« 皇后陛下72歳御誕辰の御言葉を拝して | トップページ | 教育基本法改正は民主党が政権担当能力があるかどうかを試すリトマス試験紙である »

2006年10月26日 (木)

高校必修科目履修漏れ多発に見る遵法意識の欠如

 全国各地の高等学校で、学習指導要領に定められた必修科目を履修させず、このままでは多数の高校3年生が卒業資格を得られないことが判明した。

 その多くが進学校といわれる高校で、大学受験に必要な英語や数学などの科目に振り替えて、直接受験には関係のない地理歴史科の「世界史」が履修されていなかった。

 履修「漏れ」というのは、ケアレスミスのようなニュアンスに聞こえるが、実際は、受験対策に血道をあける親と学校が、確信犯的に履修科目を除外しており、教育委員会への「虚偽報告」まであえてしていたのだというから、開いた口がふさがらない。

 今回、広島県でも一校確認されたが、広島では既に何年も前から問題として指摘され、是正されてきた事態でもあり、まだ残っていたのかという思いが強い。また一方で、これだけ全国に渡る多くの学校で「法律違反」が常習化していたことは、学校現場のモラルハザードとして極めて深刻な問題として受け止められなければならない。

 何年も続けていた学校もあるというが、成績はどのようにつけられていたのであろうか。虚偽報告は公文書偽造にもあたる刑法犯罪である。詳細な実態調査が臨まれるところだ。

 教育基本法改正論議が始まりにあわせたような報道であるが、法的拘束力のある学習指導要領がここまでないがしろにされている実態は、教育基本法改正がなされても、現場をきっちりチェックできなければ何も変わらないのではないかということにもつながるであろう。

 教育委員会が全く知らなかった筈はない。また知らなかったとすれば監督不行き届きも良いところであろう。親にも、利己主義ばかりが目に付く。このような教育現場の精神的荒廃は、いじめ問題に通底するように思われる。

 教育委員会制度の廃止、教育に対する国の責任を明確化、教師養成システムの抜本的改革など、このような問題の抜本的改革には、不可欠な問題であるように思われる。

 そして、その根柢において道義心・忠誠心の確立、そして愛国心の涵養が重要なのだと思われる。

 全て、戦前には我が国に存在していたものである。

|

« 皇后陛下72歳御誕辰の御言葉を拝して | トップページ | 教育基本法改正は民主党が政権担当能力があるかどうかを試すリトマス試験紙である »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校必修科目履修漏れ多発に見る遵法意識の欠如:

« 皇后陛下72歳御誕辰の御言葉を拝して | トップページ | 教育基本法改正は民主党が政権担当能力があるかどうかを試すリトマス試験紙である »