« ニュースジャパンにえとうせいいち | トップページ | 「社会保険庁監視等委員会」会長にJR東海会長の葛西氏就任 »

2007年7月24日 (火)

またぞろテロの時代か

自民党への逆風が強まっているという。

しかし、これは「逆風」なのだろうか。

自民党の候補を狙った暴行沙汰が起こり、遊説中の安倍首相に物が投げつけられるという事件が起こっている。

長崎市長選で、現職候補が殺されたことは記憶に新しいが、またぞろテロの時代が始まろうとしているのだろうか。

昭和初期と違うのは、狙うほうがまったく不真面目というか基地外ということだ。まだ理念なりイデオロギーのあった戦前の方がまじめだったといえよう。

マスコミに煽られて、単なるムードや気分だけでトンでもないことをやらかしてしまう輩がいる。

あるいは、これは低強度「テロ」なのかも知れない。こんな下らない「敵意」の表現でも、度重なれば一つのムードを作り出す。

戦後60年の間に劣化が進んだ日本人を、元に戻すには気の遠くなるような努力が必要なのだろう。

そのためにも、安倍内閣を退陣させるわけにはいかない。

|

« ニュースジャパンにえとうせいいち | トップページ | 「社会保険庁監視等委員会」会長にJR東海会長の葛西氏就任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/15859976

この記事へのトラックバック一覧です: またぞろテロの時代か:

« ニュースジャパンにえとうせいいち | トップページ | 「社会保険庁監視等委員会」会長にJR東海会長の葛西氏就任 »