 腰の引けた対話路線を延々と続けて、北朝鮮に舐められ続けてきた過去の屈辱を、日本国民は忘れてないゾ!

 麻生氏(66)が、「圧力なくして対話が成り立ったことは一度もない!」と喝破したのが正しい。

 言わないよりは言ったがましとはいえ、リップサービスはもう要りません。安倍政権が行ってきた対北政策を緩和しようものなら、またぞろ足元を見られて吹っかけられるのが落ちだ。拉致解決は福田の手では出来そうもない。

 マスコミは露骨に福田支持であり、世論誘導と見まがうばかりの報道で溢れ返っている。

 私は、個人的な恨みは勿論持っていないが、福田氏が靖国神社を否定する「国立追悼施設」建設の推進者だったことを忘れてはいない。

 年齢からして最後のチャンスと踏んでの出馬なのかもしれないが、それにしても「オレはどっちでもいいんだが、皆が言うなら」みたいな斜に構えた姿勢で、未曾有の危機に対処できるのか。民主党と馴れ合いで「話し合い解散」とかに持ち込もうというのか。

 政治家の粒が小さくなって久しいが、どうにも上っ面だけの印象が拭えないのは悲惨としかいいようがない。

 政局だけが生き甲斐の政界のブルドック、小沢のにやけ顔が見えるではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

塩野七生「ローマ人の物語~終わりのはじまり~」(文庫版上中下)を読んで

 「すべての道はローマに通ずる」(上下)に続く本編である。

 上記はこれまでローマ帝国の歴史を語ってきて随所に見られたローマ人のインフラストラクチャの整備に関する熱意と、その具体的な実現について語っている。

 ローマ人は社会的な経済基盤についての整備に対し、他民族に見られない周到かつ持続的な熱意を持っていた。ところが、それを総合して示す「インフラストラクチャ」という言葉は遂に持たなかったというのである。

 言葉がないことが実態がないということではないことを示しているが、ローマ人は、人間が人間らしく暮らすための環境整備について、その言葉通りの意味で認識していたのであり、後世の我々がどのように概念整理をしようがそんなことには関係なく自分たちの文明を生きていたのだといえば足りるのだろう。

 面白かったのがローマ街道についてである。現在の高速道路よろしく、どこに”サービスエリア”があるのかを示すアイテムまであったというのである。ローマ文明が益々身近に感じられるところである。

 さて、アントニヌス・ピウス帝の治世、次期皇帝に指名されたマルクス・アウレリウスだが、実際に皇帝に就任するには22年の歳月があった。ローマの皇帝で、皇帝たることを約束されてからこれほど長期間にわたる「準備期間」を与えられたものは他にないだろう。

 ハドリアヌス帝が帝国全土を巡遊して、ローマ帝国のシステム整備を行ったことにより、アントニヌス・ピウス帝はその治世においてローマを出ることなく全土を支配することが出来た、幸運な皇帝でもあった。

 しかし、そのローマ帝国が最も機能したこの時期に、次の時代を見通す見識もなく過したことが、マルクス・アウレリウス帝の治世を苦難に満ちたものにしたのである。

 ローマ帝国というシステムは絶えずメンテナンスされてはじめて十全の機能を発揮するという意味で、精密機械にも似ている。トップに立つものは絶えず舵取りに気を配り、適切な手を打つことが要求されるのである。トップがその能力を欠いたとき、混乱を招来し多大な犠牲が払われることになる。

 何故、マルクス・アウレリウス帝の治世を「終わりのはじまり」としたのか。それは、蛮族の侵入のパターンが一変したことによる。民族大移動と称される北方民族の動きがはじまったのである。ローマ人の知らなかったゲルマン諸族が歴史の舞台に登場する。それらの部族に圧迫された既知のゲルマン民族がローマ領内に雪崩れ込む。この構図が始めて現実のものとなったのである。ローマ本国内にまで突入される事態が生じる。また、東方オリエントの大国パルティアがローマの同盟国であるアルメニア王を挿げ替える事件が起こる。その一方で、パルティア内部のペルシャ勢が勢いを増し、後にローマに完全に敵対するササン朝ペルシャの胎動が始まっている。

 ローマを取り巻く諸情勢が一変しつつある中、ローマ領内においてキリスト教徒が少しづつではあるが浸透してゆくのである。

 マルクス・アウレリウス帝がゲルマン戦線において戦役途上に病没し、その後を息子のコモドウス帝が継ぐ。しかし実の姉による暗殺未遂事件により、皇帝としての職務遂行の意志を全く喪失してしまい、最後には暗殺されるのだが、ローマはまたぞろ内乱の危機を迎えるのである。

 ローマの皇帝の最大の責務は、辺境の防衛にある。インペラトゥールという言葉自体が最高指揮官を示す言葉である。よってローマ皇帝は軍事的最高指導者としての責務を負う。またローマ軍団からの支持に支えられているのである。内乱が、軍団ごとに推戴する「皇帝」によって進むのはそのような構造からである。

