« 本当に嬉しい!平沼赳夫衆議院議員の政治活動への復帰! | トップページ | 赤ちゃんポスト 3歳男児が »

2007年5月13日 (日)

憲法改正・国民投票法案が参議院委員会を通過!速やかな成立を!

 60年間もサボタージュする国会とは一体何者なのであろうか。

 憲法96条の改正条項の具体的手続きを定める「国民投票法案」が、ようやく参議院委員会を通過し、週明けの14日、本会議で成立する見通しとなった。

 憲法を守ろうという連中が、憲法の規定を具体化するための法案に反対する構図というのが今回散見された。

 憲法9条で「戦力不保持」が規定されているのに、陸海空の自衛隊が存在するということ、昔はこの「矛盾」を正面から突いて、「反自衛隊運動」をやり、自衛隊員の子弟に対して、徹底的な差別を行っていたが、最近はどうなのだろう。

 文芸評論家の佐伯彰一氏が、かつて「憲法カルティスト」という絶妙な表現を使われたが、「憲法カルト」の教義の中枢が「憲法9条」であり、最近は、このカルト・サークルが各地に結成されて蠢いている。気味の悪さは、オウム以上だ。

 憲法カルトのご都合主義が、はしなくも表れた今回の「国民投票」法案を巡る動きである。

 具体的な手続き法がなくても、憲法は守られたと思っているおめでたい連中である。

 同じ(無)法感覚が、彼らが忌み嫌う「自衛隊」を憲法の私生児として認知せしめていることに、気付かないのだ。

 平和主義も結構だが、本当に平和を守る決意があるなら、憲法9条の中でも非現実的であり、それがために国民精神を大きく損なっている2項を削除することが、重要なのではないのか。平和主義は損なわれず、平和を守る軍隊としての自衛隊の存在を明記すればよい。

 憲法9条を写経したり題目のように唱えたりする、憲法カルティストの不気味な所業は、常識ある国民の乖離を招くだけだと思うが、それはそれで別に悪いことではない。

|

« 本当に嬉しい!平沼赳夫衆議院議員の政治活動への復帰! | トップページ | 赤ちゃんポスト 3歳男児が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/15054329

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法改正・国民投票法案が参議院委員会を通過!速やかな成立を!:

« 本当に嬉しい!平沼赳夫衆議院議員の政治活動への復帰! | トップページ | 赤ちゃんポスト 3歳男児が »