« 「日本沈没」を読んで | トップページ | 国旗国歌訴訟と日教組の終焉~「君が代伴奏拒否訴訟」・最高裁判決~ »

2007年2月25日 (日)

中川幹事長のご都合主義?

 昨年の復党劇では、謝罪の念書まで準備して平沼赳夫衆議院議員の復党を妨害した中川幹事長が、一転して同じく郵政民営化に反対し、小泉劇場下における衆議院選挙で惜敗した衛藤氏の復党と参議院選挙比例区へのへの鞍替えについては容認するというご都合主義的な動きをしていることはどのように解釈すべきであろうか。

 衛藤氏の復党と参議院選挙比例区への公認は、安倍総理の決断で決まったという。中川幹事長は、その直前に「首相への絶対服従」を強調して顰蹙を買っていたが、安倍総理がそれを逆手に取った格好になったわけだ。
 安倍総理の政治理念、政治姿勢と自分は同じだと、(具体的な事柄については触れないのが特徴だが)常日頃からアピールしている中川幹事長であるが、安倍総理と政治理念を共有する平沼氏の復党についてはあれほど露骨な平沼排除を行った前歴がある。衛藤氏に対して昨日兵庫県の講演で、「安倍首相と同じ方向性を持つ人なら、現在どのような立場でも結集してもらわなければならない。現在や過去の立ち位置を問うより、これから始まる大きな改革への、未来への立ち位置が大事だ」と述べたというのだが、ならば平沼氏の復党に関しても同じことが言えるのではないか。

 安倍政権の支持率が下がってきているというが、これは左翼マスコミが、安倍政権を貶めるために、安倍首相が変節しただの、顔が見えないだのと、かつての超タカ派という批判の方法から一転して恰もこれまでの安倍首相の政治姿勢を支持していたかのようなスタンスからの批判をしてきたことが大きい。保守派が朝日に踊らされた結果とも言えるだろうし、朝日の戦略が功を奏しているとも言えるだろう。しかし、そのような小手先の術がいつまでも通用するわけではない。

 今回の参議院選挙は、日本の存亡を占う選挙になる。もし、与党が大敗して安倍政権が退陣し、媚中派政権でも出来ようものなら日本の先行きは真暗である。安倍政権が旗色不鮮明であるかの如き嘘を垂れ流してきたマスコミの情報操作に踊らされず、本質を見抜く目を養わねばならない。今回の衛藤氏復党・参議院選挙比例区擁立は、安倍政権が決してブレていないことの証明であり、衛藤氏が圧倒的な勝利を収めることが、政権へのインパクトになることは間違いない。

 衛藤氏の地元の大分市は、日教組が強い。元社会党の村山富一氏と同じ地区でもある。圧倒的に保守色の強い九州にあって唯一県庁所在地で自民党が勝てない選挙区なのだ。そこで悪戦苦闘してきた衛藤氏の政治センスは、戦後左傾化した国を中正に立て直すためにも必要になるだろうと思われる。

 つい先走りをしたが、安倍総理に対して中川幹事長が如何に「忠誠」であるか、これからも注視していきたいところだ。

|

« 「日本沈没」を読んで | トップページ | 国旗国歌訴訟と日教組の終焉~「君が代伴奏拒否訴訟」・最高裁判決~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/14048305

この記事へのトラックバック一覧です: 中川幹事長のご都合主義?:

» 福岡県教育委員会が部落解放同盟との交渉内容開示を拒否--セクション交渉を中止せよ [なめ猫♪]
 1月30日付けで開示請求をしていた今年度部落解放同盟福岡県連合会と福岡県教育委員会との交渉記録文書及び録音テープの請求に対して福岡県教育委員会は、2月9日に開示拒否を通知してきました。  開示しない理由は福岡県情... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 午前 11時27分

« 「日本沈没」を読んで | トップページ | 国旗国歌訴訟と日教組の終焉~「君が代伴奏拒否訴訟」・最高裁判決~ »