« 自公連立への愛想尽かしという側面 | トップページ | 安倍首相は、8・15、靖国神社に参拝すべし »

2007年8月 6日 (月)

救いようのない

 書き始めたら腹が立つので、腹いせにもう少し書く。

 自民党が大敗した。

 民主党に一度政権を譲ればいい。どうせまとまらないでまた直ぐ自民党に戻ってくるに決まっている。

 こんなことを言う人がいる。

 言葉は汚いが、「ばかか」といいたい。

 ローマ人ではないが、「勝って譲る」ならまだしも、大敗しているということが頭にない。相手の混乱をあてにする。相手を見くびるのもいい加減にした方がよい。

 安倍首相が取るべき道は、これまで以上に、政治理念を推し進めることだ。民主党がそう簡単に内部で議論がまとまらないような、国家の基本原則について押すべきだ。

 これには、民主党が、政権を担うことが出来るのかの試金石にもなる。

 もし、ずるずると政権を明け渡すようなことがあれば、もはや二度と自民党に政権は戻ってこない。野党に落ちた時のなりふりかまわぬ狼狽を忘れたわけではあるまい。どのような手を使っても、もはや政権を握ることは不可能なほど、あの落ちぶれはてた社民党のようになるのが落ちだ。

 今が肝心であり、自民党が次の時代も責任政党として、少なくともその一つとして存続して国家への貢献を継続して行きたいというのであれば、政権選択を問うものでない参議院選挙で負けた位で政権を渡すべきでないことは余りにも自明のことである。

 安倍首相が政権を投げ出したとして、一体誰が自民党をまとめるのか。参議院の逆転状況は誰がやっても変わらない。混乱が続くだけだ。

 安倍首相は、続投することで、正面突破して道を切り開く以外にないのだし、それは自民党自体がそうなのだ。

 戦う政治家と自認する安倍首相は、さすがに逃げは打たない。

|

« 自公連立への愛想尽かしという側面 | トップページ | 安倍首相は、8・15、靖国神社に参拝すべし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/16030982

この記事へのトラックバック一覧です: 救いようのない:

« 自公連立への愛想尽かしという側面 | トップページ | 安倍首相は、8・15、靖国神社に参拝すべし »