« 江田島を訪問する方に格好のパンフレット | トップページ | 「原理主義から世界の動きが見える~キリスト教・イスラム教・ユダヤ教の真実と虚像~」を読む中で考へたことの極一部 »

2006年9月21日 (木)

安倍総裁誕生!皇室の尊厳を守る体制づくりを願ふ

 自民党に、 「憲法改正」を明確に打ち出した安倍新総裁が誕生した。

 自主憲法制定を党是とする自民党が、結党の使命にようやく立ち返つたことを意味する。

 待ちに待った本格的保守政権の誕生が期待される。新政権への期待感は高いが、新しい日本、美しい日本の構想をどのやうに実現させるのかは未知数である。またはじめての戦後世代の首相が誕生することによつて、世代交代に拍車がかかるのではないかとの思ひも湧く。

 安倍氏が掲げた政権構想を見ると、伝統に立脚した保守主義の立場を明確に打ち出していることがわかる。
 
○文化・伝統・自然・歴史を大切にする国
    新たな時代を切り開く日本に相応しい憲法の制定
    開かれた保守主義
    歴史遺産や景観、伝統文化等を大切にする
    家族の価値や地域のあたたかさの再生

○自由と規律の国
    教育の抜本的改革
    民間の自律と、過度の公的援助依存体質からの脱却
    安心と安全を国民の手に取り戻す

○イノベーションで新たな成長と繁栄の道を歩む国
    成長なくして日本の未来なし
    イノベーションによる経済成長
    国際社会における規範形成力と存在感

○世界に信頼され、尊敬され、愛される、リーダーシップのあるオープンな国
    世界に向けた日本の魅力のアピール
    日本の強さを生かした積極的貢献
    世界の中で活躍、貢献する日本人を育てる

 伝統的価値観に立脚しつつ、新たな挑戦に果敢に挑んでいくといふのは、我が国の維新のあるべき姿であらふ。首相の権限が実質的に強化されている現在の機構を、小泉首相とは違ふ切り口からその有効性を実証して頂きたいものと思はれる。強力なリーダーシップが発揮される体制であつても、我が国においては、権威と権力の分離といふ叡智が貫かれてをり、皇室の尊厳をおかすことはない。逆に、皇室の尊厳を守ることが日本のリーダーの重要な役割でもあるのである。

 安倍氏はそのことを骨身に染みて知悉するリーダーであると信ずる。

 現行の皇室を取り巻く様々な問題について、皇室の尊厳を高め、皇室をお守りする方向で取り組む必要があることは明らかである。

 また、教育基本法の改正を喫緊の課題と位置づけられていることは喜ばしいことではあるが、改正案の孕む問題にも目を配り、愛国心や宗教的情操教育の問題などにも手をつけて頂きたい。さらには、現場における皇室に関する教育を明確に位置づけて頂きたいものである。皇室について学ぶ際に、どうしても宗教的な事柄が多く出てくる。それは神話や宮中祭祀のみならず、宗派を超えて仏教の庇護者であられた側面などにも着目しなければならないからである。

 「天皇信仰」といふ言葉は、非常な違和感を感ずるものと思はれる。しかし、その実質を見て行くならば、正に我が国の歴史と伝統と文化を大切にすることの謂いに他ならぬのである。それは自然に自信を持てるやうな工夫がなされることが大切なのではなからふか。

 日本の姿もこれから余程変つて行くやうに思はれる。何よりも、戦後教育を受けた世代が全盛を迎へるのである。皇室に対する見方も余程気をつけねばならないやふにも思ふが、しかしまた一方で自然な尊敬と敬愛による皇室と国民の絆が強固に結ばれることが願はれるのである。

 過度の公的保護への依存体質からの脱却などは、明治の初め、「一身独立して一国独立す」と喝破した福沢諭吉の「学問のすすめ」を彷彿とさせるものでもある。同じ福沢が書いた「帝室論」「尊皇論」をも見直す中で、日本の永遠の中心としての皇室の尊厳を守るための体制づくりを安倍政権にこそ願ひたいものと思ふ。

|

« 江田島を訪問する方に格好のパンフレット | トップページ | 「原理主義から世界の動きが見える~キリスト教・イスラム教・ユダヤ教の真実と虚像~」を読む中で考へたことの極一部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/11977686

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍総裁誕生!皇室の尊厳を守る体制づくりを願ふ:

» 教育現場の実態を情報公開で明らかにしていこう [なめ猫♪]
 今日は安倍首相の施政表明演説を受けて各党の代表が代表質問に立ちったが、トップバッターの鳩山民主党幹事長は教育基本法与党案の廃案、民主党の対案である「日本国教育基本法案」への同調を促す発言をしていました。  与党... [続きを読む]

受信: 2006年10月 2日 (月) 午後 07時45分

« 江田島を訪問する方に格好のパンフレット | トップページ | 「原理主義から世界の動きが見える~キリスト教・イスラム教・ユダヤ教の真実と虚像~」を読む中で考へたことの極一部 »