 内乱は、いかなるものでもその組織の力を著しく消耗する。有望な人材の多くが内乱の渦中で抹殺されてしまうからである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月14日 (金)

朝日の目論見、中国のホクソエミ

 自民党総裁選、事実上の麻生、福田の一騎打ち。

 朝日は民主党政権を狙っていると思いきや、実は、福田政権を狙っているという噂は聞いていたが、正にその筋書き通りになっているようだ。

 そして、その裏では、中国がホクソエンでいる。

 ああ、故福田元総理は、アセアン諸国からの絶大なる信頼を勝ち得ていたが、その息子たる福田氏は如何に。かつて、アジアで中国に次ぐ巨大な共産党があったインドネシアでは、アイジットによるクーデターによりあわや共産主義化されるところだった。その裏には中国の影があったのは言うまでもない。スハルトによって阻止されたこの共産革命未遂により、中国への警戒感はいやがうえにも高まった。

 中国の覇権のくびきの下には置かれたくないといっても、同じアジア通であっても中国に加担する福田JRでは、東南アジアにとって失望の種でしかないだろう。

 安倍首相の打ち出した「価値観外交」、自由、民主、人権、法の支配。この価値観を共有する国家との関係を中軸にすえるという方向性は継承されるのか否か。

 更には、参議院のねじれ現象に対する克服の方策は?

 日米同盟を主軸とする安全保障体制を脱却して、中国を盟主とする新しい「大東亜共栄圏」に擦り寄るのか?

 北朝鮮の核・拉致問題をどう解決していくのか?

 総裁選で争われるべき争点は多い。

 何れも「朝日」の影が濃い。

 戦後レジームの後には更に強化された戦後レジームが居座るのか。

 いずれにせよ、単なる数合わせの政争ではなく、きちんとした理念・政策の論争のある総裁選にしてもらいたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

民意は「拉致」問題解決、「教育改革」の推進を認めている!

 安倍首相の退陣表明から一夜明けた。

 既に次の自民党総裁選に向けての動きが始まっているという。

 安倍首相を支持する側にも、反対する側にも意外な退陣表明に、何故今という思いが巷に満ちていることは否めないだろう。

 マスコミにしても、安倍を退陣に追い込むためになりふりかまわぬストーカー報道を粘着的に行ってきたのだから、その「成果」が今出たと喜べばよいのに、辞めたら辞めたでまた批判する。全くの出鱈目である。

 この退陣劇が一体後世からどのように評価されるであろうか。今はまだ渦中にあって事の全容が分かるわけではない。多くの陰謀が渦巻いているようにも思われる。尤も政界にはいつでも何らかの思惑による陰謀が渦巻いているところだとはいえるかも知れないのだが。

 問題は、安倍内閣だからこそ推進することが出来た幾つかの重大な政策について、監視の目を緩めないことだと思われる。

 第一には当然のことながら、拉致問題が挙げられるだろう。

 北朝鮮への経済制裁の継続、北朝鮮船舶の入港禁止、人、モノ、金の移動への監視、制限など、北朝鮮を掣肘してきたこれらの政策は継続して実行されなければならない。

 拉致被害者の無条件全員救出こそが日本の国是であることの再確認。

 政治の空白の合間をぬってこの網が破られることのないようにしなければならない。

 第二は勿論「教育改革」である。

 既に、新しい教育基本法は成立した。そして、それを実現するための教育再生3法も成立した。

 教育再生のための流れを止めてはならない。安倍内閣は恐らく憲政史上未曾有の「教育重視」内閣である。

 小泉首相は、就任当時「米百表」の精神を強調したが、実際には教育問題には冷淡であった。米百表の精神とは、目先の事は我慢してでも教育を強化し、将来に望みを繋げる精神のことである。

 次世代の育成。劣化した教育による弊害から脱却するには少なくとも10年を一単位とする位の覚悟で取り組まねばならない。本来政治状況に左右されるようであってはならないのである。

 教育再生路線はすすめられなければならない。日教組などの反動勢力の復活などあってはならないことなのである。民主党の支持母体のひとつに自治労・日教組ら反動勢力があることを見誤ってはならない。民主党が真に政権を担おうというならば、この点に対するけじめをきっちりつける必要がある。

 他にも多々あるが、上記の2点は、安倍路線の中核でもあり、先の参議院選挙でも、上記の政策を掲げた候補は通っている。中山、義家がそれである。民意を言うならこれが民意である。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

刈薦の乱れ行く世を如何にせむ

饒舌と偏執と非寛容。

戦後レジームの逆襲。

55体制の亡霊。

安倍首相は「本物」であり、それがために、アンシャンレジームたる戦後レジーム派から総攻撃を喰らった。

戦後レジーム派とは、もちろん、社民・共産的なものもあるが、かつてのばらまき政治なども同じ穴の狢である。

その詳細を分析するだけの力は持ち合わせていないが、戦後62年の間に戦後レジームの中で生きてきた国民にはもはやそれを相対化するだけの力がなくなってしまっている。

これからしばらくは、混沌が続くのだろう。

おそるべき禍事が今まで以上に次々と起こるだろう。

うれしがらせとごまかし。国民精神の麻痺は瀕死の状態にまで近づく。

しかし、必ず回天の時は至る。

すめかみの ちかひおきたる くになれば ただしきみちの いかでたゆべき

吉田松陰が残した歌である。

きはまれば またよみがへる みちありて いのちはてなし なにかなげかむ

川出麻須美の遺歌である。

ますらをの かなしきいのち つみかさね つみかさねまもる やまとしまねを

三井甲之の歌である。

最後には、必ず良くなる、というのが、日本思想の極意である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安倍首相退陣!

