« 国旗国歌訴訟と日教組の終焉~「君が代伴奏拒否訴訟」・最高裁判決~ | トップページ | 許すまじ、小泉前首相「皇室は最後の抵抗勢力」発言! »

2007年3月 1日 (木)

「君が代伴奏拒否訴訟判決」要旨

【多数意見要旨】

 (1)原告は、「君が代」が過去の日本のアジア侵略と結びついており、公然と歌ったり伴奏したりすることはできないなどの思想及び良心の自由を有すると主張するが、このような考えは、原告の歴史観ないし世界観 及びこれに由来する社会生活上の信念等ということができる。
 国歌斉唱の際のピアノ伴奏を拒否することは、原告にとっては歴史観ないし世界観に基づく一つの選択ではあろうが、一般的にこれと不可分に結び付くということはできず、ピアノ伴奏を求める職務見例が、直ちに原告の歴史観ないし世界観を否定するものとは認めることはできない。

(2)公立小学校における儀式的行事で広く行われていた国歌斉唱に際し、職務命令は、伴奏を銘じるもので、原告に対して、特定の思想を強要したり、禁止したりするものではなく、特定の思想の有無について告白することを強要するものでもなく、児童に対して一方的な思想や理念を教え込むことを強制するものとみることもできない。

(3)憲法15条2項は、「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」と定めている。学校教育法などに基づく小学校学習指導要領は、「入学式や卒業式では、国旗を掲揚するとともに、国歌を斉唱するよう指導するものとする」と定め、入学式で音楽教諭によるピアノ伴奏で国歌斉唱を行うことは、趣旨にかなう。職務命令が、目的及び内容において不合理ということはできない。

(4)以上の点から、本件職務命令は、原告の思想及び良心の自由を侵すものとして憲法19条に反するとはいえない。

【個別意見要旨】
〈那須弘平裁判官の補足意見〉

 入学式におけるピアノ伴奏は、「思想及び良心」の問題に深くかかわる内面性を持つと同時に、参列者の国歌斉唱を補助し誘導するという外部性をも有する。このような両面性を持った王位が、「思想及び良心の自由」を理由に、学校行事から事実上排除されたり、各教師の裁量にゆだねられたりすれば、学校教育の均質性や学校の秩序を維持する上で深刻な問題を引き起こしかねない。
 前記のような両面性をもった行為についても、学校単位での統一性を重視し、校長の裁量による統一的な意思決定に服させることも「思想及び良心の自由」との関係で許されると解する。指示を受けた教諭が任意に伴奏を行わない場合に職務命令によって職務上の義務として行わせることも、憲法上許される。思想・良心の自由を理由に職務命令を拒否することを許していては、職場の秩序が保持できないばかりか、子供の教育上の諸権利を害することになる。
 入学式での国歌斉唱を行うことが組織として決定された後は、原告もこれに協力する義務を負うに至ったというべきであり、本件職務命令はこの義務を更に明確に表明した措置であって、これを違憲、違法とする理由は見出しがたい。

(以上)

 なお、藤田宙靖裁判官は反対意見を述べているが、ここには紹介しない。次の衆議院選挙の際には是非とも「最高裁判官国民審査」で×をつけ、おやめいただこう。最高裁判所が「良識の府」として機能し続けるために。

|

« 国旗国歌訴訟と日教組の終焉~「君が代伴奏拒否訴訟」・最高裁判決~ | トップページ | 許すまじ、小泉前首相「皇室は最後の抵抗勢力」発言! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/14093153

この記事へのトラックバック一覧です: 「君が代伴奏拒否訴訟判決」要旨:

« 国旗国歌訴訟と日教組の終焉~「君が代伴奏拒否訴訟」・最高裁判決~ | トップページ | 許すまじ、小泉前首相「皇室は最後の抵抗勢力」発言! »