« 言葉のはきちがい~「ゆとり教育」VS「ゆとりある教育」~ | トップページ | よみがえる「天浮橋」 天と地を結ぶ橋 »

2007年1月31日 (水)

世紀のプロパガンダ戦争 南京

 リアルな戦争でなく、バーチャルな戦争で、これほどの長期に亘るものは珍しいのではないだろうか。

 1937年、昭和12年、第二次上海事変による日支両軍の衝突から派生した南京攻略戦は、泥沼化する日支事変にピリオドを打つため敵国の首都を攻略するという史上初めての戦いだった。世界の関心も集まり、報道関係者も多数そこにはいた。

 戦闘終了後、当時「平和蘇る南京」と報道され、日本の新聞には、日本の兵隊さんが屋台で食べ物をにこやかに食べる写真なども掲載された。不祥事もなかったわけではないが、大虐殺事件など、影も形もなかった。

 ところが、敗戦後、東京裁判において、初めて南京陥落時において大虐殺事件があったとされた。ところが法廷に提出された証拠は伝聞証拠ばかりで、直接の見聞としては強姦未遂事件があるばかりだった。

 その後、昭和40年代後半に至って、朝日新聞記者のH氏によって大々的に喧伝されるに至る。それに対して、「南京虐殺のまぼろし」などの反論が出て今に至る論争となっている。

 その間、毎日新聞の創作記事「百人切り」の冤罪によって死刑となった二人の将校の名誉回復を求める裁判なども起された。

 中国系アメリカ人のアイリス・チャンによる「レイプ・オブ・南京」という虚実取り混ぜた著作がアメリカで出されるに及んで、宣伝戦の舞台はアメリカに飛び火した。

 そして、今年、多分にチャンの著作に沿った映画が今年封切りとなる。

 息の長い宣伝戦である。中国からすれば、自国の首都を守ることも出来ずに、放置して逃げ出した後ろめたさを糊塗するためにも、被害者意識を強調し、日本軍をより悪逆非道な集団として描くことが必要なのだろう。

 しかし、歴史の真実を伝えるために、日本から声が上がった。ところが、マスコミは沈黙したままである。宣伝戦はマスコミ操作に及んでいるのだということを、改めて実感する。

 現在に至るまで、厳正な法手続きをクリアできるほどの証拠を、「虐殺あった派」は提出し得ていない。逆に、戦時プロパガンダであったとの証拠は心ある学者らの手によって次々と明らかにされている。「体験者」の語り伝えというプロパガンダの手法が採用されているが、検証に耐えうるものは何一つないというのがそれらを精査した学者らの見解である。

 自分は、この問題については何冊かの書物を読んだに過ぎない。比較検証して厖大な資料を精査する時間も余裕も能力も持ち合わせてはいない。しかし、今回の保守派による南京映画の作成についての記者会見が、多くのマスコミが集まって熱心に取材したにも関らず、不気味なほどにマスコミが沈黙を守ったことが逆にこの問題の「政治性」「プロパガンダ性」を証明しているようにも思われる。

 自分は、日本の兵隊さんを信じている。勿論、おかしな人たちも(今もいるように)いたかもしれないが。「歴史の真実」といったとき、本当に真実を求めるものと、真実という言葉を利用してプロパガンダに使うものとがある。「虐殺あった派」に後者の腐臭がしてならない。

 映画「南京の真実」が成功することを、市井の一人として心底願わざるを得ない。

 映画「南京の真実」記者会見

「産経」07/01/21

伝えたい「南京の真実」 保守系有志ら映画製作へ

 昭和12年、旧日本軍が日中戦争で南京を攻略した際、「南京大虐殺があった」との立場で描いた映画「南京」の上映が今月18日から米国の映画祭で始まった。これに対し、保守系の有志らが「南京大虐殺は政治的陰謀のでっちあげ」とするドキュメンタリー映画「南京の真実」の製作に乗り出す。

 映画「南京」は事件当時、現地に滞在していたドイツ人ビジネスマン、ジョン・ラーベ氏の残した日記を踏まえ、製作された。映画では犠牲者の数が「20万人以上」とされている。今年はほかにも中国系米国人作家、故アイリス・チャン氏のベストセラー「ザ・レイプ・オブ・南京」を下敷きにした米英中の合作映画など、5本程度の「南京大虐殺」映画が封切られる予定だ。

 ただ、チャン氏の著作に対しては、「掲載された写真は中国国民党の宣伝担当による捏造(ねつぞう)で、南京大虐殺を証拠立てるものは存在しない」(東中野修道亜細亜大教授)など保守論壇からは否定的な見方が相次いでいる。

 映画「南京」のストーリーに反発する、衛星放送テレビ局「日本文化チャンネル桜」(東京都渋谷区)社長で映画監督の水島総さん(57)は「ありもしない『南京大虐殺』が歴史の『真実』とされるのは納得がいかない。このまま何の手も打たず、日本の国際的なイメージが悪化するのは見過ごせない」と映画の製作を思い立った。

 水島さん自らがメガホンを取り、当時の生存者の証言やフィルムなどをまとめ、今夏までに完成させる。今年は南京攻略から70年。南京が陥落した12月に合わせ、劇場公開と世界への配信を目指す。水島さんは「国内外の誤った歴史認識を改める道を切り開きたい」と話している。24日に映画の製作委員会を発足させ、製作資金の支援を一般に求める。問い合わせは同委員会準備室((電)03・5464・1937)。

|

« 言葉のはきちがい~「ゆとり教育」VS「ゆとりある教育」~ | トップページ | よみがえる「天浮橋」 天と地を結ぶ橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/13731822

この記事へのトラックバック一覧です: 世紀のプロパガンダ戦争 南京:

» 福岡県八女市、人権同和教育係長、市民の情報公開請求を門前払い [なめ猫♪IZA版]
  昨日の朝日新聞、福岡版です。お茶どころで知られる八女市の人権同和教育係長が市民に暴言を吐き、情報公開請求を拒否したニュースです。  もう一つ、読売新聞の記事も紹介しておきます。 一昨日、夕方6時のNHK福岡ローカルのニュースでも放送されました。 皆さん、残念ながらこれが福岡県の同和行政の実態なのです。 部落解放同盟に押さえ込まれていて聖域になってしまっています。... [続きを読む]

受信: 2007年2月 3日 (土) 午前 11時42分

« 言葉のはきちがい~「ゆとり教育」VS「ゆとりある教育」~ | トップページ | よみがえる「天浮橋」 天と地を結ぶ橋 »