« 昭和天皇をお偲び申し上げて | トップページ | 自民党は党として自殺しようとしているのか ~衛藤晟一(えとうせいいち)氏への仕打ち~ »

2007年4月17日 (火)

「300日規定」見直し論議のおろかさ

民法772条にある「嫡出推定」条項が問題化している。

第七百七十二条  妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。
2  婚姻の成立の日から二百日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から三百日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。

 極めて当たり前の話であり、婚姻中に、夫以外の男性と性交渉を持たないことを前提として成立している条文である。一つの家庭が成り立つ上で、必須の条件の一つであり、その枠組みを定めた法といえる。

 現在、与党PTが検討している案というのは、婚姻中に他の男性との間で懐胎した子供が、その男性の子と認められないという現行法の運用を、一定の条件を課して認めるというものである。

 法的に親子関係を覆すことが出来るのは、原則父のみであることが、以下の条文で決められている。

 (父を定めることを目的とする訴え)
第七百七十三条  第七百三十三条第一項の規定に違反して再婚をした女が出産した場合において、前条の規定によりその子の父を定めることができないときは、裁判所が、これを定める。

(嫡出の否認)
第七百七十四条  第七百七十二条の場合において、夫は、子が嫡出であることを否認することができる。

(嫡出否認の訴え)
第七百七十五条  前条の規定による否認権は、子又は親権を行う母に対する嫡出否認の訴えによって行う。親権を行う母がないときは、家庭裁判所は、特別代理人を選任しなければならない。

(嫡出の承認)
第七百七十六条  夫は、子の出生後において、その嫡出であることを承認したときは、その否認権を失う。

(嫡出否認の訴えの出訴期間)
第七百七十七条  嫡出否認の訴えは、夫が子の出生を知った時から一年以内に提起しなければならない。

第七百七十八条  夫が成年被後見人であるときは、前条の期間は、後見開始の審判の取消しがあった後夫が子の出生を知った時から起算する。

 普通に考えれば、夫から 「俺の子じゃない」と言われたら妻は途方に暮れるだろうが、このように言う権利は父親には担保されている。母親は原則的に自分の子を自分の子ではない、とは言えない。問題になるのは父親である。婚姻関係が重要なのは、父親を特定して、安定して社会的な認知を受けるということが大きい。

 その安定性を、自ら覆すようなことを仕出かした上で、その権利を認めろというのが、今回の論議であり基本的な婚姻のあり方、家族の安定性まで関る問題であると思われる。

 血縁は重要なファクターであり、生物学的な血のつながりというものは人間存在の根底にまで結びつく。しかし、人間は、家族という一定の秩序の中で安定して存在しており、血のつながりの関係もそこで安定するのである。むき出しの生物学的な関係だけを抽出して、それのみを重視して親子関係を特定するというのは、家族制度としては難しい問題をはらんでいるといえる。

 その女性の倫理の問題にもなってくる。倫理的な要素が問われない議論は極めて浅薄なものになってしまうのである。

 結局、「不倫」が、背徳行為であるという認識を著しく脆弱にしてきた戦後の風俗の婀娜花であり、それを助長するような法改正はすべきでないと思われる。

 「貞操など古い」「何で男は言われずに女ばかり言われるのか」という俗耳に入りやすい抗議が予想されるが、下らないことである。このような女性を堕落の道に引き摺り下ろすような議論が、あたかも正論であるかのようにまかり通ってきたところに、様々な問題が生まれているのであって、このような議論になんら耳を貸す必要はないのである。

|

« 昭和天皇をお偲び申し上げて | トップページ | 自民党は党として自殺しようとしているのか ~衛藤晟一(えとうせいいち)氏への仕打ち~ »

コメント

個人的には、平等に男にも300日規定(日数は産婦人科的判断である程度減らしても良いと思うが)をもうければいいと思う。

投稿: なおちん | 2009年11月10日 (火) 午前 08時17分

古いエントリなので今さらなんですけどcoldsweats01
「300日規定」の検索で上位に来てたので、一応コメント残しますね。
早産のケースについても併せて記載されたほうがいいのでは?と思ったので。
おおざっぱに言うと、排卵から最短140日程度の出産でも命が助かる場合があるんですよ。
(↑ちなみにこのケースは2007年5月21日以降受理されることになりました。)
法律は実情と合わなくなってしまいましたけど、医学の進歩は素晴らしいですねshine

ちなみに不貞の件に関してはわたしも救済する必要はないと思いますけど、
奥さんに浮気された旦那さんが自分の子じゃない子を自分の戸籍に書き込まれるケースを考えると、そっちは救済してあげたい気がしますねsweat02
次の相手との再婚に響いたりしたらかわいそうですもん。

投稿: ともみ | 2008年11月26日 (水) 午前 01時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/14715726

この記事へのトラックバック一覧です: 「300日規定」見直し論議のおろかさ:

« 昭和天皇をお偲び申し上げて | トップページ | 自民党は党として自殺しようとしているのか ~衛藤晟一(えとうせいいち)氏への仕打ち~ »