« 株主総会ラッシュの報道を聴いて | トップページ | 「原爆投下」正当性を主張する米特使 »

2007年7月 4日 (水)

初代防衛大臣、「原爆・しょうがない」発言で失脚  ~では、元長崎市長の「確信」発言はどうなの?~

 久間防衛大臣が、千葉県柏市で講演した際、「原爆が落とされた長崎は悲惨な目にあったが、あれで戦争が終ったんだという頭の整理で、しょうがないと思っている」と述べたことが、「アメリカの原爆投下はしょうがない」と発言したと喧伝されて、足早に辞任にまで追い込まれてしまった。

 広島、長崎の「こころ」に配慮して、というよりも、参議院選が近いが故に、ということだ。

 如何なる意味においても「原爆投下」は許容できるものではない。非戦闘員を標的にした大量破壊兵器が使用された世界で最初の例であり、最後としなければならない事件である。

 久間氏は続けて、「米国を恨むつもりはない。勝ち戦と分かっている時に原爆まで使う必要があったのかという思いは今でもしているが、そういうことも選択肢としてはあり得るということも頭に入れながら考えなければいけない」と述べている。

 辞任会見では、「私が講演で不用意に発言した「しょうがない」という言葉が、原爆投下を是認したかのように報道された。これまで原爆投下は断じてあってはならないと繰り返し言ってきたが、「しょうがない」という言葉を言ったことは事実であり、不用意な発言だったと反省している。被爆者の心情を思うと大変、申し訳ない。参院選で私が足を引っ張るようなことばあっては大変、申し訳ないという気持ちになり、安倍晋三首相の姿勢にマイナスにならないよう、身を引く決意をした。」と述べている。

 大臣としては余りにも不用意で見識不足な発言だったとしかいいようがないが、口癖とは恐ろしいものである。

 しかし、単なる失言ではなく、確信犯として、積極的な「原爆投下肯定論」を述べた人物がいたことは余り知られていない。

 元・長崎市長の本島等氏である。昭和天皇の戦争責任発言で右翼に銃撃されたことだけが有名だが、この人物の対日憎悪は筋金入りといった感じがある。

 この本島氏による、「広島よ、おごるなかれ」という論文は、平成九年、広島平和教育研究所の紀要「広島平和教育研究」第24巻に書かれた。

 原爆投下されて「当然」だ、とする広島の「罪状」を、本島氏が書いたところを摘記してみる。

(以下、引用)

2、なぜ原爆は投下されたのか なぜ原爆投下は、喜ばれたのか

一、日本の最重要軍事基地、広島
 明治初年、徴兵令の公布と陸海軍の創設はその後の広島の街を規定するものであった。
 広島は、陸軍第五師団がおかれ、明治政府は大陸への軍事的進出が国策となって、チリ的に大陸との交通至便の広島を軍事上の重要拠点とした。
 そのため、練兵場をはじめ陸軍の運輸、被服、食料、病院、監獄、陸軍幼年学校など重要軍事施設が市域の広大な部分を占めるにいたった。また、広島港(宇品)は軍事輸送基地として大陸への出兵など重要な役割を果たすことになった。また、各種の軍需工場は、歩兵銃、大砲、弾薬、機械、タービン、造船などを生産した。
 日中戦争後半は陸軍船舶司令部ができ、船舶兵団、船舶歩兵団がおかれた。
 特に陸軍第五師団(広島、山口、島根)は日清戦争、日露戦争、北清事変、日中戦争、太平洋戦争で常に先頭に立って戦った。
 青島出兵、シベリア出兵、満州事変、シンガポール占領など敵に大きな打撃を与えた。広島は大型爆弾の投下を待つ状態になった。東京、大阪、名古屋をはじめ全国の中小都市まで空襲で瓦礫の山だったから。
 広島は強制疎開が行われ、学童疎開も実施された。広島市にB29三百機が来襲する想定のもとに、各河川に筏を設けて避難の便に供し、浮袋二十万人分を市民に配布し、舟艇を河川要所に配備し、罹災の折の食料の準備、火たきの整備、消防ポンプの増強、バケツ操法の訓練など。
 広島は日清戦争では、大本営ができ、明治天皇は対清作戦の指揮をとい、帝国議会の仮議事堂が開かれ、広島は臨時首都であった。(2)
 日中戦争、太平洋戦争を通じて、宇品港から中国大陸や南方に輸送される軍隊を見送った広島市民の「万歳万歳」の歓声は地面が揺れ動くようだった。
 日の丸の小旗をちぎれるようにうちふって軍隊の出撃に熱狂的に歓声の声をあびせた。としより、主婦、娘さん、中学生、女学生、学童こそ、数年のちの「被爆者」たちだった。(3)
 一九四一年(昭和一六年)一二月八日、広島第五師団は、「マレーの虎」陸軍中将山下奉文を軍司令官とする第二五軍の基幹師団として、近衛、第十八師団と共に、マレー半島のシンゴラに上陸し、ジョホールバル占領、ブキテマ高地を奪いシンガポールを占領、十三万人の捕虜を虐待し、六千人~数万人を虐殺した。第五師団は凶暴なる殺人軍団であった。また広島の誇り、郷土のほまれだった。広島の若者、若い父親たちだった。
 シンガポールの陥落は、全国小学生の「日の丸」行進、夜は全国提灯行列でわいた。(4)
 昭和二十年六月国民義勇兵役法が制定され、男子一五歳から六〇歳まで、女子一七歳から四〇歳まで義勇兵役に服することになり、各種婦人会、大政翼賛会、勤労報国隊、警防団、隣組、町内会などで、まさに広島は戦争指導者と戦争協力者(小学生も含む)だけであった。
 また、日本本土の防衛を二分して東京に第一総軍、広島に第二総軍の司令部がおかれ、広島は本土決戦の枢軸となった。
 昭和二十年六月、広島市はそれ自体一個の巨大な軍事施設と化していた。
 最重要軍事基地が最大の爆弾攻撃を受けるのは当然であった。

(略)

 三、原爆投下 ― アメリカの声明

 アメリカ空軍機は日本の最重要軍事基地広島に原子爆弾を投下した。爆弾の威力はNTT高性能爆弾二万トン以上の威力がある。日本軍は開戦にあたりパール・ハーバーを空襲したが、いまや何十倍もの報復を受けたのである。太陽の熱源が極東を戦禍の巷とした者を絶滅するために解放されたのである。(6)

四、世界は、広島の原爆投下を喜んだ
(1)戦後フランスで最も活動的な作家、ボーヴォワールの『レ・マンダラン』(一九五四)に作者とサルトルとカミュが登場する。
  三人は南フランスを旅行中、新聞を買った。巨大な見出しで「米軍ヒロシマに原子爆弾を投下す」
  日本は疑いもなく間もなく降伏するだろう。大戦の終わりだ・・・各新聞には大きな喜びの言葉を重ねていた。しかし三人はいずれもただ、恐怖と悲惨の感情しか感じなかった。
  「ドイツの都会だったら、白人種の上にだったら、彼らも敢えてなし得たかどうか疑問だね。黄色人種だからね。彼らは黄色人種を忌み嫌っているんだ」このようにフランスの新聞にとっては原爆投下は大きな喜びであった。(7)

(2)シンガポールのセントサ島の「ワックス(ロウ人形)博物館」の、第二次世界大戦コーナーでは、広島の原爆雲と焼け野原の市街地の写真が展示されている。
  それも、上下は天井から床まで、横幅はその二倍ほどの大きさで。それは、他の展示物に比べて、ひときわ大きいものである。また、他の展示物が戦時下のマレー半島とシンガポールのことばかりであるのにくらべて異質なものである。なぜ、広島の原爆投下が強調されるのか。
  一九四二年二月一五日シンガポールは陥落し、三年八カ月、日本軍に占領された。日本軍は華僑の抗日組織を探すために、シンガポールの華僑約二〇万人を集めた。検問する憲兵も、各部隊から集められた補助憲兵も中国語も英語も満足に話せなかった。当然の結果として、検問は、おおよそでたらめなものだった。日本側は戦犯法廷で華僑六〇〇〇人を虐殺したといっているが、現地では数万人が虐殺されたといわれている。
 シンガポールの人びとにとって、広島の原爆は日本の敗北を決定づけ、自分たちを死の苦しみから解放してくれた「神の救い」であったことを意味している。(8)
(以上、引用終わり)

この切り貼りのもととなった資料については、ご丁寧にも本島氏は隠さずに紹介している。

(1)ワシントンポスト東京特派員東郷茂彦「太平洋戦争は終わっていない」文芸春秋1996年9月特別号
(2) 新修廣島市史1巻 537~565ページ
(3) 伊藤昭彦 原子野の「ヨブ記」径書房 172ページ
(4) 橋本佐内、国民学校1年生 新日本出版社
(5) クリストファー・ソーン、太平洋戦争とは何だったのか。1989 草思社 17ページ 150ページ 159ページ
(6) 小倉豊文 ノーモア・ヒロシマ 風涛社 33ページ
(7) ボーヴォワール著『レ・マンダラン』1981 人文書院 349ページ
(8) 高嶋伸欣 旅しよう東南アジアへ 岩波ブックレット NO.99
(9) 方励之 自選集その1
(10)姫田光義 三光作戦とは何だったか 岩波ブックレット
(11)日本は中国に何をしたの 映画『侵略』上映委員会
(12)峠三吉 原爆詩集
(13)姫田光義 三光作戦とは何だったか 岩波ブックレット

 「原爆投下が喜ばれた」には恐れ入るが、一瞥して明らかなのは、岩波ブックレットなど、左翼運動パンフレットのオンパレードである。これが、「原爆投下」肯定論の確信を導き出した背景であることは、銘記しておいてよい。

 更に凄まじい呪詛が続くこの文章をこれ以上引用するに耐えないが、これが、戦後の「反戦平和」運動が行き着いた先であることは、考えておくべきことである。

 これに比べたら、久間氏の発言などは問題にもならないだろう。

 防衛大臣の更迭にいたる背景には、戦後の「反戦平和」運動の背後に広がる荒漠たる頽廃があるといえる。

|

« 株主総会ラッシュの報道を聴いて | トップページ | 「原爆投下」正当性を主張する米特使 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/15648655

この記事へのトラックバック一覧です: 初代防衛大臣、「原爆・しょうがない」発言で失脚  ~では、元長崎市長の「確信」発言はどうなの?~:

« 株主総会ラッシュの報道を聴いて | トップページ | 「原爆投下」正当性を主張する米特使 »