 やおらニュースが入り、安倍首相退陣表明。

 先ほど、午後2時から総理の記者会見。

 所信表明演説を昨日されたばかりで、これからというときになぜ、という思いは正直拭えない。

 しかし、「国民の信頼」を形に出来なかったことが残念でならない。

 昨年、安倍内閣の誕生にいたる経過の中で、中国が自民党総裁選に干渉するということがあった。議員会館などを舞台にした徹底したロビー活動が席巻し、中国の意向を迎えるものを首相にすえようというもくろみであった。

 結果として、まだかろうじて良識の生きていた自民党においてそれは阻止され、中国が最も警戒し恐れた安倍首相が誕生した。

 そして、次々と打ち出す安倍首相の外交戦略は、確実に利いていたのである。

 私は、グラックス兄弟のことを思い出した。

 大国カルタゴとの3回に渡る戦いに勝利した共和制ローマが、本質的な行き詰まりに突き当たり、誰もそれに気付きさえしない段階から、果敢に構造改革に挑戦し、そして敗北した二人の指導者のことである。

 安倍総理が打ち出した「戦後レジームからの脱却」という改革は、それを為し遂げなければ国が滅びてしまいかねない重大な改革である。しかし、その意味、価値に気付く国民はまだまだ少数派であり、戦後体制の迷夢から醒めない、あるいはそこから甘い汁を吸い続けて、これからもすい続けようという人々が、安倍総理に逆襲したのである。

 グラックス兄弟は一敗地にまみれたが、その改革は継承されることになる。

 安倍総理の退陣も、同じようにその政治理念は、指導者が誰であっても継承せざるを得ないものであるのだ。

 しかし、日本を滅ぼしたい人々が内外に溢れかえっている現在、これからの日本の没落、凋落は、免れないようにも思える。

 民主党に期待できるものは何もない。

 安倍総理を支えることも出来なかった自民党にも期待できない。

 ではどうするのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

安倍首相を袋叩きにするマスコミ・与野党の愚かさ

 参議院選挙において、大きく後退した与党であるが、安倍首相は続投を宣言し、「戦後レジーム脱却」への覚悟を改めて表明した。

 マスコミによる、異様な安倍たたき。

 とにもかくにもあらを見つけ出して、安倍政権を瓦解させようとするその姿は、ストーカーまがいの執拗さである。

 安倍政権を叩き潰そうとする、強烈な意志が感じられる。

 安倍政権が無能であり、仕事が出来ない内閣であったなら、このようなことにはなっていなかったであろう。

 「戦後レジームからの脱却」を、是が非でも潰したい勢力。「戦後レジーム」をバックボーンとする勢力が、マスコミにも、政官界にも巣食っているのである。それが、一気に野合して安倍潰しにかかった。

 小沢民主党は、安倍つぶしのためならば、白を黒といい、政争の具にしてはならない年金や安全保障までを利用している。「国益」なり「公」という理念が彼にあるならば決してやらないことばかりである。

 安倍政権がやってきたことを、マスコミは一切評価しない。

 「教育基本法」の改正

 防衛庁の省昇格

 憲法改正の手続法たる「国民投票法」の成立

 教育再生3法の成立

 公務員改革法の成立

 価値観外交の推進

 拉致被害者救出のための経済制裁の発動

 これだけ仕事をした内閣はそうそうない。

 それを一切論評もせずに、ただ「政治とカネ」の問題だ、「大臣の事務所費」だと、重箱の隅を突くような情けないことばかりを報道して、安倍政権を貶めることだけに汲々としているのである。

 こんなバカなことがまかり通っているのだ。

 私は、最後まで、安倍首相の「戦後レジームからの脱却」「美しい国づくり」の路線を支持する。

 国の指導者は「生活が第一」と言っていれば済むようなものではない。

 国の存立なくして、民生の安定など有り得ないではないか。そして、安倍政権は、この国の存立のために多くの布石を打ち、懸命に取り組んできた政権である。

 安倍首相を、腹の底から応援する。安倍政権が一日生き延びることは、日本の国家としての基盤整備が一日進むことに他ならない。

 坂本竜馬の如く、たとえ溝に倒れて死ぬとしても、前のめりになって死ぬ。それが、後に続くものを奮起させるのだ。満身創痍の安倍政権だが、しかし、安倍路線を確実に受け止めている国民も決して少なくないということもまた、選挙結果では示されているのである。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »