« マニフェスト 自民党の「宙に浮いた改憲」・民主党「消えた改憲」・社共「改憲つぶし」が指摘され、参院選大詰め | トップページ | アメリカ下院の迷走 ~濡れ衣を着せられた日本~ »

2007年7月30日 (月)

岐路となった参議院選挙~安倍内閣続投を強く願いつつ~

 民主党の歴史的大勝となったこの度の参議院選挙だが、私の応援していたえとうせいいちさんは何とか比例当選を果たすことが出来た。

 自民党支持者の4分の1が民主党に流れたことが自民大敗の大きな原因であることは誰の眼にも明らかだろう。

 年金問題を煽って、高齢者を不安に落としいれ、不満の捌け口を全て自民党に向けた民主党の戦略勝ちというところだろうか。

 しかし、投票率が殆ど上がっていないことから考えれば、いわゆる無党派層の風が吹いたわけでもない。

 大体、何度でも繰り返すが、年金問題を惹起した最大の原因である社会保険庁に巣食っていた自治労である。その支持を受けている民主党が大勝したということは、笑いが止まらない思いだろう。

 日本の政治改革の最大のガンは官公労である。既得権益を守るためになりふりかまわず、肉を切らせて骨を断つ戦術が効を奏したともいえるだろう。

 民主党支持者で、活動家でもあるある知人が、年金問題は、政権与党の管理責任問題だ、といっていた。
 だから、責任を取ろうと必死で対策に取り組んでいるのであって、批判のための批判を繰り返す野党とは違う。 年金問題を政争の具にしてはならない、ということは、中西輝政教授が指摘していたが、ある意味、民主党は禁じ手を使ったということが出来る。

 安倍首相には如何に政権運営が困難であっても頑張っていただきたい。幸い、現在であれば、参議院で野党が如何にごねようとも、衆議院でひっくり返せるだけの議席はある。

 参議院選挙の後遺症は長く響く。しかし、安倍首相が掲げる3年後の憲法改正発議についていえば、決して後退したわけではない。社民・共産の退潮は一層すすみ、9条ネットの惨敗と、護憲派が最後の砦と頼む9条ももはや頼むに足らないことがはっきりした。

 これからの大きな問題の一つは、民主党内に巣食う(それは、議員だけの問題ではない)、戦後レジームである。戦後レジームは自民党の中にも巣食う。自己変革が問われているのは変わらない。

 政界再々編が起こるのか、起こるとすればどのような流れで起こるのか。あるいは起していくのか。

 憲法改正に向けて、やるべきことは多い。

 えとうせいいちさん、よろしくお願いします。

 安倍総理、頑張れ!安倍総理の掲げた政治理念は決して敗北していない。

 無理念の政局の政治家、小沢にしてやられたに過ぎない。勿論、負けは負けだ。

 年金問題で通った民主党の参議院議員は年金問題が解決したら一体何をするつもりだろうか。任期は6年あるのだ。

 小泉がぶっ壊した自民党から、新しい自民党を生み出すのは安倍総理だ。そのためにも、脇を固めて欲しいものだ。


 

|

« マニフェスト 自民党の「宙に浮いた改憲」・民主党「消えた改憲」・社共「改憲つぶし」が指摘され、参院選大詰め | トップページ | アメリカ下院の迷走 ~濡れ衣を着せられた日本~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/15944792

この記事へのトラックバック一覧です: 岐路となった参議院選挙~安倍内閣続投を強く願いつつ~:

» 参院選での民主圧勝で人権擁護法案再提出に黄信号? [なめ猫♪]
 昨日は開票立会人で8時から12時近くまで開票所にいましたが、民主が熊本や宮崎など保守地盤の強い1人区で当確を出したと伝わっていました。およそ予想されていたことですが、自民党が大幅に議席を減らしました。  衛藤せい... [続きを読む]

受信: 2007年7月31日 (火) 午後 11時13分

« マニフェスト 自民党の「宙に浮いた改憲」・民主党「消えた改憲」・社共「改憲つぶし」が指摘され、参院選大詰め | トップページ | アメリカ下院の迷走 ~濡れ衣を着せられた日本~ »