« 初代防衛大臣、「原爆・しょうがない」発言で失脚  ~では、元長崎市長の「確信」発言はどうなの?~ | トップページ | ニュースジャパンにえとうせいいち »

2007年7月 4日 (水)

「原爆投下」正当性を主張する米特使

原爆投下の正当性、米核不拡散担当特使が強調
7月4日  読売新聞

 【ワシントン=大塚隆一】米国のロバート・ジョゼフ核不拡散担当特使(前国務次官)は3日、国務省で行った記者会見で、広島、長崎への原爆投下について、「さらに何百万人もの日本人が命を落としたであろう戦争を終わらせたという点に大半の歴史家は同意すると思う」と述べ、改めて正当性を強調した。
 原子力平和利用分野における米露協力に関する記者会見で、「原爆投下は技術の非常に無責任な利用だったと思う」と指摘されたのに反論した。
(以上、引用)

 久間防衛大臣が「原爆投下はしょうがなかった」と発言して、辞任に追い込まれた直後である。

 アメリカ政府の責任者が、改めて「原爆投下」の正当化を行ったことは当然対応しているものと思われる。

 原爆投下の正当化の理由としてアメリカが主張してきたのは、上記のように、何百万の日本人の生命ではなく、あと100万のアメリカ兵の生命のことであった。

 原爆投下がなくても日本の降伏は時間の問題だった、との原爆不要論がアメリカの研究者の間では広く支持されるに至っている。またそれは事実であったろう。

 原爆投下決断を巡っては、現代でも解明されない部分があるという。鳥居民氏の労作「原爆を投下するまで日本を降伏させるな」は、日本人の常識にするべき内容を多く含んでいる。

 「原爆投下8時15分の謎」(諏訪澄氏著)も、多くの示唆を与えてくれるものである。


 世界最長とされる同盟関係である日本とアメリカ、しかしその直前まで死闘を繰り返し、あまつさえ原爆投下という人類史上未曾有の惨禍をもたらした国と、落とされた国との間の関係であると思うと、感慨無きを得ない。

 アメリカはなぜ、戦後日本を同盟国として庇護の下においたのか。

 冷戦が始まり、東側陣営に日本を奪われないため、ということが一つの説明としてなされてきた。

 しかしそれだけではあるまい。


 共産主義国が世界の平和に取って脅威であることは、何も第二次世界大戦後に始まったことではない。
 むしろ、共産主義の脅威に気付き、対峙してきたのが日本であったという事実に眼を向けるべきである。日本が何と戦ってきたのか、アメリカは理解しなかった。そして本来敵とすべきでなかった日本を敵とし、全面戦争を戦い、原爆まで使用して捻じ伏せたが、その結果、日本が対峙してきたものをそっくりそのまま受け継がねばならないという羽目になった。

 アメリカの大戦略のミスである。

 「米ソのアジア戦略と大東亜戦争」(椛島有三氏著)という著書がある。
 
 その結論部分で、アメリカが対ソ封じ込め戦略を提唱したジョージ・ケナンの言葉を引用して、上記のことを明かしている。

 今、日米離間を最も望む国がどこであるかは、誰でも判ることだ。中国であり、北朝鮮である。

 対米工作が浸透し、本来の敵を味方とし、味方を敵とする錯誤を再び犯すならば、それは両国にとっての最大の悲劇を招来することになるだろう。

 それにしても「原爆投下」を巡る歴史の整理は明確にしていく必要があるだろう。それでも、国と国との関係の中で、互いに容認し得ない部分が残ることは間違いない。その緊張に耐えていくことが重要なのであると思われる。 

|

« 初代防衛大臣、「原爆・しょうがない」発言で失脚  ~では、元長崎市長の「確信」発言はどうなの?~ | トップページ | ニュースジャパンにえとうせいいち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/15649524

この記事へのトラックバック一覧です: 「原爆投下」正当性を主張する米特使:

« 初代防衛大臣、「原爆・しょうがない」発言で失脚  ~では、元長崎市長の「確信」発言はどうなの?~ | トップページ | ニュースジャパンにえとうせいいち »